RECENT POSTS
FUKUYA FINE ART COLLECTION
先般の8月企画の報告では

まだ詳細報告ができませんでしたが、

8月27日(木)より福屋八丁堀本店 7階催場にて
開催されます、FUKUYA FINE ART COLLECTIONに

COMBINE/BAMI galleryは参加いたします。

10名の作家の作品を展示する予定です。

小橋順明は特集ブースにて紹介させていただきます。

尚、会場には、小橋順明は全日
土曜日曜日は釜匠と岡部賢亮がおります。






▲TOP
8月予定とZERO HOUR exhibition
8月のスケジュールですが、

久しぶりにBAMI galleryにてのグループ展を開催
いたします。

そのほか、外部企画としては2企画開催予定です。

先ずは、久しぶりのBAMI galleryでのグループ展
から紹介したいます。




ZERO HOUR exhibition

2020.08.06 (thu) - 2020.08.19 (wed)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊



ZERO HOURとは、決定的瞬間を意味します。 軍事、
特に第一次世界大戦で予定攻撃開始時間に使用されたり、
又ロケットなどの 予定発射時間、重大時期,決定的瞬間
という意味になります。

ゼロアワー‐システムと呼ばれるものもあり、放送局が
1日24時間連続して放送 を行うようにする編成のやり方。
突発事件の発生にも対応して放送できる。

民放にとっては1日の全時間帯をスポンサーに売ることが
できるようになる。

0号という規格・既製における最小のサイズにて、各作家
がこのZERO HOUR から創意を手繰り寄せ、自らの決定的な
作品(瞬間)、及び自らの攻撃性 を暗喩するような作品
を創造いたします。

0号という意味には、慣例として、完成形を1号とし、
その前段階のプロトタイ プ型という想定も含まれて
います。このZEROというワードを自らの制作に置きかえ
表現いたします。


------------------


2020年・・・・いわゆる、後世から見れば、2020年代
の始まりとなりますが、大変な時代の幕開けとなり
ました。過酷な新たな時代の幕開け=ZEROという時点で
各作家が自身の作品と向き合います。


-----------------


今回は、リアルな展示と連動し、以下サイトにても
作品の詳細をご覧いただけるよう準備いたしました。
又、お求めもできるようになっております。

作品詳細はもちろんですが、各作家の作品に対する
考え方も掲載しております。

ぜひご覧ください。


画像をクリックしていただきますとページに
ジャンプいたします。

↓↓↓ クリック!!





---------------------



続きまして外部企画です



「夜のオウム」サイズ:21×12×14cm 素材:陶土




太田夏紀展「あの子」
2020.08.12 (wed) - 2020.08.18 (tue)
at 阪神梅田本店9階:阪神美術画廊
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/map/index.html/

阪神梅田本店 〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号
電話06-6345-1201


こどもをモチーフにした作品を焼き物で制作しています。
少し遠くにいるあの子を知るために、いろんなものを身に
まとった作品を是非ご高覧ください。



「パンツをはいた子」20×24×18cm/陶土




「散歩」24×21×14cm/陶土


「ケセランパサラン」20×25×33㎝/陶土


「くじらの寝床」21×18×17cm/陶土


------------------





松本央 油彩展「うみかぜ」
2020.08.26 (wed) - 2020.09.01 (tue)
at 福山天満屋 6階 アートギャラリー
https://www.tenmaya.co.jp/fukuyama/access.html

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)


私は絵の題材を探しに様々な場所に取材へ出かけます。
今回は福山を基点として取材させていただき、 多くの
美しい風景と出会うことができました。

瀬戸内海に吹く海風が、文化と歴史を発展させてきたように、
私の普段の作品と取材した風景の作品とを結び、 また新しい
風を生みだす場所となれば嬉しく思います。

▲TOP
7月の予定
7月に入りました。

当月の予定ですが、

6月末から引き続き外部企画中心となります。

先ずは本日7月1日(水)からスタート



八木佑介「都市に自然」
2020.07.01 (wed) - 2020.07.06 (mon)
at 福山天満屋 6階 アートギャラリー
https://www.tenmaya.co.jp/fukuyama/access.html

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)


都市を眺めれば眺める程、都市に依らないものに気付く。
例えば変わり続ける空、夜を占める闇、それらと都市は
どのように関わり合っているのか。元は隔たっていな
かったはずの人工物と自然とをあらためて重ねる風景
には豊かさと空虚さが同居する。人間性を追い求めな
がらも、人間には不釣り合いになっていくかのような
都市の姿から、今に生きる私達の肖像を描きたい。


※3年半ぶり3回目の福山天満屋での個展です。


続いて


同時開催です。





ゆめごこち 佐野曉 漆展
2020.07.08 (wed) - 2020.07.14 (tue)
at あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

〒545-8545
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話(06) 6624-1111(代表)


うとうとと眠りに落ちる、意識と身体がとろりととけていく
ようなまどろみの時、おぼろげな夢を見る艶めくいきものたち、
そんなゆめごこちの姿を漆のかたちに表したい。






公庄直樹 木彫展 「夢みる彫刻」
2020.07.08 (wed) - 2020.07.14 (tue)
at あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

〒545-8545
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話(06) 6624-1111(代表)


安らかな眠りほど心を満たしてくれるものはない。
それはヒト以外の生き物にも共通しているに違いない。
彼らが眠りの中で見る夢には一体どんな光景が写し
出されているのだろう。


続いて





岡部賢亮 桐塑展「桃源郷」
2020.07.09 (thu) - 2020.07.15 (wed)
at 福屋八丁堀本店 7階ギャラリー101
https://www.fukuya-dept.co.jp/honten/access/

〒730-8548 広島市中区胡町6-26
TEL 082-246-6111(代)


日々の暮らしの中で気にも留めないことに美しいと思える
瞬間がある。 朝一枚の葉に降りている露や晴れているのに
降る雨、窓に差し込む金色の光など、それらは誰の目にも
触れられなくとの確実に存在していて、きっとそれを
桃源郷と呼ぶのだろう。






松本央 【色彩のレコード】
2020.07.09 (thu) - 2020.07.15 (wed)
at 京阪百貨店 守口店 6階京阪美術画廊
https://www.keihan-dept.co.jp/moriguchi/shopguide/

〒570-8558 大阪府守口市河原町8番3号
TEL:06-6994-1313(代)


私は西洋の古典画家に憧れて画家を志し 目に映るものだけ
でなく、自分が感じたものをできる限り描くという姿勢で、
これまでにいろいろなものを描いてきました。 留めておく
ことができず、忘れ去りそうになるものを、 色彩に変換し
画面に記録するつもりで描いています。 音を振動に変換
するアナログレコードのように、私の作品に記録された
ものを 聴いてもらえると幸いです。



最後に


小橋順明、松坂屋名古屋店ファインアートコレクションに
2年ぶり2回目の出品をいたします。




Fine Art Collection 松坂屋名古屋店
2020.07.16 (thu) - 2020.07.21 (tue)
at 松坂屋名古屋店 南館8階マツザカヤホール
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/garou/schedule.html

各日10時〜19時 最終日は16時閉場

〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号

052-251-1111


このたび松坂屋名古屋店では、近・現代の巨匠から新進気鋭
の作家まで、多彩な美術作品を一堂に集め、「ファインアー
トコレクション」を開催いたします。 全国最大規模を誇る
豊富な品揃えは、必ずやご満足をいただけるものと存じます。
皆様のご来場を心よりお待ち申しあげます。

▲TOP
6月の予定
6月も一週間が経過いたしました。

4月、5月と自粛していた世間も動き出し、
COMBINE/BAMI galleryも徐々に企画を始動しています。

特に、この2か月予定されていた外部の企画
百貨店での企画は全てが中止となりましたが、
6月からはほぼ再開しております。


私も現在名古屋におります。

では、時系列順にて当月の企画をご報告
いたします。


当月3日(水)より、すでにスタートしています、


佐野 曉 漆展 まどろみ
2020.06.03 (wed) - 2020.06.09 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111


--------------


佐野 曉の名古屋松坂屋での個展は、7年ぶり2回目の
開催となります。










この企画は明日6月9日(火)までです。



**************


続いては、BAMI galleryでの個展企画となります。


宮本大地 -中空散歩-
2020.06.12 (fri) - 2020.06.21 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊






「中空散歩」F50(91×116.7㎝)アクリル

ここは中空の世界。 様々な物が繋がって重なって
成り立っている。
膨らみ続ける世界をただただ軽やかに散歩していたい。



「アスレチックエンジン」F3(22×27.3㎝)アクリル


「ヨタハチBOX」F10(45.5×53㎝)アクリル


「Free BOX 」F6(31.8×41㎝)アクリル


「境目」WSM(15.8×45.4㎝)アクリル


「ゲレンデライト」F4(33.3×24.2㎝)アクリル


**************


続きまして


松本 央 油彩画展-Sunny road-
2020.06.17 (wed) - 2020.06.23 (tue)
at 山陽百貨店 本館5 階 美術画廊
https://www.sanyo-dp.co.jp/access/index.html

株式会社 山陽百貨店
〒670-0912
兵庫県姫路市南町1番地
代表電話:079-223-1231


松本央の姫路初個展になります。




私は住んでいる京都を起点に様々な場所へ取材へ出かけます。
今回も姫路を中心に取材させていただき多くの美しい風景と
出会いました。 京都と姫路とを結ぶ山陽道の名のごとく、

今回の展覧会が私の普段の制作と道中出会った風景とが集い
「陽だまり」のような場所となれば幸いです。



「白鷺城」パネル,キャンバスに油彩 F30 727×910mm 


「コスモス畑のある里」パネル,キャンバスに油彩
F10 455×530mm 


**************


最後ですが、岡部賢亮の岡山初個展です。





岡部賢亮 桐塑展 『臆病な妖精』
2020.06.24 (wed) - 2020.06.30 (tue)
at 岡山天満屋 5階 美術ギャラリー
https://www.tenmaya.co.jp/okayama/map1.html

〒700-8625
岡山市北区表町2丁目1番1号
TEL:(086)231-7111(代表)


■プロモーションビデオ




■ポートフォリオ





























▲TOP
”アマビエ”企画スタートと販売サイト
現在、アートコレクターズ No.135 2020年6月号
にてアート作品を買うことができる大誌上頒布企画が
開催されていますが、特に「アマビエ」の企画が大変
好評だと聞き及んでいます。


そこで、



当COMBINE/BAMI galleryにても、「アマビエ版画」の
企画をWeb上にて展開いたします。又、作品の詳細を
ご確認いただけ、お求めいただける専用の販売サイトも
今回オープンさせていただきました。


COMBINE/BAMI gallery「アマビエ」企画にて
釜匠と阿部瑞樹がアマビエの版画を制作しております。



釜匠は、アートコレクターズ No.135 2020年6月号
大誌上頒布にて特集された「アマビエ」企画出品の
F4号の原画をベースに等倍サイズにてジクレー版画を
制作いたしました。





釜匠-アマビエ- 版画(Giclée Print)
エディション数30部(作家サイン入り)
版のサイズ 333×242mm (F4)
額のサイズ 527×411×25mm (H×W×D)



************



阿部瑞樹は、メディウム剥がし刷り技法にて3種類の
アマビエ版画を制作いたしました。

※メディウム剥がし刷り技法については、後述の
販売専用サイト内に搭載していますYotubeにて
技法を紹介しております。





阿部瑞樹 -アマビエ- (メディウム剥がし刷り版画)
エディション数10部(作家サイン入り)
版のサイズ 233×147mm
額のサイズ 396×304×22mm (H×W×D)




阿部瑞樹 -海の底から- (メディウム剥がし刷り版画)
エディション数10部(作家サイン入り)
版のサイズ 233×147mm
額のサイズ 396×304×22mm (H×W×D)




阿部瑞樹 -ひょっこり- (メディウム剥がし刷り版画)
エディション数10部(作家サイン入り)
版のサイズ 233×147mm
額のサイズ 396×304×22mm (H×W×D)


**********


以上の4作品を、先にご紹介いたしました
専用の販売サイトにて詳細を掲載しております。

サイト内にて作品の詳細(Youtube)のご確認と
ご興味のある作品に関してはお問い合わせは
もちろんの事、ご購入もできるようにしております。

これまで、主に展示会を通じて作品を流通してまいりました
が今後もその基本は変わる事はありませんが、加えて、
この新しい販売サイトにてもCOMBINE/BAMI galleryの
アーティストの作品を紹介させていただこうと考えております。


ぜひ、一度、新しいCOMBINE/BAMI galleryの販売サイト
を覗いてみてください!





※画像をクリックしていただければ、販売サイトに
直接”リンク”しております。


クリック

↓↓↓




▲TOP