RECENT POSTS
新年御挨拶+小橋順明展「気配」陶彫と平面作品のご案内。
謹んで新春のお慶びを申し上げます



昨年末、関東に出ていまして。

庭園美術館でボルタンスキーを体験し
すこし足を延ばして
マークロスコ、サイ・トゥオンブリ―、フランク・ステラ
レオナール藤田の大作を実見しました。

どれもずっと見たかったものばかりだから良かったのだけど

今、作品が物語るのは時代と熱気の痕跡

当時と今を繋ぐ時間を軸に四次元的な世界を感じて感動している部分が意外に多い。

質量は保存される法則だし

質量はエネルギーそのものでもあるから

当時、作品を事件にしたその熱とは熱の偏りであるはずだ

今、その熱の偏りは何処にあるべきなのかと

熱の波の高い所に行くことが出来たら

高い波の頂点から最も深い海を知ることが出来るだろうか。

長野のお酒、大雪渓を呑みながら

そんなことを考えていた。

さて

臨済四喝というのがあります。

ある時の一喝は金剛王宝剣の如く
ある時の一喝は踞地金毛の獅子が如く
ある時の一喝は探竿影草の如く
ある時の一喝は一喝の用を成さず

と。


今、その一喝は何の一喝なのか

まさにその喝

喝と言っても

喝と言うとは限りません。

喝とはまた、活、克、括、且つ、割、勝、轄なのです。

と勝手に思う今日この頃。

維摩居士これまた妙好人であり、君子であり

凡人が核心を得るには

核心の周囲を掘り

核心ごと根を傷つけないよう

大きく優しくつかみ取るよりほかないのです。

最後まで核心を見ることはできないのです。

だから作品を作るのは不安でしょうがない。

それでも確かに、在るのだ、この中に。

そして

2017年の展覧会のお知らせです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小橋順明展 「気配」 ~陶彫と平面作品~
会期:2017年2月22日(水)~28日(火)
会場:岡山天満屋 5階 美術ギャラリー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この展覧会には意味がある

それは、ごく私的な意味合いにとどまらないはずだと

思うからこそ

ここに、これを、持ってきた。

つもり

散文失礼いたしました。


小橋順明



▲TOP
いのちなど。。。小橋順明のご案内。

一年ぶりの京都での個展がはじまりました。

ぜひお立寄り、ご高覧いただきたく
ご案内申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■
小橋 順明 Ceramic works 『いのちなどないのに』
2016.12.02 (fry) - 2016.12.11 (sun)
OPEN : 12:00-18:00
期間中無休
■■■■■■■■■■■■■■
え~

裏話ですが

ギャラリストの上山さんには大変申し訳なかったのですが
具体的な展示プランを当日まで出せませんでした。
どんな作品がどう飾られるかも。

正直ギリギリまで悩んでいました。

・個々の作品周辺の空間を作る
・個々の作品を個々に成立させる
・それぞれの作品を関係させる
・展覧会全体を作品化する
・作品の未来への足掛かりを作る
・美術として妥協しない

全てを満たす展示とは。

上の条件は言いかえると
個々の作品の魅力を感じさせながら
僕の作品制作全体の本質を明確に伝え
この全体の印象が個々にフィードバックするようなこと。

材料がそろうのもギリギリなら
プレゼンもギリギリ。
不惑を迎えたと言いながらも
それは他人の言葉に対してブレなくなったくらいのことであって
作品に関してはいつも
雲をつかむような状態。

だから
当日まで何がどう出てくるかわからない。
不動産業なレンタルギャラリーと違い
コンバイン=バミギャラリーは完全なるプライマリーな企画画廊ですので
基本的には許されることではないのですが・・・
やはりギリギリまで弓を引きたい。。

作品の制作状況を問う電話がちょこちょこ鳴るものの
基本的には信頼して見守ってくださっている。
さぞかし不安だったと思うのですが
どんなものが出てくるか期待もしてくれている。
SNS上ではおそらく不安であるはずが敢えてハードルを上げる投稿をされるなど
突き刺すようなプレッシャー。
さあ、乗りましょう、ともに、泥の船に。

個々の作品は販売するものであるのは当然だが
インスタレーションをしてよい、むしろしろ、
という言葉は(そう聞こえただけかも)
一つのスイッチでした。
このギャラリーで
美術館レベルの緊張感ある空間を作る。
どんな広い物理的空間も取り込むことが可能な最小単位を作りたい。

この画廊のサイトスペシフィックな個性も
最大限に利用させていただきながら。

そうして
今回の展示は出来ました。

これでよし、というベストに持ってきたつもりですし、
会期始まり、鑑賞してくだる方も作品と空間の
緊張感を感じながら
作品と対峙してくださっているというのが
僕にも伝わってくるという手ごたえもあります。



しかし、ひとつだけ。
やっぱりこれは
記録が難しい。
やはり、実際に足をお運びいただいて
この磁場のようなものを体験していただきたいです。
11日までです。

そして
次の展開に向かって僕もさらに違う姿に。
常に成長していきたいものです。

次は来年2月、ついに
地元での発表を予定しています。
詳細は追ってお伝えします。








▲TOP
小橋順明 個展 『いのちなどないのに』 のご案内
一年ぶりのBAMI galleryでの個展です。
前回は、一点一点を見てもらう展開でしたが
(前回についてはこちらのリンクからご覧ください↓↓↓)
http://combine-art.com/html/blog/ueyama/post/blog.php?post_id=2050

今回は、できれば
空間を作りにいきたいなと。。。。



小橋 順明 Ceramic works  『いのちなどないのに』
2016.12.02 (fry) - 2016.12.11 (sun)
OPEN  : 12:00-18:00
期間中無休


虫が死んでいた
昨日は生きていたのに
前のめりに、突っ伏して
動いていたのに
何も変わってはいない
カタチはそのままなのに
動くことはない
いのちが入ったら動く?
そんなわけがあるものか
いのちなど
ない
もっと違うなにか
呼び名を考えなくては
僕の作る虫たちは
一度も生きていたことがない


【お問い合わせ】
COMBINE/BAMI gallery
京都府京都市下京区二人司町21
access map
http://combine-art.com/html/gallery/ga_access.php
TEL 075-754-8154 FAX 075-754-8154
http://www.combine-art.com
office@combine-art.com

▲TOP
11月の干支展参加のご案内です。


長野は志賀高原ロマン美術館
「touch with skin 内在する触感」
無事終了いたしました。
ありがとうございました。

おいしいお蕎麦、牛に引かれて善光寺、渋温泉、おどろおどろしいリンゴの木
何より作家の方々との有意義な会話、学び、刺激
まだ消化しきれておらず、具体的な動きにいたれるかどうかわかりませんが
本当にすばらしい経験をさせていただきました。







搬出も済み、充実した気持ち、
密かな思いも抱きながら次の制作、新たな展開へと邁進します。

まずはご案内。
office combineの企画、干支展に参加します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

タイトル:2017年「干支」酉達の集い
会期:2016年11月9日(水)~11月22日(火)
場所:あべのハルカス近鉄本店 美術工芸品売場 フリースペース

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


僕は色紙と陶の笛を出品します。





色紙は
大道に通じ、お酒大好きな李白の詩を
蝋燭の炎からでる煙を写した画面に書きました。
どうせ幻のような人生。
酩酊した酔っ払いのようにさわやかに
恍惚として生きていきたいものです。

酉の解釈
「酉は就(成熟)の意味であり、八月に黍が成熟し、芳醇な酒を造ることができる」そうです。
「酒つぼの形に象るとする。甲骨文を見ても、酒つぼの形に象っており、「酒」の本字と考えられる。」
そうですよ。

タトウ紙は掛け軸のように展開するタイプにしました。つりさげて飾ってほしいです。





笛は
10年前から好きで折を見ては作ってきました。
ポーポーと土笛らしい優しい乾いた音が出ます。
傍らに置いて、ふと一息つくようなときに徐に吹いてほしいです。
少しころんころんするので、柔らかい布等を鳥用お座布団とかにして置いてあげてほしいです。


ぜひご覧いただきたいです。
宜しくお願いいたします。




▲TOP
長野への準備
今、長野のロマン美術館のための準備をしています。



今の所の出品作品は

クロアゲハ
ヤマトカブトムシ―飛翔―
モンシロチョウ
ミヤマクワガタ―飛翔―
オニヤンマ
アサヒナカワトンボ―暗―

「untitled」
(インスタレーション:蜘蛛、アリ、モンシロチョウ、糸 など)
「あっち側/皮膚/こっち側」
(インスタレーション:皮膚みたいな焼物、抜け殻みたいなもの、蝶の羽など)

の予定です。

現場で作業をはじめてみないとわからないことが多いと思います。
2日間の搬入時間をいっぱいに使って
設計者の黒川紀章さんの胸を借りるつもりで挑みたいと思います。

搬入がたのしみです。



山之内町立志賀高原ロマン美術館(長野県)
2016年夏季企画展
Touch with Skin 内在する触感
本展では、皮膚の体験を敏感に作品におとしこむ5組のアーティストをご紹介します。皮膚感覚にゆだねる森の姿、昆虫の皮膚をめぐる陶素材の作為、手と記号化された触感、触感を土に託す無作為、指先から生まれるマチエール(絵画面の質感)。触感をめぐる豊かなアートの世界を、ぜひご体感ください。
会期:2016(平成28)年7月24日(日)- 10月10日(月・祝)   
休館日:木曜日 8月11日(木・祝)、9月22日(木・祝)は開館
開館時間:9:00-17:00 (ただし入館は16:30まで)  
入館料:大人500円、小人300円
出展作家  小橋順明、田淵三菜、疋田義明、西澤伊智朗、
  耳のないマウス(松田朕佳、石射和明、石倉一誠、雨宮澪)

山之内町立志賀高原ロマン美術館 ホームページ

▲TOP