RECENT POSTS
ヤングアーティスト
あけましておめでとうとございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


さて、2019年、平成31年のスタート、となりますが、
昨年にはCOMBINE/BAMI galleryの枠組みを作り丸10年
を迎えました。そんな事を思い返していた年末、
フッと気づいたことが、、、、そう言えば、自身、大学を卒業し
働き出して30年を迎えている、、、ではないか!と、、、
世の中、もっともっと、生涯現役で働いている人がいることを
思えば大した事のない事ではありますが、ただ、自身、我ながら
良くこの世界で続いたなと感じています。


思い返せば、働き出した時分、今の自分の姿は全く想像できない
もので、、いや、10年前でもそれはありませんでした。


先述のCOMBINE/BAMI galleryの枠組みを作ったと言っても、
私がサラリーマン時代のプランニングであり、人的にも、
資金的にも会社というバックボーンがあっての事であり、
ある意味、私個人のリスクを今と比較して考えれば、
どうなのかな?と感じます。


2012年に独立してCOMBINE/BAMI galleryの枠組みを個人事業と
して引き継いで以降、当たり前ですが、仕事らしい仕事はなく、
それまでのサラリーマン時代に培った様々なノウハウでなんとか
しようと試みましたが、残念ながら何一つモノになるものもなく、
このまま終わるのかな?と諦め半分で目の前にある、若い作家の
企画をほんの僅かなコネクションと温情を得て進めていました。


そんな私の姿は、


若い作家、作品を紹介して仕事としている事、と言うのが客観的に
見える私の仕事の風景のように思いますが、実際には、そんな
事に理想や信念、理念があった訳ではありません。他に何もなかっ
たのです。資金的に潤沢ではない、人脈があるわけではない、第一
普通考えれば、こんな若い作家だけをやってどうやって食って
いくの?と自身が一番冷静に諦めの中自嘲していたように思います。


なんとかしよう、、と、、思えど、、焦れども、、


ただ、他に商材はないし、やる事、やれる事も無かったので、
それだけを集中的に、と言えばカッコイイですが、ただただ
興味関心をもってくれる人を求め、自らが動ける狭い範囲を
ジタバタと動きまわっていたように記憶しています。


ただ、なぜか?楽観的についてくる若い人間がいました、、
ある意味、、こいつらは馬鹿か?とも、感じつつ顔を見ると、、

これが無邪気に笑ってやがる、、、、

あぁ、、なんだかなぁ〜

その為、格好つけの私も内なる恐怖とは別に表向きは
平静を装い、何の根拠も無い将来像を、、今から思うと、、
嘘八百。。。。

そんな事が続く数年、、否、、今もそうなのだが、、
なんと言うのか、、、若い人間に対し、、
不思議にも奇特な人言うのか奇異な人と言うのか、
がポツリポツリと現れだした最近です。

ありがたいことに、この数年、海外、特にアジアの方との
関わりが増え、交流も生まれました。年に数回逢うのですが、
相手の国に行くと目一杯のもてなしをしてくれ、そして
自らの友人知人を多く紹介してくれます。

その時、私を紹介してくれる言葉を聞いていてある事を
強く感じたのです。

「上山はヤングアーティストだけを紹介しているギャラリストだ!」

「それは凄くリスキーなんだ!」

こう書くと自慢しているようだが、そうではなく、その会話の意味
ではなく、また、先に書いた私の仕事の風景をより良く描写して
くれていて、改めて自分の仕事を認識した、、と言うわけでもあり
ません。

そうではなく、、

彼らが発音する

【ヤングアーティスト】

ヤングアーティストという言葉の響きが
私には新鮮で何か強い、そして希望を感じる
キラキラした音に聴こえたのです。

直訳すれば若い芸術家だが、、

私が日本で感じる若い芸術家、作家という言葉は、

未熟、世間知らず、不遜、虚栄心、自己顕示欲の塊
ただ、そんな印象を最後薄めるための、これから、
これからが楽しみ、、という、つまらない根拠ない
言葉、、ある意味、、自身も感じ使う言葉でもある。

しかし、アジアの友人達が発する

ヤングアーティストという言葉の音と
誇らしさ、、そこには、、

彼ら若い芸術家は、これから様々な事を変える可能性が
あり、新しい事を無限に生み出す力があり、なにより
も我々を最高に楽しませてくれる!こんな面白い存在が
あるか?

そんな風に聴こえるのです。

そこには、私が持っていたネガティブなマイナスの要素
は、仮にあって認識していたとしても、

それがどうした?

と言うような強さを感じたのです。

そう感じたここ数年、、自らの仕事の持つ意味を改めて
考えるようになりました。まだまだ漠然としていて、
感じた言葉の意味を具体的な形にはできてはいませんが、、


これからの道が少し見えてきたように感じています。



▲TOP
COMBINE/BAMI gallery 設立10周年記念 【 証展起展 】
COMBINE/BAMI galleryは2018年12月8日に10周年を
向えることができました。

これも偏に皆様のご支援の賜物と感謝いたしております。

この節目にCOMBINE/BAMI galleryでは新たなグループ展
を発足いたします。

現在、COMBINE/BAMI galleryには、平面作家5名、
立体作家5名の計10名が所属し活動しております。

新たなグループ展を平面作家による“証展”、
立体作家による“起展”と銘打ちスタートさせます。






本年2018年12月24日より2019年1月20日までの間、
始動として両グループ展を同時開催いたします。

この二つのグループ展には約束事となるテーマが
たった二つあります。



●一点で臨む。 
●その一点は自らの現時点における最高出力であり
最先端である事。



不定期の開催にはなりますが、ただし、その時点での自ら
が前に進んでいるという具体的な変化を問うという事が
最大の主眼となります。平易に言えば個展という数の中
で自らを問うのではなく、たった一点で今の自分の最高傑作
を出すという事を求めます。



展覧会名 

証展 起展
ディレクション COMBINE/BAMI gallery ディレクター上山潤

場所 

BAMI gallery 〒600-8824 京都市下京区二人司町21 
TEL/FAX 075-754-8154 office@combine-art.com

会期 

2018年12月24日(月・祝)~2019年1月20日(日)
※閉廊日 2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)
※開廊時間 12時―18時 最終日は16時閉場

新年会開催 

2019年1月12日(土) 午後4時より 参加無料

出品作家 

証展 

阿部瑞樹 釜匠 松本央 宮本大地 八木佑介
       
起展 

太田夏紀 岡部賢亮 公庄直樹 小橋順明 佐野曉


-------------
























































証展 

音読みとしては“しょうてん”焦点・笑点・衝天、、
等々意味は違えど音が同じから重ねる感覚もあり、
訓読みとしては“あかしてん”=あかしという事になります。

どちらかと言えば、このあかしから来ています。
証明や証拠、症状、などが一般的なイメージの漢字ですが、
仏教においては正法を修得して真理を悟ること。悟りを得
ること。「灯(あかし)」と同語源》であり、ある事柄が確
かであるよりどころを明らかにすることと意味します。

又、キリスト教においては、神様から頂いた恵みを人に
伝えることを「証(あかし)をする」と言い、似た表現に、
「分かち合う」という言葉があります。これは少人数で
深く話し合うような場合に使われ、大勢の人の前で、発表
する場合は「分かち合い」ではなく「証」または立証と
いうのが一般的らしいです。

これらの意味からイメージし、芸術家としてこの時代の
この時期、そしてこの島原で偶然にも出会ったもの同士、
様々な事を考え苦しみ、しかしながら活き活きと生きた
証となす為のネーミングとしてこの“証”という一字を
考えました。

起展 

この字を選んだのは、 “草莽崛起”(そうもうくっき)
から来ています。この言葉は幕末の思想家・吉田松陰から
高杉晋作に引き継がれた革命思想です。志を持った在野の
人々が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようと
することを意味しています。

つまり草むらのような過酷な場所から立ち上がるという意です。
“起”という言葉は、おきる。たつ。立ちあがる。
おこす。はじめる。おこる。おこり。はじまり。
かがんでいる”己“が起き上がる様を現すこの言葉に、
現状からの今後に対しての想いを込めました。



▲TOP
12月の予定
12月に突入いたしました。
本年も残すところ僅かです。


さて、時系列順に企画をご紹介いたします。
一部すでにスタートしている企画もあります。


当月1日よりスタートいたしました、
COMBINE初企画


『若手現代美術作家 干支展 2019 【猪突猛-新-】』 開催! 
2018年12月1日(土)~12月19日(水)
at 紀伊国屋書店梅田本店西側ウィンドウギャラリー

これまで百貨店にて発表してきた
干支企画作品ですが、本年は、紀伊国屋書店さんの
ウィンドウにて展開しております。
















































お気に入っていただいた作品があれば
ウィンドウ裏の”一番レジに”お申し付けください!


さて、続いては久しぶりの
BAMI gallery個展企画になります。

陶の造形とインスタレーション
小橋順明 solo exhibition
「共有地の悲劇 ~昆虫<皿<水<テーブル~」
2018.12.06 (thu) - 2018.12.20 (thu)
OPEN 12:00~18:00
12/15.16.18.19 Close
※最終日午後4時閉廊

第4回目になる小橋順明のBAMI galleryでの個展です。
現在陶による虫作品にて全国の百貨店で個展を開催
させていただいておりますが、当ギャラリーにおいては、
その虫作品のバックボーンとなる小橋順明の思考を
インスタレーションとして表現しています。

------------

【共有地の悲劇】

とは多数者が利用できる共有資源が乱獲
されることによって資源の枯渇を招いてしまうという経済学
における法則のことです。

特に環境問題の中で使われることが多い言葉で、そのことも
大変重要な社会問題でもありますが、このようなことは
人間だけに起きることではなく、動物や植物の食物連鎖など
自然界でも起こります。

「共有地の悲劇」は共有の資源(全体)とその中の
生命(個)がある限り、自然界の中にある全ての生き物が
自ずから持つ悲しい性=自然な出来事なのです。

今年、偶然この言葉と出会い、以来、この言葉をテーマにして、
既製品の皿の上に陶による昆虫の造形作品を配置するという
作品を作って来ました。本展はこれらの作品を発展させて
会場全体を使ったインスタレーションで提示するという
内容です。

------------











-----------------


続いて外部企画になります。





12日(水)から開催される
OSAKA ART FES 2018 @梅田 Hanshin 
12月12日(水)~18日(火)
会場:阪神百貨店アートフェア 8階催事場
八木佑介 松本央 宮本大地 
作品出品いたします。


-----------------

さらに外部企画が続きます

阿部瑞樹 「世界は水滴のように」
2018.12.19 (wed) - 2018.12.25 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階 アンテナプラス・アート
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111


阿部瑞樹、満を持しての新機軸作品にて
登場です!!







作家在廊は、初日19日(水)22日(土)から最終日
まで終日です。


何卒、新生阿部瑞樹の作品をご高覧いただきますよう
お願い申し上げます。

※私も初日在廊予定としております。


------------


最後ですが、先のポストでもご紹介いたしました






この企画のスケジュール及び詳細については
後日ご報告いたします。


現時点では12月24日(月)スタートの予定と
しております。

又、年が変わっての1月12日(土)
新年会を兼ねたパーティーも計画しております。



▲TOP
COMBINE/BAMI gallery 設立10年のご報告 
毎月のように12月の予定を報告するのですが・・・
その内容は別ブログに譲り、
今回のブログは時系列でなく、ご報告から、、いたします

COMBINE/BAMI galleryは当月8日に
設立してから丸10年を迎えたことをご報告いたします。

丁度10年前の12月8日、その当時、私が、勤めていた
会社の事業部として設立し、その4年後の2012年
に私が独立し、この枠組みを個人事業としてスターと
させ現在に至っています。

実はこのブログにては公表はしていませんでしたが、
丸10年を迎える今年6月、このビジネスを個人事業から
法人化いたしました。

正式名称は株式会社COMBINEとして、
COMBINE/BAMI galleryの事業を現在運営しております。

様々なことがありました。また様々な方と出会い、
色々とご助力いただき、何とか10年が経過いたしました。

誠にありがとうございました。

私も作家もまだまだ未熟であり、これからの課題が
山積ですが、焦らず、今、できることに対して精一杯
向き合い、具体的に挑戦し、将来に向けて飛躍したいと
考えています。

皆様方におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻の程、
何卒よろしくお願いいたします。


さて、丸10年を迎え、又島原に移転し5年目の年に
突入する今、7月のブログにて少し計画を表明いたし
ましたが、新たな企画を立ち上げます。




二つのグループ
を構築いたします。


平面作家のグループ“証展”立体作家のグループ“起展”と
区分けし、それぞれ定期的に毎回同一のテーマを基に、
それぞれの可能性を問う発表を主眼といたします。


そのテーマとは、シンプルです!


今時点の最高傑作1点にて展覧に臨むという事です。


そこにはこれまでの自分の作品とは明らかに違うという
事を具体的に明白にするという事が主旨となります。


逆に言えばご覧頂く方からは、このグループ展に出品
するCOMBINE/BAMI galleryのアーティストの作品の
今の最高が見れるという展覧会になります。


個展等、空間を埋める物語的要素、もしくは、
選択の余地を与えるような構成としての制作ではなく、


各作家が、ただ、今、この一点に賭け問う


そういう展覧会になります。



証展は、釜匠、八木佑介、宮本大地、阿部瑞樹、松本央
以上5名で構成されます。

起展は、小橋順明、佐野暁、公庄直樹、太田夏紀、岡部賢亮
以上5名にて構成されます。


この展覧会を当年末から新年にかけての
COMBINE/BAMI galleryの第一弾企画として
証展・起展を同時開催いたします。


展覧会のスケジュール等の詳細は
来週中にホームページのギャラリースケジュール
にアップいたします。


又、1月12日(土)に新年会を兼ねたパーティー
も企画いたしますので、ぜひスケジュールを
お見逃しなく!


最後に

証展・起展の設立趣意を再度記載いたします。




音読みとしては“しょうてん”焦点・笑点・衝天、、等々
意味は違えど音が同じから重ねる感覚もあり、訓読みと
しては“あかしてん”=あかしという事になります。


どちらかと言えば、このあかしから来ています。証明や証拠、
症状、などが一般的なイメージの漢字ですが、仏教において
は正法を修得して真理を悟ること。悟りを得ること。


「灯(あかし)」と同語源》であり、ある事柄が確かである
よりどころを明らかにすることと意味します。又、キリスト教
においては、神様から頂いた恵みを人に伝えることを
「証(あかし)をする」と言い、似た表現に、「分かち合う」
という言葉があります。これは少人数で深く話し合うような
場合に使われ、大勢の人の前で、発表する場合は「分かち合い」
ではなく「証」または立証というのが一般的らしいです。


これらの意味からイメージし、芸術家としてこの時代のこの
時期、そしてこの島原で偶然にも出会ったもの同士、様々な
事を考え苦しみ、しかしながら活き活きと生きた証となす
為のネーミングとしてこの“証”という一字を考えました。




この字を選んだのは、私の好きな言葉“草莽崛起”
(そうもうくっき)から来ています。

この言葉は幕末の思想家・吉田松陰から高杉晋作に
引き継がれた革命思想です。志を持った在野の人々
が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようと
することを意味しています。つまり草むらのような
過酷な場所から立ち上がるという意ですね。

“起”という言葉は、おきる。たつ。立ちあがる。
おこす。はじめる。おこる。おこり。はじまり。

かがんでいる”己“が起き上がる様を現すこの言葉に、
現状からの今後に対しての想いを込めました。



▲TOP
11月の予定
11月がスタートいたしました。

COMBINE/BAMI galleryでは、先のブログにてもご紹介
させて頂いたとおり、先月25日から29日まで
台北で開催された、アート台北2018に昨年同様
参加させていただきました。

さまざまな今後の課題はあるものの、先ずは無事
帰国いたしましたことをご報告いたします。





さて、当月のスケジュールを紹介させていただく前に
先月の25日発売の月刊アートコレクターズ11月号
にて、小橋君、公庄君、岡部君の3名を紹介していた
だいたことを報告いたします。










さて、スケジュールですが、
当月は外部にて3企画あります。


先ずは、

来週14日(水)からスタートする




深夜2時台の光景に変わりはありませんが、
新たなモチーフと画材に挑戦した意欲的
新作の個展です。これまでと少し違う
八木の作品をご期待ください!!



続いては同時開催です。










レンブンラントをテーマに真っ向勝負する
松本央をご期待ください。







これまで様々なモチーフに挑戦してきた佐野ですが、
今展では自らの新機軸となる作品で勝負いたします。

よろしくお願いいたします。


以上が11月の予定となります。

▲TOP