RECENT POSTS
宮本大地 ノスタルジアとサウダージ以上に!
先般BAMI galleryで企画した【after90 平成最初の方の人たち】
において、宮本君が書いてくれた文章のある箇所に私はもの
すごくひっかかったというのか?ハッとさせられた・・・


**************



宮本大地:1991年生まれ


僕は誰でも見たことのある場所やモノの中に小さな世界を
造りあげる作品を描いている。


そこには、現代にあるモノ、過去にあったモノ、現実には
存在しないモノ、様々なモノが自由に組み合わさり詰め込
まれている。そこに表れる世界は、自分の人生の蓄積に
よる世の中の見え方の様に感じる。


作品を描けば描くほど、自分がどういう人間なのか、
何に興味があるのか、自分の人生がどう作品に影響を与え
ているのかが見えてくる。?


1991年生まれ、景気が不安定になる中、両親の共働きも
当たり前となっていた。そのため幼少期は祖母と過ごす
時間が多く、1番初めに絵を描く事を教わったのも祖母
だった記憶がある。


遊び道具はもっぱらミニカーにプラモデルにオモチャの
ロボット。それらを使って自分だけの小さな世界を作り、
没入していた感覚は今の作品と大きく繋がっている。


小中学校の頃には世の技術もどんどんと向上し、身の回り
には小型ゲーム機やノートパソコン、携帯電話、ウォークマン。


モノのハイテク化が進む中で、自分も当たり前に順応して
いると思っていたが、どこかで置いていかれている感覚、
便利になりすぎる事への怖さを持ち続けていた。ネットが
発達し、世の人たちの世界が広がり続ける中、自分の望む
世界は幼少期にオモチャを使って遊んでいた様な、自分の
視界におさまる小さな世界、人と人との温もりを感じる
昔ながらの世界だったのだろう。


そこに感じるズレの中で生まれた過去のモノに対する憧れ
や興味が作品のモチーフの選択に表れている。旧車や
黒電話やレコードなど、自分が生まれる前に活躍していた
モノたち。


そこには作り手の温もりを感じ、憧れを感じ、知らない
からこそ魅力を感じ、自分の理想を重ねる。その世界に
こそリアルを感じ、作品に残したい。描き続ける事で
自身を掘り下げ、理解し、また描き続ける。


*************


以上が、彼が今の作品制作に至る自らを掘り下げた文脈
なのだが、、、、私が気になった箇所は、、


『旧車や黒電話やレコードなど、自分が生まれる前に活躍
していたモノたち』


この”活躍”という言葉に大きく魅かれた。。。。


所謂、ノスタルジアやサウダージという言葉が大きな
面積として内包できるのだろうが、、ややそれとは違
うなんとも言えない良い香りが文章から立ち上がって
いた。


ノスタルジアとサウダージをwikiでは以下のように
書いている、


************


人が現在いるところから、時間的に遡って過去の特定の時期、
あるいは空間的に離れた場所を想像し、その特定の時間や空間
を対象として、「懐かしい」という感情で価値づけることを
いう。


通常は、時間的に未来がその対象とされることはなく、
また対象の負の部分は除外され、都合よくイメージが再構成
される場合が多い。


なお、本人がその時間や空間を実体験したかどうかは必ずしも
問われず、第三者からの情報にもとづいて想起し、さらに自己
の創作した想像を加え拡大しこの感情を持つことも可能である。
また、過去や異空間からもたらされた特定のものや人物に即し、
これを媒介としてこの感情を持つこともある。



サウダージとは、郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合い
を持つ、ポルトガル語およびガリシア語の語彙。ポルトガル語、
およびそれと極めて近い関係にあるガリシア語に独特の単語と
され、他の言語では一つの単語で言い表しづらい複雑なニュア
ンスを持つ。


単なる郷愁(nostalgie、ノスタルジー)でなく、温かい家庭
や両親に守られ、無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分へ
の郷愁や、大人に成長した事でもう得られない懐かしい感情を
意味する言葉と言われる。だが、それ以外にも、追い求めても
叶わぬもの、いわゆる『憧れ』といったニュアンスも含んでお
り、簡単に説明することはできない。



***********


宮本君の絵のエンジンは上記言葉をガソリンにしているのは
間違いないが、ただそれだけでもない。私は彼の文章の、、
この”活躍”という言葉に大きく魅かれた。。。。


あぁ、、そうだよな、、キラキラと輝いていた時間。。。


全てには成り立ちが存在する。今が突然現れた訳ではなく、
道程があり、それをリアルタイムで感受していなくても、
その活躍の芳香を誰しもが嗅ぐ事ができる。それらがキラキラ
していた時間、、そして活躍していた証・・・・


私のギャラリーが今後大いに目指さなくてはならないものとは、
私のギャラリーでしかお見せできない企画であり、それは
先般企画した、


after80.90でそれぞれが自らの文脈を深く掘り下げたものを
源泉として、敢えて僅かな日数で伝える作家其々の明確な
プロットによって構築された物語を企画しなくてはないらない。





つまりそれはギャラリーでしか見ることができない、作家の
もっとも濃いエキスであり、私のギャラリーの存在価値に
つなげるべきものだと感じている。。



さしずめ宮本君の個展はその第一弾となる。


通常の彼の作品から、一歩前にでて主語・作家主体を司る
ロボットを挿入し物語を構築してくれたのもその一環から
である。


そして儚くも作品単体はその後も私の商売としての流通上
には存在するが、彼の今回紡ぎだしてくれた物語とその
物語の空間は僅か9日間しか存在しない。



それが今回の企画の最大の要諦だ!!



-----------------





宮本大地 「時屋敷-ロボットの旅-」
2017.11.16 (thu) - 2017.11.24 (fri)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休

▲TOP
11月COMBINE/BAMI gallery予定
10月も終わりに近づいてきました。

先般の釜くんのアート台北の個展も無事
終了し、まずまずの成果が出たのではないか
と、、ホッとしております。

私も釜くんもそれぞれに課題が見つかり、
帰国の翌日には早速打ち合わせをした次第です。

まずもってこの企画にご協力いただいた
皆様には感謝しております。この場を借りて
御礼を申し上げます。

誠にありがとうございました。

さて次月ですが、

月初は、小橋くんの特集を岡山天満屋・高松出張所
さん主催のホテル催事で組んでいただきます。






**********


その後ですが、約一ヶ月空きましたが


BAMI galleryにて宮本君の個展企画を開催いたします。


宮本大地 「時屋敷-ロボットの旅-」
2017.11.16 (thu) - 2017.11.24 (fri)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
期間中無休


彼のBAMI galleryでの個展企画は、2015年7月の
宮本大地 solo exhibition ヒミツ基地ノヒミツ以来
約2年ぶりとなります。


ここ最近は百貨店の個展企画が多かったのですが、
久々のBAMI galleryの個展、


商業施設とはテイストの違う個展


つまり、BAMI galleryでしか見ることの
出来ない個展企画を彼と二人練り上げました。


























COMBINE 宮本大地 時屋敷 ロボットの旅 プレスリリース by COMBINE on Scribd




▲TOP
釜匠 個展 アート台北2017



ART TAIPEI 2017 台北國際藝術博覽會

http://art-taipei.com/2017/en/


COMBINE/BAMI gallery
Takumi KAMA Solo Exhibition
Booth number
FUTURE/P-05


●SVIP Preview
10/19 (Thu) 12:00-21:00


●VIP Preview
10/19 (Thu) 15:00-21:00
10/20 (Fri) 11:00-14:00


●Public Opening
10/20 (Fri) 14:00-19:00
10/21-22 (Sat-Sun) 11:00-19:00
10/23 (Mon) 11:00-18:00


●Venue
Taipei World Trade Center Hall One

http://www.twtc.org.tw/en/e-traffic.aspx

▲TOP
2018年干支 \わんこ盛り!/@あべのハルカス近鉄本店
昨年大好評でした、COMBINE/BAMI galleryの
アーティストたちによる干支コレクションですが、
本年もあべのハルカス近鉄本店美術工芸品売場にて
開催していただきます。







会期は10月4日(水)~10月17日(火)ですが、


本日9月20日(水)より事前紹介を開始していただきます。
本年のタイトルは”わんこ盛り!”です。









これはCOMBINE/BAMI galleryのアーティスト達が
ネーミング案を出し合い投票で決めたタイトルです。
******

※本文下部にネーミング案及び
提案者を記載しております。

******


幾分思い切ったタイトルではありますが、、、


しかし彼らの作品群らしいネーミングではないか?と
感じています。





年に一度の”お祭り企画”そして個展等でお世話になって
いる皆様がたへのご奉仕の意味を込めた内容・価格に設定
しておりますので、ぜひお立ち寄りください。


尚、10月4日からの会期中、土日祝日を中心に各作家も接客いたします!
宜しくお願いいたします。







---------------------

2018年干支 \わんこ盛り!/
会期:2017年10月4日(水)〜10月17日(火)
会場:あべのハルカス近鉄本店
タワー館11階 美術工芸品売場

■アクセス
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

【お問い合わせ】
あべのハルカス近鉄本店・タワー館11階 美術工芸品売場
もしくはCOMBINE office /BAMI gallery まで!

-------------------



因みにですが


11名の作家から各2案出してもらい、其々2票を持って
投票して決めました。ただ選外のネーミングも面白
かったので、以下に記載します。そして上位三位までと
一位二位の提案者の名前を発表いたします。



*********


2018年のわんわんわん!

2018年の戌たちあつまれ!

ワン!ダフル

犬のお祭り

謹賀ワン!!年

干支展 -犬の年-

「いぬのえ」(つちのえいぬを一つにまとめた)

「Wan to Wan」
(マーケティング用語のone to oneから引用、ワンワンの
意味も有り)

ワンワンアイランド

戌の惑星

「Happy New Dog 」

「戌も歩けば2018」

わんダフルわんダーランド

ハルカス犬物語り

ドッグイヤー

戌の集い、犬々諤々

「イヌマミレ」

「ワンコレクション」

【十犬十色】(ジュウイヌトイロ)

【一生犬命】(イッショウケンメイ)

【ここ掘れわんわん】

【い&ぬ】(イ アンド ヌ)

わんこ盛り!(戌作品がてんこ盛り)

百犬聞録「ひゃっけんぶんろく」(百の犬の見聞録)


***********


一位

わんこ盛り!公庄直樹

二位

十犬十色(ジュウイヌトイロ)太田夏紀


三位が激戦でした、獲得票同数で4案です。
※順不同

ワンコレクション 

戌も歩けば2018年
 
ドッグイヤー 

戌の惑星 


▲TOP
after80 after90
after80 昭和最後の方の人たち


スタートしています。


スタート前日の飾りつけの日には
毎日新聞さんが取材に来てくれました。














この企画、私がイメージするものと
実際には少し差がありました。


少し我慢して、決して誘導することなく
出来る限り素直な部分を引き出そうと
心がけました。


その中で、


10名とかなりの時間話すことに
よって想定していた事との差、
改めて分かった事が多かったのも、
イメージしていたこととの大きな差で
もありました。



昭和の終わりと平成の初め



そこに大きな差はさほどありません。


又、今回全員に以下記載する所感が
当てはまるものでもないのですが、
ほんのりと受けた私の印象・・・・



ただ、その世代間をぶち抜くものが厳然と
一本の軸としてあります。特に、テクノロジー
と醸成されていくサブカルチャー(ゲーム含む)
、そして不景気、天災(人災)・・・・


本来、私としては、そこに政治体制、社会体制
というものの”グローニカル”な感覚があるのか?
と期待していましたが・・・・正直それは皆無と
までは言わないまでも・・・ありませんでした。


つまり歴史感覚と言うものに依拠する部分です。


彼らにとっては、それら流動する社会を
伝えるテクノロジーが自らが強烈に刺激された
事象・・・・つまりインターネットという
仮想グローバル空間・・・・仮想空間の出現が
社会変動であり、生活が二分化された、もしくは
二分化された社会に出現したという感覚です。
現実的社会の動きはスクリーン中の出来事・・・・・・


我々にとっても仮想空間の出現は衝撃ではあり
ますが、しかし我々の感覚から言えば、あくまで
地続き・・・・しかし私の受けた彼らの印象からは
隔絶乖離した二分化された社会構造が感じられまし
た。



グローニカルは造語だったと思います。今調べても
おそらく出てこないと思いますが、いつだったか
何かで知った言葉で、ずっと気になってきました。


よく言うグローバルとローカルを合体させた言葉で
言葉とおり、自らのローカライズされた感覚は、実は
グローバルの末端なんだということです。


東西冷戦が終結したことが、日々の生活に追われている
一市民になんの具体的かつ現実的な事象として現れるの
か?などと考えれば、その殆どは感知できないと思います。


しかし、実際には、そこかしこにその影響から
社会が胎動し変化していっているという変化を
捉えるのか否かという事は重要な感覚なんだと
言うことです。


その繋がりを無視し、今という状態だけでの
視線、判断、思考では・・・・


もう少し先に書きますが・・・
その点がどうしても知りたかった、、、、


話は戻りますが、、、


様々な社会的事象、これらから考える彼らは


その衝撃を最初に受けた?世代と暫くしてから受
けた?世代の差。


これは、無かった時の経験値と、すでにあった
事の差ですね。


ただし、これはそうだったと誰もが言い感じる
ある意味、、ウィッキペディア的感覚と言っても
相違ない・・・・


先に述べた二分化された社会



それを感覚的により濃く内包してるのは、
境界感覚なんだな・・・・と改めて感じました。




リアリティーの感受性が、よりリアリティー
を求めれば求めるほど、、内省的なマイクロな感覚
に沈殿していく・・・つまり共感値とは別のメーター
が其々の中に存在する。共感は、、、、ブラウザー
の中で自動的に精製されて、オートマティックに知覚に
組み込まれていく。。。。あえて感受しないのか?
できないのか?その必要がないのか?


率直に言えば・・・・必要がないとしか
感じられませんでした・・・


つまり、著しい情報を垂直構造に組み立てられない
水平構造で感受するため、強烈なリアリティーが
喪失し、その反動として、リアルな自らの生活の中の
まだその奥まったリアリティーに自分を重ね合わせる
という事の特性が見受けられました。ある意味の
イメージ力の源泉の問題????


一体どこに我々の感覚とする社会が存在するのか?



一体我々の感覚とする社会のどの箇所と積極的主体性
を持ってコミットするのか?



ということが、大凡私が受けた印象ではありますが、
、、、、、、、、、、、、、



しかし、これは私の感覚との差でしかなく、、私の
感覚が正しいという軸に立てばそうですが、しかし、
今の現実的な世代の感覚であるならば、それが、この
社会の人的指向の波動かもしれません。



つまり、私と彼らでは背景が違う。
もっと言えば、江戸期の人と私では
隔絶するほどの感覚の差があるでしょう・・・


しかし、敢えて言えば、


この部分だけは譲れない事があります、


成り立ち。


成り立ちに対しての思考だけは
絶対必要じゃないか?と考えます。



つまり、今回の企画の要諦は、自らが
成り立っている、もしくは成り立たせる
という事を起点に、逆算していくという
事の中の考察であると言う事です。



自らの作品を成り立たせている事も
そうですが、もっと言えば、芸術家の
成り立ちとは如何なるものなのか?


なぜ自分は今そこに居るのか?


結論を求めているわけではないのです


カッコウつけることなく


360度さらけ出して欲しいのです。


そして、この企画を


始まりにしたいと考えています。















▲TOP