NEWS
2017.03.01 公庄直樹 「囁くものたち」
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >

permanent exhibition
2015.03.20 (fri) - 2015.03.31 (tue)
open 12:00-18:00
close 3/22.23.29.30
現在、この展覧会は終了しています。
COMBINE Artistの新作中心
巣 Nest
八木佑介 solo exhibition
2015.02.20 (fri) - 2015.03.14 (sat)
二部構成で展覧いたします。

一部 2/20-2/27
二部 3/6-3/14

一部二部にて展示の入れ替えを行います

※2/28-3/5は入れ替え準備のためCLOSE
上記会期中は無休です。
現在、この展覧会は終了しています。
巣 Nest 人の生きることのみが追求された都市という人工環境。人類が築き上げた巨大な文明の景色は、この地球上であまりにも異質だ。人類の巣は肥大化し続け、母体である自然から傲慢に乖離しようする。現代の文明は様々な問いを私達に投げ始める。私達はどこに行くのだろうか。日常の生活の中にも鳴り響くその静かなる警告を感じながら、私は絵を描いている。(八木佑介)

私が八木佑介と出逢ったのは今から約5年前で彼が19歳 の時であったと記憶しています。その時、彼が自身の作品に ついて語った、現在の制作にも如実に反映されている二つの 言葉が私の心を今もとらえて放しません。 「夜が明るすぎる」「人が誰もいない深夜の街は映画のセットのようだ」 以降、私はこの言葉を背景にする彼の制作と深く付き合う決心をい たしました。 その彼が今春、京都造形芸術大学を卒業いたします。 今展は、彼のこれまでの大作を中心に、現在新たな世界観を 構築すべく精力的に取り組んでいる”共喰い”シリーズを 展覧の核とし、類稀な存在として在学中より注目を集める彼の 一つの節目と成す展覧会として企画いたしました。 ぜひ、ご高覧いただきますようお願い申し上げます。(代表 上山潤)
Opening Group Exhibition
京都・島原で少年の冒険心
2015.01.20 (tue) - 2015.02.06 (fri)
会期中無休

〒600-8824 京都市下京区二人司町21
TEL/FAX 075-754-8154
E-Mail office@combine-art.com
現在、この展覧会は終了しています。
出品作家:
釜匠 八木佑介 佐野暁 公庄直樹 松本央
遠藤良太郎 宮本大地 小橋順明

(協力出品)
今回改装工事の総指揮を担当
京都宇治炭山・スキマ家具屋
代表 山本昌夫氏の家具

この度COMBINE office/BAMI galleryは 2008年12月より活動してきました下京区 寺町通り高辻上ル濱風ビル4階より移転 することにいたしました。

新ギャラリーは京都・島原に位置し、 築70年以上の二階建ての古民家を活用 いたします。

京都・島原で少年の冒険心とは、 少年時代に作った秘密基地をイメージ しております。

それはワクワク・ドキドキする少年達 の冒険でした。我々は新たに移るこの 京都・島原の地を少年が持つような 無限の冒険心に溢れる場所にしたいと 考えております。

COMBINE office/BAMI gallery
代表 上山 潤

Permanent exhibition
2014.08.18 (mon) - 2014.09.18 (thu)
gallery close
土日祝

※夏季休廊 8/13(水)-8/17(日)
現在、この展覧会は終了しています。

光と陰
松本央 solo exhibition
2014.06.25 (wed) - 2014.07.31 (thu)
gallery close
土日
現在、この展覧会は終了しています。
光と陰、世界はこの二つのバランスによって成りたっています。 光を隠せば闇になり、光が強過ぎても蒸発する。 どちらか一方の力が強くなりすぎると「物」を正しく認識できなくなります。 一方向からの力により作り出された価値観や秩序に疑いを持ち、多様な価値観のある混沌とした世界の中で日々感じることを作品に込めながら自分なりの光と陰のバランスを見つけたいと思います。