NEWS
2020.06.18 ZERO HOUR exhibition

松本央 水彩画展 ”水の軌跡”
2020.02.26 (wed) - 2020.03.08 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
私は油絵を専門としている画家ですが、縁あって水彩画教室で水彩画の指導もしております。 水彩画は誰もが学校などで一度は触れたことがある身近な画材ですが、やり直しが効かないところがあり、非常にデリケートで難しい一面も持っています。このやり直しが効かない、一発勝負的なところが私は凄く苦手でした。それが故に描き直しの利く油絵の具で制作しているところもあります。しかし、先生という立場上この苦手から逃げるわけにもいかず、試行錯誤しながらも私なりの解決策を見出し生徒さんに提案していく過程で、より簡単で確実に描ける最適な方法に気づきました。同時に、私の苦手だった部分も克服でき、画家として成長できたように感じています。 今回はすべて水彩で描いています。私が普段描いているモチーフを油絵ではなく、水彩画で描くとどうなるか。私が水彩と出会い、得た軌跡を是非ご高覧ください。

太田夏紀展 「泣きむし」
2020.02.16 (sun) - 2020.02.24 (mon)
※2/18(火)休廊
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
こどもの頃の記憶は時々、 別の人格のように思う。 まるで、 私たちがいろんな姿を装い 生活していく中で、いつのまにか 身体からいきものが 抜け落ちてしまったように。 だから、私はそれらを形にしたい。 ずっしりと質量を持って存在する 彼らに触れる為に。

阿部瑞樹展
2020.01.29 (wed) - 2020.02.09 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊

阿部瑞樹は1月24日(金)より開催の京都・日本画新展2020にも出品しております。

京都 日本画新展2020
2020.01.24 (fri) - 2020.02.03 (mon)
at 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

現在、この展覧会は終了しています。
自分の中に整理しきれない、 淀みのような感覚がある。 それは水のようにゆらめき、 たえず歪みながら変化していくので、 うまく言葉にすることができない。 だから私は絵を描いている。 歪んだ絵を描いている。

釜匠 「枠の中」
2020.01.11 (sat) - 2020.01.20 (mon)
2020年1月11日(土)午後5時よりオープニングパーティー&新年会開催
皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。


OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
「"枠"というのは物と物、空間と空間を区切る境界線です。絵画というものは、こ"枠"無くして存在することが出来ません。枠の中にのみ存在する絵画というものは一見枠に収まっているように見えますが、それは枠の外の世界ともいえるのです。 」

これは10年前の初個展時の文章の書き出しだ。 この個展の後、様々な場所で様々な表現を試みて来たが、結局のところ自分の表現で一番重要な礎はこの一節に強く表れている。

区切る事でようやく認識出来るのだ。 分け隔てる事でようやく理解出来るのだ。 そんな当たり前だけど一番大切な事を、今一度強く思い返してみたい。
COMBINE/BAMI galleryの作家たち
証展/起展
2019.12.18 (wed) - 2019.12.29 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
COMBINE/BAMI galleryの平面作家による証展、立体作家による起展、この2展の合同展を本年最終企画として開催いたします。 証展も起展も、展覧会が目指すものは同じです。 展覧会の主旨は一作品集中です。その1作品とは、各作家の現時点における最高出力というのがルールになっています。 実験的且つ挑戦的な作品であることが展覧要件を満たす重要なポイントとなります。個展にて発表する作品群とは異なり、各作家の今を鮮明に現す展覧会です。