RECENT POSTS
アートコレクターズ2020年3月号発売されましたね。
アートフェア東京まで一か月を切った感じになってきました。
いろいろありますが、
僕がすることは一つ
ただただ、作り続けています。
さて、
本日発売のARTcollectors'(アートコレクターズ) 2020年 3月号
「飛び込め!熱きコレクターたちの世界」
中特集:アートフェア東京2020関連記事の中にて
ご紹介いただいております。
ぜひご覧ください。




アートフェア東京公式ページ内にて
出品予定作品をご覧いただけます。(新作でき次第随時追加更新してます)
↓↓↓↓
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607

こちらもぜひご覧ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
小橋順明 @ ART FAIR TOKYO 2020
COMBINE/BAMI gallery
Masaaki KOBASHI will be showing his new artworks at ART FAIR TOKYO 2020

2020.03.19 (thu) - 2020.03.22(sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【ブース# : P04】COMBINE/BAMI gallery
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607
.
3月19日(木)
13:00-14:00プレスビュー
14:00-16:00 プライベートビュー
16:00-20:00 ベルニサージュ
.
3月20日(金)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月21日(土)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月22日(日)
11:00-17:00パブリックビュー
※最終入場は各日終了30分前まで。

▲TOP
どうして昆虫を作るのですか?


【呪いから解放される話】
ある時、いろいろあって、もうどこにも居場所がないと感じて、もう作れない。となったことがありました。
6、7年前のことです。
そんなとき
最終的に純粋に作りたいものを素朴に、愚直に作ってみようと
なんとなく作ってみたのが昆虫なのです。
作るのが好きだった子供の時のことを思い出そうとした程度のことです。

作ってみたら、やっぱり楽しかった。
陶芸とか、美術とか、あらゆる呪いから解放されて。
組み立てる瞬間のダイナミズムとか。
無心で作っていた子供のころを思い出して、どこに居るのかなんてどうでもいい。
結局作るしかないと思い直しました。

そして、ついでに
できたものが、充分に表現として成り立つ可能性があることも確認できたのです。そこを深めていきたいと、強く思いました。そうしたら、次の作品を作る気力が出てきました。

このような昆虫の作品たちを
僕はファインアートだと思って作っていますが
見る方からは、工芸かもしれないし、いまだ工芸や陶芸とのボーダーを彷徨っているようなものかもしれません。
でも、それがこの作品の面白さの一つにつながっているのかもしれないし、
良いと思ってもらえるなら、なんでもいい。
焼き物か何かわからないまま感動してもらえたらなおいい。
ブラタモリでも、縁(へり)が面白い、と言っていましたし。
そう思って作り続けています。
もちろん、へりからさらに飛躍したものを
生み出したいという欲もいつもあります。
***************************

小橋順明 @ ART FAIR TOKYO 2020
COMBINE/BAMI gallery
Masaaki KOBASHI will be showing his new artworks at ART FAIR TOKYO 2020

2020.03.19 (thu) - 2020.03.22(sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【ブース# : P04】COMBINE/BAMI gallery
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607
.
3月19日(木)
13:00-14:00プレスビュー
14:00-16:00 プライベートビュー
16:00-20:00 ベルニサージュ
.
3月20日(金)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月21日(土)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月22日(日)
11:00-17:00パブリックビュー
※最終入場は各日終了30分前まで。

▲TOP
制作中
謹んで新春のお慶びを申し上げます。

年末から蟻を作っています。
ルーペ付きアームライトが活躍しています。



モデルはクロオオアリの働きアリ中型です。

健やかで幸多き一年になりますように。

本年もよろしくお願いいたします。

▲TOP
8月ーお盆前、お盆、お盆の後
こんにちは
岡山は少し涼しくなって、あの暑さがうそのように
今朝などは肌寒く感じたくらいです。

先日は盆踊りで
最後にあまった金魚をもらって子供たちは大喜びです。
金魚といってもほとんど鯉の稚魚ですが。
それはそれでかわいいです。
今年は少しがんばって水槽をセットしました。




制作ですが
今日は
蝶の羽

を制作しています。



和紙、陶紙(パルプに陶土を練り込んで漉き、紙として造形できる素材)を細く切った物で翅脈を表現して、磁器土の泥漿で薄い翅を作ります。。
和紙で陶紙と泥漿をサンドイッチしたのち、少しずつ薄く溶いた泥漿を塗って強度を付けながら細かい翅のたわみを表現して行きます。
乾燥しては塗りを数回繰り返すので、意外に時間かかります。



さて、



”はじめての備前焼展”
2018.08.21 (tue) - 2018.08.31 (fri)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊

BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154


さかのぼってお盆前ですが
combineギャラリーの取扱い作家さんたちが
備前焼体験をしに来ました。

普段体験受入れは原則的にすべてお断りしているのですが
この度は

その日の夜は前から行ってみたかった四手網で親睦会!込み!ということ



で最初で最後、僕も楽しみながらお受けさせていただきました。。

体験とは言ってもやはり美術家。
教えることなど何もありません。
みなさんひたすら土と格闘。没頭して作っておられました。。



そして、成果発表です!

焼成は電気窯ですがそこは特別展です。
小橋としても焼成担当として
もてる焼成技術のすべてを駆使して焼かせていただきました。
昨日窯出ししたのですが
金色が出たり黒いヒダスキが出たり、
良い「焼け」になったと思います。

小橋も備前焼を参考出品の予定です。

僕の勝手な想像ですが
それぞれの作家さんの普段の作品に思いを馳せながらご覧いただくと
楽しめるのではと思います。
将来有望な作家さんばかりですから、この機会に手に入れておいて
20年後とかに、作家さんに見せてあげてニヤニヤして。。というのも
おもしろいかもしれませんよね。

是非ご高覧ください。

さて、制作制作。
















▲TOP
備前焼ミュージアム、搬入に行ってきました。


備前焼ミュージアム、搬入に行ってきました。
何度か下見を繰り返して準備を進めてきたので
2時間ほどで比較的円滑に展示作業を終えることができました。ほぼイメージ通りの展示になって学芸員の方と思わず「おお~!できましたね~」と出来た喜びを分かち合ってしまいました。やっぱりピンセットは昆虫標本作業用のものがもっとも良いです。

いい展示になったとは思うのですが
自分の搬入に行っただけで実は他の作家さんの作品や
展覧会の全容は僕もまだ見ていません。。。
ので
オープニングなどはないようですが、
初日の午後に少し覗いてみようかと思っています。

7月まで。。。。よろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------

平成30年度備前市立備前焼ミュージアム企画展
「土と生きる-岡山ゆかりの現代作家-」

【日時】平成30年4月26日(木)~7月1日(日)

【休館】毎週月曜日(月曜祝日の場合、その翌日が休館日)

【会場】備前市立備前焼ミュージアム 1、2階

【入館料】個人:大人500円、高校生・大学生300円、中学生以下無料

【出品】 天羽羽衣、阿波夏紀、市川透、江口葉菜子、加藤 直樹、金重潤平、小出尚永、小橋順明、三浦義広

【出展作家及び学芸員によるギャラリートーク(予定)】
    4月28日(土)、5月5日(土) 13:30~(約30分程度)参加費:無料(要入館料)、申込み:不要


▲TOP