RECENT POSTS
4展終了のお知らせと”新グループ展”証展”“起展”の発足のお知らせ




COMBINE/BAMI galleryでは、上記表題の展覧会を起案し
発足することにいたしました。

これまでCOMBINE/BAMI gallery2階アトリエ使用者4名
による研鑽・研究を主旨とする定期的グループ展“4展”
を開催してきましたが、先般の第10回をもってこの
グループの枠組みを発展的に解消し、現在、
COMBINE/BAMI galleryの仕事に参画してくれている
4展以外の作家を加え、新たな研鑽研究の定期的
グループ展を発足することにいたしました。


上記表題から理解いただけると思いますが、二つのグループ
を構築いたします。


平面作家のグループ“証展”立体作家のグループ“起展”と
区分けし、それぞれ定期的に一つのテーマを基に、それぞれ
の表現を駆使し発表を行う事を主眼といたします。


そのテーマとは、今時点の最高傑作にて展覧に臨むという
事です。そこにはこれまでとは明らかに違うテクニックで
あったり、内容、文脈等々、とにかく新機軸を打ち出す。


逆に言えばご覧頂く方からは、このグループ展に出品
するCOMBINE/BAMI galleryのアーティストの今の最高
が見れるという展覧会になります。


この二つのグループ展の主意は、それぞれの表現の可能性
を客観的に与えられたテーマより、各々の解釈により主体
的表現活動に活かすという事を考えています。


証展は、釜匠、八木佑介、宮本大地、阿部瑞樹、松本央
以上5名で構成されます。

起展は、小橋順明、佐野暁、公庄直樹、太田夏紀、岡部賢亮
以上5名にて構成されます。






音読みとしては“しょうてん”焦点・笑点・衝天、、等々
意味は違えど音が同じから重ねる感覚もあり、訓読みと
しては“あかしてん”=あかしという事になります。


どちらかと言えば、このあかしから来ています。証明や証拠、
症状、などが一般的なイメージの漢字ですが、仏教において
は正法を修得して真理を悟ること。悟りを得ること。


「灯(あかし)」と同語源》であり、ある事柄が確かである
よりどころを明らかにすることと意味します。又、キリスト教
においては、神様から頂いた恵みを人に伝えることを
「証(あかし)をする」と言い、似た表現に、「分かち合う」
という言葉があります。これは少人数で深く話し合うような
場合に使われ、大勢の人の前で、発表する場合は「分かち合い」
ではなく「証」または立証というのが一般的らしいです。


これらの意味からイメージし、芸術家としてこの時代のこの
時期、そしてこの島原で偶然にも出会ったもの同士、様々な
事を考え苦しみ、しかしながら活き活きと生きた証となす
為のネーミングとしてこの“証”という一字を考えました。






この字を選んだのは、私の好きな言葉“草莽崛起”
(そうもうくっき)から来ています。

この言葉は幕末の思想家・吉田松陰から高杉晋作に
引き継がれた革命思想です。志を持った在野の人々
が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようと
することを意味しています。つまり草むらのような
過酷な場所から立ち上がるという意ですね。

“起”という言葉は、おきる。たつ。立ちあがる。
おこす。はじめる。おこる。おこり。はじまり。

かがんでいる”己“が起き上がる様を現すこの言葉に、
現状からの今後に対しての想いを込めました。



***********



今、構想している年間会期スケジュールは平面3回、立体2回。
どちらも12月末から1月初めはCOMBINE/BAMI gallery島原移転
の周年展として同時開催(VS企画)を構想。



つまり、“証展”“起展”ともに第一回展は本年12月末から
1月になりますので、こうご期待ください。




▲TOP
7月の予定
7月も外部企画は満載です!

各所でCOMBINE/BAMI galleryのアーティスト
が発表しております。お近くの際はぜひお立ち寄り
ください。


すでに先月の6月27日(水)からスタート
しておりますが、7月10日(火)まで開催中
ですのでぜひお見逃しのないように。
7日8日は八木佑介在廊予定です。

八木佑介 午前二時
2018.06.27 (wed) - 2018.07.10 (tue)
at 日本橋三越本店 本館6階 アートスポット






つづきまして
昨日よりスタートいたしました

岡部賢亮の松坂屋名古屋店さんでの展開
アンテナプラス・アートという新スペースにて
紹介いただいております。岡部賢亮の百貨店ソロ発表
としてはデビューとなります。






つづきまして
翌週同じスペースにて大田夏紀も展開していただきます。





大田夏紀と同期間、別会場にて小橋順明の作品を
特集していだきます。

松坂屋名古屋店 ファインアートコレクション内
小橋順明 特集
2018.07.12 (thu) - 2018.07.17 (tue)
at 松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール



小橋作品、名古屋初登場となります。
会期中、小橋と私終日会場にいる予定です。


続きまして西日本の企画に佐野暁が参加いたします。



伝統的な工芸品の展示即売会の会場にて
現代美術・現代漆アーティストとして紹介
していだきます。


最後ですが、

7月25日(水)より

あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー
にて同時2企画開催させていただきます。

宮本大地 洋画展 「あふれる世界」
2018.07.25 (wed) - 2018.07.31 (tue)
at あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー




公庄直樹 木彫展 「木から生まれる」
2018.07.25 (wed) - 2018.07.31 (tue)
at あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー



▲TOP
6月の予定
6月の予定・・・・

かなり過ぎてしまいましたが・・・

当月は後半に外部企画が集中します。

前半は、

もうすでに始まっていますが、

昨年好評で第二回目の開催となります。






釜匠 太田夏紀 「スキマのケモノⅡ」
2018.06.11 (mon) - 2018.06.18 (mon)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


京都精華大学出身の先輩後輩。洋画と陶芸という分野
は違いますが お互い生物と人間の関係ををテーマに
した制作から意気投合。 昨年第一回目を開催し好評
を博しました。



作品制作のアプローチは お互い全く違いますが、
二人の展覧空間は愉快なリズムを醸し出し、 ほんの
少し寂しさを感じたり、時として怒り怖さも感じます。
愛玩物 としての生物の再現ではなく、人々の生活の
スキマに潜む彼らが捉え たケモノ達=真の生物の
生態をぜひご覧ください。























この企画は6月18日(月)まで開催しております。


------------


続きまして外部企画ですが、



太田夏紀 陶展 『あしもとの僕』
2018.06.20 (wed) - 2018.06.26 (tue)
at 阪神梅田本店9階:阪神美術画廊
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/map/index.html/

阪神梅田本店 〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号 
電話 06-6345-1201


どこか丸みを帯びた、野生を感じさせない生き物達に魅力
を感じて作品を制作しています。 可愛らしいような、
儚いような、そんな彼らの存在を、 固く焼きしまった
無機質な焼き物で、"生"を感じられるような作品を作り
たいと思います。







------------


続いて、今年のアートフェア東京で初めて
東京で作品発表した八木佑介の本年2回目の
東京での作品発表です。


八木佑介 午前二時
2018.06.27 (wed) - 2018.07.10 (tue)
at 日本橋三越本店 本館6階 アートスポット
https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html

103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1電話番号03-3241-3311


1991年京都府生まれ。京都造形芸術大学大学院修了。
日本画材による点描描写で人々の寝静まった午前二時
の都市風景を描く八木佑介氏。暗闇に浮かぶ灯りなど、
ありふれた風景にある人類が築き上げてきた文明から
人間の在り方を問いたいという若手作家が見つめる
世界をお楽しみください。








---------------


続きまして、
宮本大地、山陰での初個展です。



宮本大地 『あふれる世界』
2018.06.28 (thu) - 2018.07.04 (wed)
at 一畑百貨店松江店 5階工芸サロン
http://www.ichibata.co.jp/dept/parking/

〒690-8555 島根県松江市朝日町661
TEL.0852-55-2500
営業時間 10:00~19:00





▲TOP
2018人工UMA展・作品プロファイル
30日(水)よりBAMI galleryでは2回目のUMA展(未確認生物)
を開催する。





人工UMA展
2018.05.30 (wed) - 2018.06.10 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


---------------


今回はUMAというタイトルの前に人工とつけて内容の変化を図
りました。もともと、このUMA展を私が考えたきっかけは、
2016年7月26日発生した相模原障害者施設殺傷事件に衝撃を
受けたことだった。


この事件の犯人が犯行に及んだ動機として発した言葉
『障害者には生きる価値がない』に、私はこれまでに感じた
事のない衝撃を受けたことが始まりでした。


生きる価値・・・価値・・・・それは一体なんなのか?
生命の価値とは、どのように考えればいいのか?
逆に価値がないというのはどういう事や様態を意味するのか?
そうなると価値そのものも分からなければ、その価値が高い
とか低いという言葉の存在まで含めて考えるならば、
何が高くて何が低いのか?全てが分からなかった。


社会を構成する労働生産性だけが価値なのか?それが基準
なのか?この事件を切り口にその後の様々な反応から窺え
たのは、差別や偏見、それらを許容する多様性やそんな事
だったが、実はこの凶行を肯定するわけではないが、この
凶行の中にある考えが“ホンの僅か”社会の中に存在する
ということまでが感じられる反応があった事にも改めての
衝撃を受けた。


我々が普段感じている、もしくは当たり前のように捉えて
いる言葉としての“命”とは一体如何なるものなのか?
そんな単純な疑問から第一回目のUMA展(未確認生物)を
企画しました。


未確認生物なるものが、仮に存在したとして、その命は
どのように守られてきたのか?又我々の日常と何ら関係
ない、ある意味“認められていない命”しかしながら厳然
と存在してきた、そういった生物が持つ我々や社会との間
の関係性?とは一体何か?そんな事から、普段全く関わり
のないモノがもつ?もしくは存在するという事が、自らも
構成員たる社会や、もっと大きく言えば自然界にとっての
光景やその中にある感情とは如何なるものなのか?
を浮き彫りにできればと考えました。


第一回目は好評でした。地元新聞各社が取材に来てくれ、
興味をもった方々も多数お越しいただきましたが、ある一人
の芸術家に各作家の背景が脆弱だとの指摘を受けました。


確かに、ある仮定をそれぞれが組み立てるのですが、
それは主体的な感覚の発露というよりも、未確認生物を
客体化した観察という視点が、描く作家の主体性を希薄化
していたのも事実でした。


平易に言えば、観客的視線でレポートしていたという事です。


正直、私が企画した時点でも各作家の個性からつむぎ出そう
としたわけではなく、上記趣旨を基に、それぞれに任せた感
はあったので、この鋭い指摘は痛いところを突かれたなと
正直感じました。


当方が本来目指すべき各作家の内面的な面白さはなかった
訳ではないですが、企画内容と包括の威力に少し負けた感
は否めなかったのでした。その時から二回目をどのように
するのか?は考えていました。


早い段階で各作家には2回目の企画書を渡しており、その時
の仮タイトルが“人工UMA展”でした。それは単純に、
皆さんが今回は未確認生物(有機・無機関わらず)を作り出
してくださいというのが主意でしたが、その後もよくよく考
えれば、現在AI等、少し相似性のある社会の関心事と重なる
部分もあるか?と思い直し、タイトルは仮題からは変更せず
人工UMA展といたしました。


今回は、各作家の強烈な主体性、創作活動のテーマ、人生観・
社会観から作品を紡ぎ出すという事が中心です。私の企画に
対して彼らがそれをどう料理するかの闘いでもあります。


それ故に、第一回目よりも、より各作家の作品は面白さを増し
ております。又、其々が考える、未確認生物=認められてい
ない命の存在や、彼らが視る、人間・社会のエゴイズムや
身勝手など、様々な視点が感じられより面白さを増している
ことは間違いありません。



精魂込めた各作家の一作一作から様々な事を感じていただけ
れば、企画者としては嬉しい限りです。ぜひご興味お時間の
ある方はご覧いただきたいと切に願います。


--------------

以下は、今展の各作家の作品プロファイルです。



COMBINE 2018 人工UMA展 プロファイル by COMBINE on Scribd






-------------------

プレスリリース


COMBINE 人工UMA展 プレスリリース by COMBINE on Scribd



▲TOP
松本央 『私淑の憧憬』 作品公開
来週木曜日17日より約一年ぶりに松本央の個展を開催いたします。
今回はタイトルが示すとおり、自身が私淑するレンブラント
及びレンブラント派(模写)を座標に作品を構成しております。




レンブラント『織物商組合の幹部たち』模写
2018 F10 45.5×53㎝ oil on panel




レンブラント派「部屋で佇む男」F8 45.5×38.0㎝
oil on canvas


上記2作品は模写です。




「薔薇図」F6 41.0×31.8㎝ oil on canvas



レモンのある果実図 F4 24.2×33.3cm oil on canvas 



3つの果実 F3 27.3×22.0㎝ oil on canvas 



貝殻図 F4 24.2×33.3cm oil on canvas



卓上の苺 F3 22×27.3cm oil on canvas



ピンクのチューリップ F6 31.8×41.0㎝ oil on canvas



芍薬図 F4 24.2×33.3cm oil on canvas

▲TOP