RECENT POSTS
個展「セイソク」あべのハルカス近鉄本店




7月31日から一週間開催させていただきました、あべのハルカス近鉄本店での個展「セイソク」
8月6日をもちまして無事終了致しました。

おかげさまでご好評いただき、前回の個展で出来なかった課題を乗り越えると同時に、また新たな課題と対峙出来る実り多き一週間を過ごす事が出来ました。

故郷である大阪での個展は2度目となりましたが、前回にも増して沢山の方々の支えがあって今の自分が存在しているのだと強く実感致しました。


さて、束の間の休息すらつく間もなく、今から秋に向けて今年最大の挑戦に挑みます。

お越しいただきました皆様、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!



釜 匠

▲TOP
福音館書店《たくさんのふしぎ》4月号
《雑誌掲載のお知らせ》

現在松坂屋名古屋店にて約3年振りの個展「セイソク」が開催中ですが、
今回は雑誌掲載のお知らせをさせていただきます。







この度、本日発売の福音館書店発刊の月刊誌「たくさんのふしぎ」4月号に作品を掲載していただきました。

この雑誌は自然や環境、人間の生活・歴史・文化から数学・哲学まで、世界にあふれるふしぎを子どもたちが自ら感じ、考え、理解していけるように作られた小学生向きの科学雑誌です。


<福音館書店たくさんのふしぎ>
↓クリック↓
https://www.fukuinkan.co.jp/maga/detail_fushigi


更に、この「たくさんのふしぎ」には年に2回付録として、様々な作品が折り込みポスター状になって掲載されます。




<本の表紙>



<開いて巻末に>



<更に開くと作品が現れます>



今回その付録に私が制作した「しりとり迷路」という作品が掲載されております。




<しりとり迷路>



小学校低学年で学ぶ"地図記号"をテーマに様々な建物や動物達を描きました。

また、「しりとり迷路」というタイトル通り、よく見ると地図記号と動物達がしりとりとして繋がった迷路にもなっており、子供達が遊びながら学べる、そんな作品を目指して今回のために特別に描き下ろしました。


「たくさんのふしぎ」4月号は本日発売となっており、全国書店は勿論、Amazon等のネット通販でも購入可能です。

↓Amazon購入ページ・クリック↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NN37PG6/ref=cm_sw_em_r_mt_awdo_6OhECbESA9ZT9



皆様是非お手に取って誌面にて御覧下さい。

▲TOP
個展<セイソク> 松坂屋名古屋店
《展覧会のお知らせです》

事後報告になってしまいますが、
現在、松坂屋名古屋店にて個展<セイソク>を開催させていただいております。

国内での個展は久しぶりで、約2年振りとなりました。

この機会に是非御覧下さい。





釜 匠 洋画展 「セイソク」

【アクセス】
会場 : 松坂屋名古屋店本館8階美術画廊
日時 : 2月27日㈬〜3月5日㈫
   最終日は午後4時閉場
   作家は全日在廊いたします。
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/garou/tenran/2019/february_kama/


【お問い合わせ】
COMBINE/BAMI gallery
京都府京都市下京区二人司町21
TEL 075-754-8154 FAX 075-754-8154
https://www.homepage-tukurikata.com/hp/link.html

▲TOP
アートコレクターズ3月号
《雑誌掲載のお知らせ》

先日発売となりましたアートコレクターズ3月号に掲載していただきました。





是非誌面にてご覧下さい。

▲TOP
アートコレクターズ2月号
皆様明けましておめでとうございます。





はっ!と気付けばまた少し更新が滞っていました…

今年の干支は亥(イノシシ)です。
12年で一回りする干支の最後を締め括る年なので、今年は何か一つの区切りのようなものがあるのではないかと感じています。
しっかりと悔いのない一年にしたいと思います。




今回はお知らせを一つ。

本日発売のアートコレクターズ2月号に掲載していただきました。







巻頭特集<引用の美学>にエッシャーへのオマージュ作品「Dear ESCHER」が掲載されております。

是非誌面にてご覧下さい。






そして話がガラリと変わりますが、先日初めて京都鉄道博物館に足を運びました。





幼少期から乗り物全般には興味のない子供でしたが、それでも間近で見る懐かしい車両には大興奮でした!





新幹線といえばこの形。





電車ではないですがミゼットには興奮しました。





しかし何より一番興味を惹かれたのは、なぜか置かれていた船の模型でした…
これは欲しかった…

▲TOP