NEWS
2017.08.16 after90 平成最初の方の人たち
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >

Permanent exhibition
2012.03.26 (mon) - 2012.04.27 (fri)
gallery close 4/1・2・4・5・7・8・11・12・14・15・17・18・21・22

open 12:00~18:00
現在、この展覧会は終了しています。

永吉友紀 selection
「ニホンノ女學生」
2012.03.02 (fri) - 2012.03.22 (thu)
gallery close 3/3・4・10・11・17・18
open 12:00~18:00
現在、この展覧会は終了しています。
セレクトのテーマはずばり「セーラー服」です。
私の作品のセーラー服姿の女学生の図柄のみを選びました。
今までに数々のセーラー服を描いて来ましたが、
一度の機会で並べさせて頂くことはなかったので、初の試みです。
この機にご覧頂けましたら幸いです。(永吉友紀)
炭田紗季 solo exhibition
『大魔術師』
2012.01.31 (tue) - 2012.02.29 (wed)
gallery close 2/4・5・11・12・18・19・26
open 12:00~18:00
現在、この展覧会は終了しています。
描く対象に意味付けをする行為、寓意画などに興味がある。出品作品は主に美術史上の出来事に着想を得ている。既に、検証されてきたことを、今私が身の周りにあるモノや光景を用いて再度なぞらえてみる。そこから現れてくる元来のものとの差によって、現在私を取り巻く価値観、宗教観、存在意義などを探ろうと試みている。(炭田紗季)

常に変化を遂げる真実とは魔術のようなものではないか?魔術が解け、新たな魔術にかかる。ある時代までは真実として広く世間では認識されていた、所謂常識という枠組が、ある時点からそれは大きな変貌をとげ非常識となる。この極端な変化、変化というポイントが人間にとって大きな意味がある。しかし、このような事を繰り返し、真実を求め続ける人間という存在は何を探し求めているのだろうか?そして何がその魔術をかけているのか?又魔術とは何か?今我々が堅持している常識は本当に真実なのか?炭田紗季は自らが生活する現代という時代を材料として魔術の深部を探求しようとしている。
(director 上山潤)

COMBINE SELECTION
2012.01.11 (wed) - 2012.01.25 (wed)
gallery close 1/7・8・9・14・15・21・22
open 11:00~18:00
現在、この展覧会は終了しています。
COMBINEアーティストたちの作品をセレクトして展示いたします。
GOMBESSA proposal ep2
紫色の藝術旅団
2011.12.05 (mon) - 2011.12.16 (fri)
gallery close 12/10・11

open 12:00~18:00
現在、この展覧会は終了しています。
GOMBESSA proposalの第2回目企画。
COMBINEが選抜する京都で活動するエッジの効いたゴンベッサたちの新作を網羅。
当企画は12月21日(水)より高松天満屋5階美術画廊にて開催予定”現代美術のカッティングエッジ
京都・瀬戸内のゴンベッサたち”のプレビュー企画として京都側の作家を展開いたします。
16日の会期終了後高松にて瀬戸内側のゴンベッサたちと合流する予定です。
京都で編成を整え本年最後に瀬戸内地域のコンテンポラリーの拠点へ進攻いたします。

【参加アーティスト】
釜匠
松本央
阿部瑞樹
佐野暁
武者宏迪