RECENT POSTS
マスクを1200度で焼きました。

"2020年ゲシュタルト崩壊するマスク"
Masaaki KOBASHI
ceramic
2020


皆様 お元気でしょうか。

新型コロナウイルス緊急事態宣言からひと月が経過しました。。
手作りのマスクがかなり浸透し、一つの文化を形成しかけているようです。
岡山の田舎でもなぜか少しづつマスクが出回るようになり、日に日に価格も落ち着いてきているようでした。
宣言は延長となったものの、
マスクの価格と呼応するかのように、(逆なのかもしれませんが)
世間は状況を注視しながらも精神的な少し落ち着きを取り戻し、これまでのことを総括したり、これからのことを考えたりしつつあるように見えます。
僕はといえば、いくつかの重要な個展が中止に追い込まれたものの、もともと平時は人の多い場所にあまり出かけない仕事。
ただただ仕事場にいました。
もう、家の中ではマスクはしません。

そう、家の中ではマスクをしません。
思えば
4月11日
松坂屋名古屋での個展中、愛知県緊急事態宣言によりお店は急遽休業。
個展が途中終了となり、岡山の自宅へ帰ったのでした。
「あなたは感染者の多い地域に何日も行っていた人」ということで、
以降2週間、自宅ハナレのアトリエにベッドを持ち込み隔離生活を送っていました。

「お父さんご飯!」という声が聞こえるとマスクをして、母屋の勝手口に食事を受け取りに行く。
息子や娘が入れ替わり食事を高いところから、僕の差し出すお盆に乗せてくれ、部屋へ持って帰る。
このような生活も数日たつと、なんだか飼われている犬のような気持ちになって来て、これはこれで悪くないかもしれないと思いながらも
作業とベッドのあまりに近い距離感にとまどい、なかなか制作は手に付かなかったのでした。
体は健康。個展は途中で終わったものの、名古屋ではみなさんによくしていただいたという思いばかりで気持ちも落ちてはいない。
食事を待ちながら、昼も夜もなく作業してはゴロン。作業してはゴロン。
作業が進まない。
そして、何度も使って、今は新しい物を使っているのにも関わらず捨てられずにいる使用後の不織布マスクを眺めていたのでした。
マスク。。。マスクってこんなんだったっけ。

・・・・・

そういえば
僕は名古屋に行く前からやっぱりマスクの事を考えていたのでした。

あーマスクがいるなあマスク。
マスクと言うものがこんなに大きい存在になったことはなかった。
マスクマスクマスクマクスマスクマスクマスク。
マスク?マスクってなんだったっけ?
いや、もしかしてマスクじゃなくてマクス?
マスクの中にマクスが入っていても気づかないくらい
世の中ではマスクが求められていた。
ホテルでも、移動中でも、会場でも、マクスしないと、マスク。
ズボンをはき忘れても恥ずかしいだけだが、マスクはダメ、入店を止められてしまう。忘れてはいけない。
そのくらい貴重なマスク。

マスクってこんな感じのものだったっけ?わからなくなってきた。
手作りのマスクも送っていただたいたり、
粉塵作業の仕事柄、マスクの備蓄はある程度ある。
それでも、何度も使って何度も洗ってケバケバのマスクが捨てられない。

もはやマスクは信仰と重なり、マスク本体は偶像のように神格化されかけている。
耳なし芳一が全身にお経を書いて怨霊の手から逃れるように、マスクをすることで、疫病の魔から逃れようとすがる私。
もはやマスクなしでは外は歩けない。
カタカナのヌを何度も書いているうちに、ヌってこんな字だったっけ?とヌのことが分からなくなってしまうように
マクスの情報が多すぎて私の中でのマスクがゲシュタルト崩壊している。

・・・・・

そして、マスクだったかマクスだったか、もうよくわからないけど何か大事な白いそれらをならべて眺めている。

AM1:00

そうだ、焼こう。
大地を生み出した高温の炎で焼き、物質としてのマクスを昇華させ、偶像としてのマスクの形象を陶に置換することで、この概念を永遠化して成仏させるのだ!

磁土の泥漿を丁寧にマスクに塗り電気窯に入れた。

1220℃で焼成。

・・・・・



どうみてもマスクなのに、まったくそうではない「それ」が目の前にある。

前にもましてさらによくわからなくなってしまった白いそれ

これは、なんだろうか、触れるとカサカサと音を立てた。

すこし力を入れるとお骨のようにパリパリと割れた。




▲TOP
ArtFairTokyo2020中止→小橋順明展@京都BAMIgallery開催のお知らせ
アートフェア東京2020は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となりました。

このフェアで個展として新作約20点を発表する予定にしておりました。
ご案内させていただいたお客様からは、楽しみにしているとのお声を多くいただいておりました。
また、私たちも、お客様のお声と新しい出会いを力にして準備を進めてまいりました。
楽しみにしてくださっているお客様、まだ見ぬお客様に新しい作品をご覧いただけるだろうすばらしい機会を失ったことはとても残念です。

そこで、

未発表分を含む新しい作品約20点を
3月13日(金)から21日(土)の間
京都、BAMIgalleryでの個展として発表させていただくこととなりました。

新作はこちらからご覧ください
↓↓↓
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607

急なご案内ではございますが
ぜひご高覧、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

****************************************
【小橋順明 陶の造形展 土と火から生まれた】

2020.03.13 (fri) - 2020.03.21 (sat)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


▲TOP
アートコレクターズ2020年3月号発売されましたね。
アートフェア東京まで一か月を切った感じになってきました。
いろいろありますが、
僕がすることは一つ
ただただ、作り続けています。
さて、
本日発売のARTcollectors'(アートコレクターズ) 2020年 3月号
「飛び込め!熱きコレクターたちの世界」
中特集:アートフェア東京2020関連記事の中にて
ご紹介いただいております。
ぜひご覧ください。




アートフェア東京公式ページ内にて
出品予定作品をご覧いただけます。(新作でき次第随時追加更新してます)
↓↓↓↓
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607

こちらもぜひご覧ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
小橋順明 @ ART FAIR TOKYO 2020
COMBINE/BAMI gallery
Masaaki KOBASHI will be showing his new artworks at ART FAIR TOKYO 2020

2020.03.19 (thu) - 2020.03.22(sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【ブース# : P04】COMBINE/BAMI gallery
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607
.
3月19日(木)
13:00-14:00プレスビュー
14:00-16:00 プライベートビュー
16:00-20:00 ベルニサージュ
.
3月20日(金)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月21日(土)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月22日(日)
11:00-17:00パブリックビュー
※最終入場は各日終了30分前まで。

▲TOP
どうして昆虫を作るのですか?


【呪いから解放される話】
ある時、いろいろあって、もうどこにも居場所がないと感じて、もう作れない。となったことがありました。
6、7年前のことです。
そんなとき
最終的に純粋に作りたいものを素朴に、愚直に作ってみようと
なんとなく作ってみたのが昆虫なのです。
作るのが好きだった子供の時のことを思い出そうとした程度のことです。

作ってみたら、やっぱり楽しかった。
陶芸とか、美術とか、あらゆる呪いから解放されて。
組み立てる瞬間のダイナミズムとか。
無心で作っていた子供のころを思い出して、どこに居るのかなんてどうでもいい。
結局作るしかないと思い直しました。

そして、ついでに
できたものが、充分に表現として成り立つ可能性があることも確認できたのです。そこを深めていきたいと、強く思いました。そうしたら、次の作品を作る気力が出てきました。

このような昆虫の作品たちを
僕はファインアートだと思って作っていますが
見る方からは、工芸かもしれないし、いまだ工芸や陶芸とのボーダーを彷徨っているようなものかもしれません。
でも、それがこの作品の面白さの一つにつながっているのかもしれないし、
良いと思ってもらえるなら、なんでもいい。
焼き物か何かわからないまま感動してもらえたらなおいい。
ブラタモリでも、縁(へり)が面白い、と言っていましたし。
そう思って作り続けています。
もちろん、へりからさらに飛躍したものを
生み出したいという欲もいつもあります。
***************************

小橋順明 @ ART FAIR TOKYO 2020
COMBINE/BAMI gallery
Masaaki KOBASHI will be showing his new artworks at ART FAIR TOKYO 2020

2020.03.19 (thu) - 2020.03.22(sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【ブース# : P04】COMBINE/BAMI gallery
https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607
.
3月19日(木)
13:00-14:00プレスビュー
14:00-16:00 プライベートビュー
16:00-20:00 ベルニサージュ
.
3月20日(金)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月21日(土)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月22日(日)
11:00-17:00パブリックビュー
※最終入場は各日終了30分前まで。

▲TOP
【小橋順明個展@アートフェア東京2020のお知らせ】

瓦にクワガタとカブトムシ   2020
H22.0×W26.9×D13.0cm(瓦含む)
陶(備前土・ラスター上絵)、古い瓦



アートフェア東京にて個展を開催いたします。
COMBINE/BAMI galleryからの出展です。Projectsカテゴリー、ブースNoはP04です。
先日
オフィシャルページが公開されましたのでぜひご覧ください。
掲載作品はすべて出品予定作です。
新作も制作中です。
今後随時アップしていただく予定ですので
ちょこちょこチェックしていただきますとありがたいです。



https://artfairtokyo.com/2020/galleries/607
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小橋順明 @ ART FAIR TOKYO 2020
Masaaki KOBASHI will be showing his new artworks at ART FAIR TOKYO 2020
.
2020.03.19 (thu) - 2020.03.22(sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【ブース# : P04】
https://artfairtokyo.com/
.
3月19日(木)
13:00-14:00プレスビュー
14:00-16:00 プライベートビュー
16:00-20:00 ベルニサージュ
.
3月20日(金)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月21日(土)
11:00-20:00パブリックビュー
.
3月22日(日)
11:00-17:00パブリックビュー
※最終入場は各日終了30分前まで。

▲TOP