RECENT POSTS
紀伊国屋書店梅田本店西側ウィンドウギャラリー【猪突猛 -新- 】のご案内
【。。。干支は魔物。。。】



若手現代美術作家干支展2019
【猪突猛 -新- 】
会期:2018年12月1日(土)~12月19日(水)
   午前10時~午後10時
   最終日は午後8時に閉場
会場:紀伊国屋書店梅田本店西側ウィンドウギャラリー
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/
----------------------------------------
出品します。

そう。。干支は魔物。。

作り始めたら最後、12年間憑りつかれたように作り続けなくてはならくなってしまうという。。。。
毎年下半期になると作り手を悩ませる。。。恐ろしい魔物。干支。
そうはいってもただの置物や猪の画はどうしても嫌。。。
のたうちながらも、つくる喜びをそこはかとなく感じながら
今年は5点作りました。
ぜひ、ご高覧ください。





「亥の面」
ウエアラブルな干支。。ということで、お面を作りました。
たとえば能や神楽の演目に干支のイノシシが出てきたとして、こういう感じだったら好きかなと。。。
ボサボサのカツラ被って、猪八戒のような。。。
焼締ですが、金の上絵を全面に施して落ち着いた金色で。
一点限定。





「亥の笛」
例年作り続けている笛シリーズ
ファンクショナブルな干支。。ということで。
サツマイモっぽいシルエットに、炭化焼締で金を使わない金色の窯変を出しました。
なかなかにいい音を出します。昨年の戌の笛は型にしましたが
こちらは一品作です。
2点限定。






「亥の方向から立ち上る何か」
5年前から干支色紙に限定して始めた、炎の煤で描く作品です。
左手にピンセットで木片を掴み、ろうそくの炎に当てて燃やします。
右手に色紙を持って、上下したり傾けたり、揺さぶったりなど。
土は使いませんが、やきもの同様、コントローラブルとアンコントローラブルのせめぎ合いと間接的な手法独特の表現が気に入っています。
今年は
白文の印を篆刻で自作新調しました。
タトウ紙の関防印(字の右上の印)は正月らしく吉祥といれて、こちらはゴム印で自作しました。
ゴム印はハイソな雰囲気は中々出ませんが、独特の温かみとか人懐っこさがあって気に入っています。
3点限定。



ぜひご高覧ください。


▲TOP
京都BAMIgallery 小橋順明展【共有地の悲劇~昆虫<皿<水<テーブル~】
日本橋三越本店工芸サロンの個展では
多くの方にご高覧いただき
より良い作品を作りたい思いを新たにいたしました。
ありがとうございました。

さて
次回展覧会のご案内です。

京都 BAMIgalleryにて4回目となる個展を開催いたします。
この個展はインスタレーションを考えています。
掲載の玉虫も展示いたします。


小橋順明 solo exhibition 陶の造形とインスタレーション

【共有地の悲劇 ~昆虫<皿<水<テーブル~】
2018.12.06 (thu) - 2018.12.20 (thu)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
※12/11、12/16、12/18 Close
※最終日午後4時閉廊

-----------------------------------------------
それは
愛が平和を奪うように
救いが恐怖を生むように
いのちのきらめきと 絶望がないまぜになったような
風景を作りたいと思っています。
-----------------------------------------------


是非ご高覧ください。

▲TOP
10月3日スタート。日本橋三越本店【小橋順明 陶造形展~土から生まれた~】
爽秋の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
この度、個展を開催いたしますので、ご高覧の程賜りたくご案内申し上げます。
小橋順明

Exhibition Information              
小橋順明 陶造形展 「土から生まれた」
期間:2018.10.03 (水) - 2018.10.09 (火)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン










▲TOP
日本橋三越本店【小橋順明 陶造形展~土から生まれた~】のご案内
■小橋順明 陶造形展 「土から生まれた」
会期:2018年10月3日(水)~9日(火)<最終日午後5時閉場>
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン
※会期中作家全日在廊




▲TOP
平成30年度備前市立備前焼ミュージアム企画展 「土と生きる-岡山ゆかりの現代作家-」のご案内

展覧会のご案内です。
岡山県は
備前市立備前焼ミュージアムの企画展に出品いたします。
岡山県に関わりのある作家での展示ですが
方向性、ビジュアルもさまざまに特徴的な作品が集められていて面白い展覧会になりそうです。
ギャラリートークも楽しみです。僕は両日行くつもりです。
ぜひご高覧ください。

-------------------------------------------

平成30年度備前市立備前焼ミュージアム企画展
「土と生きる-岡山ゆかりの現代作家-」

【日時】平成30年4月26日(木)~7月1日(日)

【休館】毎週月曜日(月曜祝日の場合、その翌日が休館日)

【会場】備前市立備前焼ミュージアム 1、2階

【入館料】個人:大人500円、高校生・大学生300円、中学生以下無料

【出品】 天羽羽衣、阿波夏紀、市川透、江口葉菜子、加藤 直樹、金重潤平、小出尚永、小橋順明、三浦義広

【出展作家及び学芸員によるギャラリートーク(予定)】
    4月28日(土)、5月5日(土) 13:30~(約30分程度)参加費:無料(要入館料)、申込み:不要

▲TOP