RECENT POSTS
アートコレクターズ 6月号
今月25日発売の月刊アートコレクターズ6月号に掲載していただきました。

特集は「アートを買って家に飾ろう!」です。

大誌上頒布という事で、誌面にて作品をご覧頂きお問い合わせ頂く事で実際に作品をご購入いただけます。







また、とても有り難い事に私の作品「ミックスベリーパフェ」が表紙に採用されております。

この「ミックスベリーパフェ」を含むジクレー版画作品4点とアマビエ特集にタブロー作品1点を掲載していただいております。


是非ご高覧下さい。


https://www.tomosha.com/smp/collectors/

▲TOP
アートコレクターズ 2月号










現在発売中の月刊アートコレクターズ2月号に掲載していただきました。

また、とても有り難い事に巻頭特集の扉の部分にも作品「ライオンの棚」を掲載していただいております。

是非ご高覧下さい。


▲TOP
個展「枠の中」at BAMI gallery
皆様明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


新しい年に変わったばかりの1月。
京都で個展を開催させていただきます。

なんとBAMI galleryでの個展は約5年振りとなります!

更に、初日である1月11日にはオープニングレセプションを予定しております!

皆様是非お越し下さい。









釜匠 「枠の中」
2020.01.11 (sat) - 2020.01.20 (mon)
at BAMI gallery


OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


「"枠"というのは物と物、空間と空間を区切る境界線です。
絵画というものは、こ"枠"無くして存在することが出来ません。
枠の中にのみ存在する絵画というものは一見枠に収まっている
ように見えますが、それは枠の外の世界ともいえるのです。 」


これは10年前の初個展時の文章の書き出しだ。 この個展の
後、様々な場所で様々な表現を試みて来たが、結局のところ
自分の表現で一番重要な礎はこの一節に強く表れている。


区切る事でようやく認識出来るのだ。 分け隔てる事で
ようやく理解出来るのだ。 そんな当たり前だけど一番
大切な事を、今一度強く思い返してみたい。

▲TOP
Worksページ更新



Artistページ内にあるWorksのページを更新していただきました。

今年一年間に制作した作品が全て網羅されています。

是非御覧下さい。



▲TOP
Art Taipei 2019
「もう先月の事じゃないか…」

という声が聞こえてきそうですが、



10月に台湾の台北で開催されたArt Taipei 2019にCOMEBINE/BAMI galleryから参加させていただきました。

一昨年と昨年に引き続き今年で3度目の出品となりましたが、出品させていただく度に自分が乗り越えるべき課題が"現実的"に"クリア"に見えてくるような気がします。

また毎年同じ時期に開催される事もあり、自分の制作スケジュール管理や制作スピードについて再考する事が出来る非常に良い指標にもなっています。


終わってしまえば出来た事は小さな印象にしか残らず、出来なかった事は大きく大きく膨らんでズシンとのしかかってきます。

これに抗って過ごす一年間がまた始まります。

しっかり確実に成長しなければなりません。

でもそれがたまらなく面白くも感じています。


新作を楽しみにしていて下さい。




釜 匠




▲TOP