RECENT POSTS
八木佑介 【N→S】 15日(土)よりスタート!
今週土曜日15日より

八木佑介 N→S

スタートいたします。





2017.04.15 (sat) - 2017.04.24 (mon)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休



外部企画及びコンペ等のスケジュールにてBAMI galleryに
おいての”新作描きおろし”個展は久方ぶりとなります。

2013年個展「午前二時三十七分」以来であり約4年ぶりです。
今回は八木君の企画起案にて内容を構成しています。

かなりまえからの構想であり、制作に関しても昨年末から
開始しています。


この企画の源泉、骨格は上記にある2013年の個展から
始まっています。

2013年始めだったか?その前の年だったか記憶が
曖昧なのですが、、、ある日、、BAMI galleryで
個展をしたい!と・・・・・


”いいよ”という返事をするのと同時に


どんな?と聞き返した記憶があります。
その時、たじろぐことなく、明確な企画骨子を
話してくれたのは正直驚きました。


ただ単に個展をしたい、、つまり描きためた絵を
単純に並べるのではなく、ある一定の考えの元で
作品を仕上げ展覧するという・・・・





ザッと内容を聴くと


実に面白かった。


そして2013年の9月、そう今から約4年前に開催いた
しました。



展覧会は、、、ほとんど照明を使わず、、下からの
ほんの僅かな明かりのみ、、、作品展示はシンメトリー
ではなく、作品内容の位置の緯度経度を意識した、
ランダムな展示・・・何よりも驚かされたは、、
3壁面使えるギャラリースペースの1面のみ使用という


およそ通常の絵画展からは・・・・・
かけ離れたものでした・・・・・・



*********


個展タイトルは「午前二時三十七分」





この作品群では時間を固定したまま空間のみを拡張しています。
一見、ランダムに飾られている絵は、全長約17メートルの
BAMIギャラリーの壁面に対してそれぞれの風景の緯度経度
に則した場所に配置されています。





深夜、無人となった街のどこにでもある風景を照らす光。
私はそれを探すために街を散策しています。





この作品の配置は私の行動記録であり、さらには私の足跡が
及んでいない地球上の全ての場所に、この「どこにでもある
風景」が在り得ることを想像できます。


つまり絵の飾られていないギャラリーの壁面こそがこの作品
の余白であり、そこには午前二時三十七分の誰もいなくなっ
た街に存在するおびただしい量の光が詰め込まれています。


*********


展覧会ステートメント


道路をオレンジ色に照らす光は見える限りどこまで
も続いている。


彼方の光の群れは地平線に沿い点々と広がっている。


この午前二時三十七分を照らす光はどれだけあるの
だろうか。


私の今いるこの場所で、そして私達の知る由も無い
この国のあらゆる 場所で、さらに十二時間後には
地球の裏側で、とてつもなく膨大な光 が闇を侵し、
人々の寝静まった無人の街の姿をただただ浮かび上
がら せている。



私はただ一人この誰もいなくなった風景の中に立っ
ている。


人間が築 き上げた巨大な都市は、午前二時三十七分
の冷たい静けさの中、一斉 に自らが抱え込む重大な
矛盾を煌々と照らし上げる。


(2013/8/26/2:37 北緯34゜87.21′,東経135゜74.45′にて )


*********


これが当時の個展概要でした、


それから数年を経て


個展経験を積み


今回新たな個展企画を練り上げ


そして全て


新作描き下ろしにて臨みます。



八木佑介 N→S
2017.04.15 (sat) - 2017.04.24 (mon)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休


作家八木佑介が当方の京都市下京区二人司町の
BAMI galleryを午前2時18分に出発し、久世郡
久御山町栄4丁目の自宅に午前3時49分到着す
るまでの帰路、約14kmの間で等間隔に5箇所
の地点を決め、そこに出発点と終点を合わせた
7箇所の場所で観たそれぞれの光景を描き、
ギャラリー展示空間内に深夜の都市を転移さ
せるダイアグラム・ドキュメントを試みます。



N→S
八木佑介


午前2時18分、京都市下京区二人司町のBAMI gallery
を出発し、午前3時49分、久世郡久御山町栄4丁目の
自宅に到着するまでの帰路、約14kmの間で等間隔に
5箇所の地点を決め、そこに出発点と終点を合わせた
7箇所の光景を描く。そして再びそれらの光景を私の
辿った順に等間隔でBAMI gallery内に配置する。





細長いギャラリー空間の入り口から奥へと進む鑑賞者
の歩みと、私の職場から自宅までの移動が重なる。
展示空間内に深夜の都市を転移させることを試みる。





点から点への空間移動、例えば職場や学校までの往復、
リビングから寝室への往復、私達は日々それぞれの役割を
持った場所から場所へと移動をする。私がそれぞれの地点
で観た街角の建造物にも役割があり、それらを大小の舗道
が繋いでいる。それは緻密な蟻の巣のようでもあり、生物
の内部構造のようでもある。





都市は膨大な人口を抱えながら、社会性の中で統制され、
血管を通る赤血球のように都市を網羅する舗道により各所
へと人は運輸され、老朽物は代謝されながら、都市は肥大
萎縮を繰り返す。人間が日々行う空間移動に沿い、促すよ
うに都市は形成されていく。







深夜、無人となったはずの街は均等に並ぶ街灯に照らし出
されていた。人工の光によって観る都市の光景は、人間の
確立された居住域のあり方であり、世界中のいずれの都市
の中でも適合する形を持つ。人間は何処へ向かっているの
か、都市の断面図を点と点を繋ぐ線によりギャラリー内で
空間として構築し、辿る。

▲TOP
公庄直樹 「囁くものたち」毎日新聞
現在開催中の

公庄直樹 「囁くものたち」

好評です。

会期前より毎日新聞さんが取材に来てください
ました。

”展覧会情報”というよりは

”公庄さんの人となりを紹介したい”

という旨の申し出でした。









なかなか良い記事になりました。





昨年の個展より取り組み始めた


一木削り


今回はよりその技量・内容ともに精度を増して
臨んでおります。ほんの僅かな生物のフォルムの
ディフォルメが公庄くんらしさを醸しだしています。

そして木そのものの風合い、モチーフ
である生物の存在感、そして何よりタイトルに
込めた”ささやき”が聴こえてきます!











公庄直樹 「囁くものたち」は


4月9日(日)まで開催です。


ぜひお見逃しのないよう!







▲TOP
COMBINE / BAMI gallery 4月のスケジュール!
昨日27日(月)釜匠「共棲」@福山天満屋
無事終了いたしました。

沢山の方にお越しいただき心より御礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。





思い返せば、COMBINEという名称にて外部企画を
スタートさせたのは今から5年前・2012年4月の
松坂屋名古屋さんでの釜くんの個展が始まりでした。

あれから5年、今回丁度節目で釜くんの個展でした。
久しぶりの彼との在廊、色々な話をし、ここから
先の彼のことを二人でイメージしていました。

いずれにしても大きく彼は変わると思います。
年内に外部の企画をあと二つ予定しています。
そこで変わりはじめる彼を目撃できると確信
しています。ご期待ください!


さて、3月も終わりです。
COMBINE/BAMI galleryの4月の企画を時系列順に
ご紹介いたします。


先ずは、BAMI galleryにて3月31日(金)から
スタートする

公庄直樹 「囁くものたち」
2017.03.31 (fri) - 2017.04.09 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休







丁度一年ぶりの新作個展です。


前回のタイトルは”「気配のカタチ」”でした。
今回は「囁くものたち」。

このタイトルからも分かるように彼の一貫した視線は、
大仰に生き物を彫りだすということではなく、普段生活
している中で我々が気にも留めないところで同じように
生きている生き物を、同じ生き物の視線で見つめるもの
です。

今回の個展も静かな空間レイアウトの中に耳を澄ませば
”聴こえて”きそうな彼が生み出した作品達=生き物の
「囁き」があります!ぜひお立ち寄りください!!


続いて


外部企画ですが


4月6日(木)から広島福屋さんにて宮本くんの第二回目の
個展を開催させていただきます。

彼の百貨店個展デビューの地・福屋さん。
ありがたいことに第二回目を開催していただけました。

今回は早い段階から広島・呉を取材し、その取材を元
にした作品をメインに構成いたします。

こうご期待ください!


宮本大地 「小さな大海」
2017.04.06 (thu) - 2017.04.12 (wed)
at 福屋八丁堀本店7階ギャラリー101
10時~19時半(最終日は5時閉場)


COMBINE 宮本大地 「小さな大海」@福屋八丁堀本店7階ギャラリー101 プレスリリース by COMBINE on Scribd




続きまして

同じく外部企画ですが、
可愛い?ミニ催事です。





【けもののけ】

福山天満屋 6階 一般美術イベントスペース
4月12日(水)~24日(月)
〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)

佐野暁 公庄直樹 遠藤良太郎 岡部賢亮 太田夏紀
以上5名の作品が売場に並びます。


”けもの”と”もののけ”の造語ですが、
釜くんが命名してくれました。


奇天烈・摩訶不思議な可愛い小作品の展示です。
お近くの方は是非おたちよりください!



さて続きましては


BAMI galleryにての個展企画です!


八木くんの満を持してのBAMI gallery

新作のみの描き下ろし企画です。
これまでの商業施設とは違う”エッジ"の効いた
尖った企画です。


八木佑介 N→S
2017.04.15 (sat) - 2017.04.24 (mon)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休





N→S アトリエでもあるBAMI galleryで私は深夜の都市
の光景を描いている。今回の展示では京都市下京区二人司町
のBAMI galleryから、久世郡久御山町栄4丁目の自宅まで
の帰路、約14kmの間で等間隔に5箇所の地点を決め、
そこに出発点と終点を合わせた7箇所の場所で観たそれぞれ
の光景を描く。


そして再びそれらの光景をBAMI galleryに私の辿った順番
通りに等間隔で配置する。細長いギャラリー空間の入り口
から奥へと進む鑑賞者の歩みと、私の職場から自宅までの
移動が重なる。展示空間内に深夜の都市を転移させること
を試みる。





 点から点への空間移動、例えば職場や学校までの往復、
リビングから寝室への往復、私達は日々、それぞれの
役割を持った場所から場所へと移動をする。私がそれぞれ
の地点で観た普段では見過ごすようなありふれた街角の
建造物にも役割があり、それらを大小の舗道が繋いでいる。


それは緻密な蟻の巣のようでもあり、体内で各組織、器官
を分化しそれらを管で繋ぐ生物の基本構造のようでもある。
私達の暮らす都市は膨大な人口を抱えながら、社会性の中
で統制、制御されている。そして血管を通る赤血球のように、
都市を網羅する舗道により各所へと人は運輸され、それぞれ
の場所で人々はそれぞれの役割を果たす。老朽物は代謝され
ながら、都市は肥大や萎縮を繰り返す。


私達が日々行う点から点へと向かう空間移動に沿うように、
もしくはそれを促すように都市は形成されて行く。今回の
展示で、私の観た都市の光景を一点では無く、連なる線で
示す。


私が観た凡庸な都市の光景は誰しものすぐ側に在り得る
光景であり、この京都市内から南部郊外へ移動した空間
内でカメラによって切り取った光景の一片は、世界中の
いずれの都市の中でも適合する形を持つ。文明により
都市の形は成熟し確立された。そこに現わされているの
は普遍的な人間の生態であり、その断面図を点と点を繋
ぐ線によりギャラリー内で空間として構築する。



今回の取材ではBAMI galleryを午前2時18分に出発し、
午前3時49分に自宅に到着した。各地点で無人となった
はずの深夜の街を均等に並んだ街灯が照らし出し、横断
歩道の信号機が点灯していた。それは確立された構造を
持った都市空間に現れる空虚な光景である。闇を覆い尽
くそうとする人工の光によって照らされ浮かび上がる
光景は、人が望み築き上げた居住域のあり方である。


私達は何処へ向かっているのか、私達の暮らしている
今夜の都市の姿を描き、そこから人類の姿について、
7点の絵と空間によって辿る。



続いては

関東での外部企画です


阿部瑞樹 日本画展 【生機物】ikimono
伊勢丹浦和店 7階美術画廊
2017年4月26日(水)~5月2日(火)

※作家在廊予定 4月29日(土)~5月1日(月)





現代の生活の中でとても身近になった自動車。

生物学的に生きているわけでもなく、

何か言葉を発するわけでもないけれど、

ふとした瞬間にまるで生きている物のように
感じることがある。

そんな「生機物」を絵に描いて表現したい。


----

今年の阿部君は大忙しです。
こののち6月・岡山にて個展
8月広島にて個展・・・・・


彼のikimono【生機物】が各所で見れます!
こうご期待ください!!


続きまして外部企画ですが、、、
本番は5月なのですが、4月のゴールデンウィーク
前からプレビューを実施する予定です。


【手のひランド】

会期:2017年5月17日(水)→5月30日(火)
会場:あべのハルカス近鉄本店
   タワー館11階 美術工芸品売場



上記期間が本番ですが、そのプレビューとして
4月26日(水)から一部作品を展示いたします。





遠藤良太郎 釜匠 太田夏紀 岡部賢亮 公庄直樹 佐野暁

以上6名の手のひらサイズ?の可愛い作品たちの
特集です。

2週間の催事期間中土日中心に、各作家が売場にて接客する
予定です。




-------------


最後ですが

BAMI gallery企画

4展 Shiten Round7 
2017.04.26 (wed) - 2017.05.05 (fri)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休





BAMI gallery2階アトリエの作家4名のグループ展
も今回で7回目となりました。

今回のテーマは

【2022年と2067年】です。


今展はそれぞれの“仮説”を元に表現を試します。


2022年は現時点から5年後、2067年は現時点
から50年後 となります。


5年後は4展参加作家それぞれが30歳~37歳となります。
では 50年後は80歳前後です。


5年先をどう仮説するのか?これはある程度現在の地続きで
想像の 範囲かもしれませんが、ただ激変する時代の流れ、
自らの変化だけ では作品に投下はできないでしょう。
ましてや50年後となると生きているのか死んでいるのか
すら分か りません。


全体を取り巻く状況の仮説から何かを導き出す、それは
社会状況と の接合点がなければこの問いは成立しません。
つまり各自の世の中 に対しての仮説が必要です。


この仮説というのは実は難しいのです。しかし、
コンテンポラリー アート領域では実はかなり重要な
ファクターでもあります。


過去の文脈からの劇的な変化をイメージしがちですが、
実際には 先の要素をどう捉えるのか?それがアーティスト
の哲学思想として のダイナミズムであると考えます。
つまり、作家それぞれがある種の宗教的先導者もしくは
領導者とな るような感覚でもあります。


今回のテーマの仮設をどう構築するか?またどの側面から
構築する のか?


今を生きている人が誰も分からない事.


4名の若き作家は2022年と2067年をどう表現をするのか?


■出品作家:釜匠 八木佑介 宮本大地 遠藤良太郎

▲TOP
3月 COMBINE/BAMI gallery スケジュール
3月に入りました。


当月も外部企画及びBAMI gallery企画
盛りだくさんに準備しております。


時系列にてご紹介させていただきます。


先ずは、BAMI galleryにて本日より
スタートいたしました、


阿部瑞樹 モノのあはれ
2017.03.03 (fri) - 2017.03.12 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休




丁度一年ぶりのBAMI galleryでの個展となります。
昨年より取り組んでいる生き物と工業製品を組み合わせる
スタイル、工業製品・特に自動車のミニマルな一面を切り
取り細密な描写にて阿部独特の物語をつむぎだすスタイル
と、それぞれに大きく進化しております。





COMBINE 阿部瑞樹 「モノのあはれ」プレスリリース by COMBINE on Scribd




尚、この展覧会は4月26日(水)より開催予定の
伊勢丹浦和店さんでの個展プレビューも兼ねております。


伊勢丹浦和店さんでの個展情報に関しては
もうしばらく後に詳細をお伝えいたします。



つづいては、同じくBAMI gallery企画



プレビュー展
宮本大地 「小さな大海に向けて」
2017.03.14 (tue) - 2017.03.19 (sun)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
期間中無休




この企画も、阿部企画と同様


4月6日(木)から広島福屋さんにて宮本の第二回目の
個展を開催させていただくプレビュー企画として位置
づけております。


宮本大地 「小さな大海」
2017.04.06 (thu) - 2017.04.12 (wed)
at 福屋八丁堀本店7階ギャラリー101
10時~19時半(最終日は5時閉場)



遠方での開催のため、出品予定の一部作品を
事前にご紹介させていただきます。



COMBINE 宮本大地 「小さな大海」@福屋八丁堀本店7階ギャラリー101 プレスリリース by COMBINE on Scribd





昨年好評を博した宮本大地デビュー個展


今回は早い時期より広島各所を取材し自らの
作品世界に取り込み臨みます!


こうご期待ください!



続いては外部企画ですが、
先月より先行にて紹介に取り組んで
いただいております、


釜 匠 個展 「共棲」(きょうせい)
■2017.3.22 (水) - 3.27 (月)
■10:00~19:00(最終日は17時閉場)
■福山天満屋 6階 アートギャラリー




釜匠 初の広島での個展となります。


かなり幅広い内容の作品世界で臨む予定です。


事前紹介においてもかなりの好感触を得ており
満を持しての個展開催となります。


お近くの方、またご興味のある方は是非覗いてください。
釜匠も私も全日在廊予定です!!


続いて全くの同日開催となります外部企画


─コンポラサーカス─ 若手現代美術作家展 Vol.2


会期:2017年3月22日(水)~3月28日(火)
場所:山口井筒屋 美術画廊
〒753-0086 山口市中市町3番3号
083-902-1111 (代表)






この企画も第二回目となります。
新たに加わったCOMBINEの新星、太田夏紀・岡部賢亮も
初参加!

COMBINE・Artist全員の作品が一堂に介します!


COMBINE コンポラサーカス 若手現代美術作家展vol.2 プレスリリース by COMBINE on Scribd




最後にBAMI gallery企画ですが、
3月最後の31日よりスタート!


公庄直樹 「囁くものたち」
2017.03.31 (fri) - 2017.04.09 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休





夜、家に帰ると表札灯に蛙が数匹集まってきている  

ふと窓を見るとヤモリがじっとへばりついている  

彼らの無言の囁きが僕を満たされるような気持ちに
してくれる  

今この瞬間もどこかで生命が囁きあっている
 
そう思うと僕は木を彫らずにはいられない





丁度一年ぶりの第二回目の個展です。


これまでとは格段に違う
公庄木彫の世界。


研ぎ澄まされた彼独特の感受性から生まれる


生き物たち!


こうご期待ください。





▲TOP
小橋順明展 『気配』スタートいたしました!
22日(水)より

陶彫と平面作品
小橋順明展 『気配』
2017.02.22 (wed) - 2017.02.28 (tue)
at 岡山天満屋 5階 美術ギャラリー

スタートいたしました。

初日、地元メディア

OHKさんRSKさん山陽新聞さんが取材に
来てくださいました!

















RSKさん放送



▲TOP