NEWS
2020.11.01 阿部瑞樹 ドローイング展 "水滴を描く”

小橋順明 「私たちは土から生まれた、として-」
2020.12.02 (wed) - 2020.12.17 (thu)
OPEN 12:00~18:00
CLOSE 12/4.5.6.15.16
※最終日午後4時閉廊

本展では近年の仕事「昆虫」作品とは別の「現象と形」シリーズ、平面の新作を中心に過去の作品と合わせて展覧します。 2003年より続けて来た素材との対話と作品の変遷を俯瞰的にご高覧いただけたらと思います。

「土に還る」とはよく使われますが「土から生まれた」とはなかなか使いません。 土に還るのは現実として納得いきますが、土から生まれるところを見た人は当然いないでしょう。 「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで人は生きた者となった」 とは旧約聖書「創世記」第2章7節の言葉です。 見た目の現実を超えて、私たちはこの大地と根源的につながっていなくてはならないのです。 「私たちは土から生まれた、として-」 これまで15年あまり、制作を通して土を焼くことによる「変化」「現象」というものと対峙してきました。 このような制作の中で、無限で多様な土の色、質感の変化が概念的な「フォルム」をも獲得していることに気づき、 それこそが「私たち」という存在の「在り様」なのではないのかと考えるようになりました。 「素材対話の提示」であったこれまでの制作に対して、この度の新作は、コントロールできる/できないの狭間で、より確信的に「表現」することに挑戦いたしました。 まだテクニックとしては実験的の域を出ないかもしれない制作ですが、 美術表現は「土と火」によって新しい次元への扉を獲得できると信じています。

阿部瑞樹 ドローイング展 "水滴を描く”
2020.11.19 (thu) - 2020.11.29 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
身の回りにあるものを切り取り、水滴を描きました。

ZERO HOUR exhibition 吉祥
2020.11.07 (sat) - 2020.11.17 (tue)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
8月開催で好評を得ました0号サイズによるZERO HOUR exhibitionを 再度”吉祥”をテーマに開催いたします。 ZERO HOURとは、決定的瞬間を意味します。 軍事、特に第一次世界大戦で 予定攻撃開始時間に使用されたり、又ロケットなどの 予定発射時間、 重大時期,決定的瞬間という意味になります。 ZERO HOUR exhibitonとは0号という規格・既製における最小のサイズにて 自らにとってのZERO HOURの意味をそれそれが追求する展覧会です。 今回は各作家がZERO HOURの意味を自らの本年と仮定し創意を 手繰り寄せ、来年に向けての願いや思いを0号サイズにて縁起の良い 吉祥作品として創造いたします。
Reality + Virtual Reality
岡部賢亮 桐塑展
2020.10.08 (thu) - 2020.10.31 (sat)
OPEN 12:00~18:00
CLOSE 10/13.14.15.20.21

※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
10月8日(木)より岡部賢亮の新作中心の個展をBAMI galleryにて開催いたします。これがReality展示です。加えて、17日(土)より、VRによるオンラインアートフェアにこの展覧会は参加いたします。これがVirtual Reality Onlineです。17日以降はオンラインサイトVRフェアにてこの展覧会は同時に閲覧できます。VRに関しては現在調整中ですので、公開直前にお知らせいたします。リアリティー個展とVR個展の併催です。

ZERO HOUR exhibition
2020.08.06 (thu) - 2020.08.19 (wed)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
ZERO HOURとは、決定的瞬間を意味します。 軍事、特に第一次世界大戦で予定攻撃開始時間に使用されたり、又ロケットなどの 予定発射時間、重大時期,決定的瞬間という意味になります。 ゼロアワー‐システムと呼ばれるものもあり、放送局が1日24時間連続して放送 を行うようにする編成のやり方。突発事件の発生にも対応して放送できる。 民放にとっては1日の全時間帯をスポンサーに売ることができるようになる。 0号という。規格・既製における最小のサイズにて、各作家がこのZERO HOUR から創意を手繰り寄せ、自らの決定的な作品(瞬間)、及び自らの攻撃性 を暗喩するような作品を創造いたします。 0号という意味には、慣例として、完成形を1号とし、その前段階のプロトタイ プ型という想定も含まれています。このZEROというワードを自らの制作に置 きかえ表現いたします。