RECENT POSTS
フェルメール模写-トレース~第一層目-

続きです。前回→フェルメール模写する作品決定。


では実際に描いていきます。



まず元になる画像を拡大コピーしてキャンバスに貼り付け、様子を見ています。複数枚に及ぶので、切ったり貼ったりチリ合わせが大変。
画像はインターネット上にかなり高精細なものがあるのでそれを使用していますが、実物を見たときの印象に近づけるのが第一優先です。





次に拡大した画像のコピーを繋げます。
この後トレースしキャンバスに写します。これだけでもまあまあ大変。もっと文明の利器に頼ればいいのでしょうが…。






トレース終了。
画像は見えづらいので加工してます。
あまり細部まで描きこまず(どうせ後で消えてしまうので)大まかな配置を画面上に記す程度にしておきます。






今回フェルメールを模写するにあたって有色下地やグリザイユから始めませんでした。

理由としては3つあります。


①.この後、絵の具層をどんどん重ねていくため。


②.常に全体の印象を確認しながら進めたいので作業効率を優先し
た。


③.①の過程で結果として同じような作業を繰り返すためです。





ここから下層描きへ移ります。
バーントアンバーやバーントシェンナなど茶系の絵の具で明暗や陰影を確認しながら塗り進めます。白はまだ使いません。溶き油は揮発性の油がほとんどです。この辺りは勢いが大事です。
全体の明暗のバランスにのみ注意します。




茶系はこの2色がお気に入りです。
ホルベインのヴェルネとムッシーニです。どちらも顔料の粒子が細かく発色も良いです。地味な色ではあるからこそ良いものを使った方が良いです。他に良いのがあれば乗り換えるかもしれませんが…。






ざっくりと、全体に色をのせ調子をみる。この段階では陰影重視で。細部は全然描きこんでいません。キャンバスの白地を生かした濃淡で描いていきます。カマイユってところでしょうか。







第一層目が終了です。料理でいうと下処理が終わったところです。
手前の人物と奥の女性との距離を出したかったため加筆。左から差し込む光や空間が出てきたように思う。茶系のみで描いているのは黒を使ってしまうとついつい暗くし過ぎてしまうため最暗部に対して限界をわざと作っています。



最後に私の普段使ってる絵具たちを紹介して終わります。
これでほぼ全ての色をつくります。




絵の具はたくさんの色が売っていますが、正直使いません。やたらと色を揃えても使いこなせ無ければ意味がありません。色数揃えるくらいならよく使う絵具の質を上げたほうがマシです。
緑が無いですが、混ぜたらできますので不用です。

次回は2層目、白も使いながらモデリングに入ります。

▲TOP
フェルメール模写する作品決定。
明けましておめでとうございます。

いよいよ2021年が始まりました。

年末にいろいろと整理していましたら、昨年は36点の作品を描いておりました。最多の制作数になります。当サイトの私のページのworks
より確認することができますので是非見て見てください。
昨年はコロナの関係で、私自身いろんなもの今までの在り方の見直しを迫られる機会が多くありました。今年はより多くの方に私自身のことや自身のことや、作品を知ってもらう機会を増やしていこうと考えております。ブログの更新頻度も挙げていきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、前回投稿からからずいぶん期間が空いてしまいましたが、フェルメール模写の続きを書いていきます。


まず、今回模写する作品ですが、こちらのフェルメールのマスターピースである「絵画芸術」に決めました。フェルメールの「絵画芸術」に関するあれこれを書くと長くなるので気になる人はグーグル先生にて調べてください。



絵画芸術 (フェルメールの絵画)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



私がこの作品を選んだ最大の理由は、この目で実際に見たことがある作品であることです。フェルメールの他の作品も見たことがありますが、(よく日本で展覧会やってますので)この絵ほど記憶や印象に残っていないのでこれにしました。確か神戸の美術館で見た記憶があります。色んな作品が展示してありましたが、この作品だけ画中に吸い込まれるような感覚に陥ったのでよく覚えています。何とかその時受けた印象や感覚が再現できるように努力するつもりです。


フェルメールの模写で触れておかざるを得ない作品が一つあります。
本当にフェルメールの完全な技法の再現が見たければこちらの映画作品をお勧めします。


フェルメールの謎 ~ティムの名画再現プロジェクト~ (字幕版)



素人が途方もない時間をかけフェルメールの絵画技法を再現しようとした実験です。
私も観ましたがこの映画に近い方法を使っていると思います。かなり核心に迫っていると思うので興味あれば一度鑑賞されることをお勧めします。

しかし、私が行う今回の模写では描画材料や技法上の制約などもあるので完全に彼の製作工程の一つ一つを追うようなやり方はしません。
現在の作品の表面からわかることを手掛かりに、私なりのやり方も加えつつ、現在手軽に入手できる道具を使いどうすれば彼らのような絵画作品を描くことができるのか、また再現することができるのか、といったようなことを試行錯誤しながら取り組んでいきます。
この記録が西洋の古典画家のような作品を描こうと一人で勉強していた大学時代の自分のような人たち、これから絵画や油絵をはじめたいと考えている人たちの参考となれば幸いです。
次回はいよいよ実際に作品の模写へと入っていきま

▲TOP
そうだフェルメール描こう!
私は個展などのステイトメントにも書いてある通り、この道に進んだきっかけとして大きな影響を受けたのが17世紀オランダの画家レンブラントの個展を観たのがきっかけなのですが、レンブラントだけではなく他の古典作家の作品も好みではあります。特にバロックといわれる時代主に17世紀の絵画が好きでこの時代の絵画展があればよく見に行っていました。ベラスケス、ルーベンス、カラヴァッジョなど絵画の黄金時代と呼ばれることもあるようにこの時代に描かれた作品は好きなものが多いです。


レンブラント・ファン・レイン



私は、私が尊敬している彼らがその技法を用い現代のものや日本の風景を描いたらどうなるのか、というのを一つの作品コンセプトとして掲げています。現在の自分の立ち位置や技術、絵画の考え方などを確認、さらなる研究をするうえで定期的に彼らの作品を模写することは必要なことだと考えております。あくまでも私は画家であり、美術館の学芸員ではないのであまり言葉で語ることはしたくありません。ただ彼らの作品を実際に模写するというレベルで初めてわかることもあると思うのでその辺りを発信することができれば意義のあることになるのではないかと考えています。

今回模写をしようと思ったフェルメールもこの時代の作家の一人です。レンブラントと同じく日本でも人気のある画家の一人ですがその作品の魅力について模写を通して知りたいと思ったことが選んだ理由です。


ヨハネス・フェルメール



少しフェルメールについての背景を書いておきたいと思います。
17世紀と言えば、ちょうど日本では江戸時代の初めころであり、西洋では暗黒時代と呼ばれた宗教支配の強い中世が終わり、古典や古代の自然美の復興をうたったルネサンスの時代を経て大航海時代の後半にあたります。
フェルメールはオランダの画家であり1632年に生まれました。レンブラントは1606年に生まれているので28歳もの年の差があります。フェルメールが生まれたころ、レンブラント「テュルプ博士の解剖学講義」などの代表作を既に描いており画家としての名声を得ていたことがわかっています。つまり、フェルメールが画家になるころにはレンブラントは巨匠だったわけです。レンブラントの弟子の一人でファブリティウスという方がいるのですが彼の所属している画家組合(ギルド)にフェルメールも所属していたようで二人をつなぐ共通の知人であったとと言われています。ファブリティウスのほうがフェルメールより10歳年上で先輩にあたります。
もしかしたらファブリティウスは「あの親父、人使いが荒いんだよねぇー」とかフェルメールに愚痴っていたのかもしれません。


カレル・ファブリティウス


冗談はさておき、ほぼ同時代を生きたフェルメールとレンブラントの作品の特徴はずいぶんと異なります。レンブラントはスポットライトのような劇的な光をもちいた陰影効果を駆使した派手な演出の利いた作品が特徴です。一方フェルメールは日常の一場面を切り取ったかのような明るい光の中の静かな演出の絵画が特徴です。レンブラントについては以前にも模写したことがあるので、作品や技法からわかる人物像について大体の想像はつきます。フェルメールはどのような人物だったのかその辺りが絵を模写するうちにプロファイルできれば面白いなと思います。
長くなってきたので今回はこの辺で。次回は模写する絵の説明や使う道具なども説明していきます(多分)。

▲TOP
クロスロード
今週16日より大阪あべのハルカス近鉄本店さんで

個展クロスロードが開催されます。

今回はレースをモチーフにした新作が

メインの個展となります。

個展としては今年最後の展覧会となりますので

お見逃しなきようお願いいたします。

以下展覧会詳細です。


松本 央 洋画展 「クロスロード」

2020.09.16 (wed) - 2020.09.22 (tue)
open 10:00~20:00 ※最終日は4時閉場

at あべのハルカス近鉄本店
タワー館11階 アートギャラリー
〒545-8545
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話(06) 6624-1111(代表)

複雑に見えるはレースの模様は紐解いていけば、
たった一本の糸へと還元されます。
それは小さな円から始まり、
少しずつ大きく広がっていきます。
私の作品も同じように様々なものと出会い、
影響を受けながら変化、発展を遂げてまいりました。
今回の展覧会が、
私のこれまで歩んできた道と
これから歩む道とをつなぎ、交差する点となれば幸いです。




さて、今回出品予定の

新作をご紹介させていただきます。



「苺の輪」 
円4号 直径333㎜ パネルキャンバスに油彩

手編みのレースは機械編みのものと比べ厚みがあり、
温かみがあります。そのレースを見ていると、
ケーキの上でパイピングされた生クリームのように
見えてきたのです。





「クロッシェレースと菓子図」
円6号 410×410㎜ パネルキャンバスに油彩

編まれたレース一枚、一枚に世界がある。
それらが重なりあうことでまた新たな模様が生まれる。





「ストロベリーフィールド」 
S6号 410×410㎜ パネルキャンバスに油彩





「グラスとさくらんぼ」 
円3号 直径273㎜ パネルキャンバスに油彩

スクエアの形をした手編みのレースの上に
2色のさくらんぼを置いてみた。
レースがあるだけで雰囲気がガラッと華やかに
変わるのは本当に不思議だ。





「レースに葡萄図」 
S4号 333×333㎜ パネルキャンバスに油彩





「李図」
S4号333×333㎜ パネルキャンバスに油彩

このスモモの下のレースは機械編みです。
人の手では届かない細かいところまで
模様が編まれています。
それはまるでシステマチックに整備された
都市を俯瞰して見ているかのようです。





「グランドツーリング」 
M30号 606×910㎜ パネルキャンバスに油彩

昔、友人の家に遊びに行った際、
彼の父親が作った棚いっぱいの車や
バイクのプラモデルを見せてもらったことがあった。
あれを見たワクワク感は今も忘れられない。

以上です。よろしくお願いいたします!



▲TOP
うみかぜ
今週26日より、福山天満屋さんでの個展が始まります。

今回は福山を基点として地元の風景を取材させていただき、

描いた作品を紹介いたします。





「鞆の浦 常夜灯」10号 455×530㎜ 
パネル、キャンバスに油彩

鞆の浦のシンボル的な存在の常夜灯。

江戸時代からあるそうだ。

この港の歴史を見てきた生き証人である。

ここで写真を撮る観光客も多い。

取材してたら、地元のおっちゃんが寄ってきて

観光客に歴史を説明し始めた。

観光客はやや迷惑そうだったが、

そういうのもいつもの風景なのだろう。





「鞆港」425×304mm 
ホワイトワトソン、水彩

鞆の浦の港を水彩で描いた作品。

船に移る波の水面が美しかったのを覚えています。

奥に常夜灯が見えます。




「帰港」F6号 410×318㎜ 
パネルキャンバスに油彩

これも鞆の浦の港です。

取材中、運よく仕事を終えたのか、

船が港に入ってくるところを見ることが

できました。 




「仙酔島図」F10号 455×530㎜ 
パネル、キャンバスに油彩

少し場所を移動し、仙酔島へ、海と島並が美しい。

天気も良く波が光を反射し輝いていました。

船は平成いろは丸。

坂本龍馬の海援隊の船を模したものだそうです。

これに乗れば仙酔島へいけるようです。

今回は乗らなかったのですが、乗ってみたい。




「尾道眺望」F10号 455×530㎜ 
パネル、キャンバスに油彩


場所をさらに移動し、尾道へ。

ロープウェーを使わず、坂をずっと上ると

尾道が一望できる絶景が見れました。




「尾道水道を行く」F8号 380×455㎜ 
パネル、キャンバスに油彩

尾道から向島までのフェリーに乗って、

少しの時間の海上移動。

潮風を浴びながら尾道大橋を見つめる。

画中の船はタグボートです。



会期中は私も会場におりますので

是非ご高覧くださいませ。


松本央 油彩展「うみかぜ」
2020.08.26 (wed) - 2020.09.01 (tue)
at
福山天満屋6階 アートギャラリー

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)


私は絵の題材を探しに様々な場所に取材へ出かけます。 今回は福山を基点として取材させていただき、 多くの美しい風景と出会うことができました。 瀬戸内海に吹く海風が、文化と歴史を発展させてきたように、 私の普段の作品と取材した風景の作品とを結び、 また新しい風を生みだす場所となれば嬉しく思います。
















▲TOP