RECENT POSTS
ギャラリー近くに新駅・梅小路京都西駅が出来ました!
私どものギャラリーの最寄の駅は、


JR嵯峨野線・丹波口ですが、


このたびもう一つ新しい駅が出来ました。


JR嵯峨野線・梅小路京都西駅です。











又、この駅の開業を記念して作られた
ポスターに、当方のアーティスト・八木佑介君の
絵が採用されています。


このポスターは当月25日以降構内に掲示される
予定です。






これから春のお花見シーズン



京都にお越しの際はぜひ新駅を利用して


当、COMBINE/BAMI galleryまで
お越しください。



▲TOP
3月の予定
3月の予定ですが、、、、


すでに半分過ぎています・・・・


前回記載いたしました
アートフェア東京2019

宮本大地展
宮本ビルヂング
-大岩全景-


好評のうち先週の日曜日
3月10日に無事終了いたしました。

今回は宮本君の個展でしたが、ラフプランは10月初め、
構想、制作の絵図、その行程スケジュールは11月初めに
確定し、会期前のプレビューにて最終の微調整を経て
今回臨みました。課題とすべき点は多々ありますが、
総合すると、良いご縁が生まれたかな?と感じています。


ご高覧いただいた沢山の方々には
この場を借りて御礼申し上げます。


誠にありがとうございました。










さて、3月後半戦ですが、当月は外部企画は
4月17日(水)より広島八丁堀天満屋さんで
個展予定の八木君のプレビュー、ホテル催事にて
特集企画が3月17日(日)広島のリーガロイヤル
ホテルであります。


それ以外に関しては当月はBAMI gallery企画が
一つあります。


阿部瑞樹、第3回目のBAMI gallery個展

阿部瑞樹 個展 「水滴モンスター」
2019.03.20 (wed) - 2019.03.26 (tue)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊



約2年近く取り組んでいる水滴シリーズです。
何度も何度も自らと向き合い絞り上げてきた
水滴シリーズ。古画の引用を中心に阿部瑞樹
独特のコンセプトで臨みます。

ぜひご高覧ください。





水は、普段は水蒸気として存在していても見えないが、
霧や結露になって景色をぼかしたり、 雨として降り
その水滴越しの景色は反転したり歪んで見えたりする。



「物事が正確に見えない」


という現象は現代に生きているとよく感じる事がある。
一見様々な物事が可視化されて見えすぎるほど見えて
いるように感じるが、 その実は誰かが切り取って編集
したものだったり、 嘘だったり空虚だったりすること
が多々ある。 不確かな情報社会の姿を昔から人々が
空想してきた 存在不確かなモンスターにたとえ、
どこにでも存在し、映る景色を歪ませる水滴という
モチーフで 描く事で姿形を捉えてみたい。




尚、この企画は




4月3日から 福山天満屋 6階 アートギャラリー
開催されます個展のプレビュー展として位置づけて
おります。



-----------

水のとばり
阿部瑞樹 日本画展
2019.04.03 (wed) - 2019.04.08 (mon)
at 福山天満屋 6階 アートギャラリー
https://www.tenmaya.co.jp/fukuyama/access.html

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)

午前10時~午後7時
毎週土曜日は午後7時30分閉店
(地下駐車場は夜9時まで)


水は、普段は水蒸気として存在していても見えないが、
寒暖の差によって結露としてあらわれて景色をぼかしたり、
雨として降ってその水滴越しの景色は反転して見えたりする。
そこには必ず透明な境界が存在しており、 私はそれを水と
いうモチーフを通して描くことで表現する。 何もかもが高解
像度に見え過ぎてしまう情報社会の中で、 可視と不可視の間
を覗いてみてほしい。

▲TOP
アートフェア東京2019参加いたします
昨年はじめて出展いたしました

アートフェア東京に本年も出展いたします。

本年も昨年同様

東京国際フォーラム ロビーギャラリーProjects
コーナーからの出展となります。

本年は、宮本大地君の個展を開催いたします。






現在、アートフェア東京ホームページ内
のギャラリー紹介ページにて出品予定の
作品を一部公開しております。




↓↓↓

https://artfairtokyo.com/2019/galleries/607




宮本大地展
宮本ビルヂング
-大岩全景-

ART FAIR TOKYO
2019.03.07 (thu) - 2019.03.10 (sun)
at 東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリーProjects【P11】
COMBINE/BAMI galleryブース
https://artfairtokyo.com/


■Opening Hours

3月7日(木)13:00 〜 14:00プレスビュー
14:00 〜 16:00 プライベートビュー
16:00 〜 20:00 ベルニサージュ

3月8日(金)11:00 〜 20:00パブリックビュー

3月9日(土)11:00 〜 20:00パブリックビュー
3月10日(日)11:00 〜 17:00パブリックビュー

※最終入場は各日終了30分前まで。


■Access


東京国際フォーラムホールE & ロビーギャラリー
東京都千代田区丸の内3-5-1


ART FAIR TOKYO 2019
東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリー



***************


私も宮本君も全日会場にておまちしておりますので
ぜひ足をお運びいただきますようお願い申し上げます。


▲TOP
2月予定
先日新年会をやったと思ったら、、、、

早いもので、、、もう2月、、、

さて2月のCOMBINE/BAMI galleryの企画ですが、
かなりの数の外部企画が予定されております。

時系列順にご紹介させていただきます。

まず、2月8日(金)からですが、
あべのハルカス近鉄本店さんで開催される
アートフェスティバルに小橋君岡部君が始めて
参加させていただきます。



・アートフェスティバル

会期/2019年2月8日(金)→11日(月)
午前10時〜午後7時
※最終日は午後6時で閉場いたします
会場/あべのハルカス近鉄本店 ウィング館8階近鉄アート館


小橋君岡部君共に全日会場に居る予定です。


この企画は、丁度同時期にあべのハルカス美術館にて
開催の驚異の

超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
Amazing Craftsmanship! From Meiji Kogei to
Contemporary Art
2019年1月26日(土)~ 4月14日(日)

リレーション企画として紹介いただいております。


又、小橋君、岡部君は、その後

2月27日(水)よりタワー館11階 アートギャラリーにて
個展を引き続き開催していただく予定です。






小橋 順明 陶の造形展
「土からうまれた」

会期/2019年2月27日(水)→3月5日(火)    
午前10時~午後8時
※最終日は午後5時で閉場させていただきます。
会場/あべのハルカス近鉄本店タワー館11階
アートギャラリー
※作家全日来場いたします。






岡部賢亮 桐塑展
「人々」

会期/2019年2月27日(水)→3月5日(火)
午前10時〜午後8時
※最終日は午後5時で閉場させていただきます
会場/あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階
アートギャラリー
※作家は連日在廊いたします



------------

続きまして、前後逆になりますが

2月13日(水)より

公庄直樹の名古屋初個展が開催されます。





-木から生み出す生きものたち-
公庄直樹 木彫展
2019.02.13 (wed) - 2019.02.19 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111

作家は全日在廊予定となっております。


---------------

太田夏紀 

松坂屋名古屋店
ニュースターアートコレクション
に参加いたします。

松坂屋名古屋店・南館1階 オルガン広場
会期:2月13日(水)→18日(月)最終日は16時閉場






さて最後ですが、

同日開催で上記小橋・岡部両名の個展を含め
5企画が開催されます。

小橋・岡部以外の企画は以下です。

2月27日(水)より第4回目となる
釜匠の松坂屋名古屋店での個展開催






釜匠 洋画展 【セイソク】
2019.02.27 (wed) - 2019.03.05 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111

釜匠は全日在廊予定となっております。


又、先月25日発売のアートコレクターズ2月号
にて作品を掲載していただいておりますので
ご紹介いたします。








----------------

そして第二回目となる阪神百貨店での
コンポラサーカスが開催されます。





-----------------

最後ですが、COMBINE/BAMI galleryが高松天満屋を
基幹として活動しいた時期より紹介させていただいている
高松明日香さんの岡山天満屋にての第二回目の個展が
開催されます。

当企画は、本年、2月9日(土)~24日(日)
香川県文化会館で開催されます
香川県文化芸術新人賞 高松明日香 展 
クラウディア Claudia
の連動企画として開催されます。
24日(日)まで香川県文化会館にて展示していた
作品中、高松明日香セレクションにて岡山天満屋
の画廊にて展開いたします。





香川県では、将来の文化芸術の振興に貢献することが期待
される若手芸術家を顕彰するために文化芸術新人賞を授与
しています。平成28年度には香川県出身の画家の高松明日香氏
が選ばれました。

高松明日香氏は、ごく日常的で、当たり前に思える光景を
取材します。そのスナップショット的な風景は、場所が
特定されることなく、しかも連続する映像を見ている
感触があります。切り取られた場面ではなく、場面の前後
を容易に想像させるのも、高松氏独自の絵画観でもあります。

また、その色調は、現実的な空間ではない想像の世界である
ことを示しています。展示もユニークであり、大小さまざま
な複数点数のキャンバスを不規則に並べることで、あたかも
浮遊した自由な空間を構成しています。近年では、「アート
・アニュアル展」(高松市美術館)、「届かない場所」
(三鷹市美術ギャラリー)、「VOCA展 現代美術の展望・
新しい平面の作家たち」に出品するなど、活動がめざましい
注目の新進作家です。本展では、将来の香川県における芸術
活動を支える画家高松明日香氏を紹介します。

会期

平成31年2月9日(土)~2月24日(日)
※会期中無休

開館時間
 
9:00~17:00(入館は16:30まで)

会場

香川県文化会館(香川県漆芸研究所)
(760-0017 高松市番町1丁目10-39  
TEL:087-831-1806)

入場料 無料  
主催等 主催|香川県立ミュージアム

作者による作品解説

日時

会期中の土、日曜日 各13:30~14:30 2月9日、10日、16日、
17日、23日、24日  

場所

香川県文化会館 2・3階 展示室

定員 なし

参加料 無料 予約不要 当日会場にお集まりください。

お問い合わせ 香川県立ミュージアム 学芸課
TEL 087-822-0247


--------------






▲TOP
2019年1月の予定
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、2019年がスタートいたしました。

BAMI galleryは明日1/7(月)よりスタート
いたします。

昨年末から継続の



COMBINE/BAMI gallery設立10周年記念
証展 起展

本年のオープニング企画となります。

2018.12.24 (mon) - 2019.01.20 (sun)
展覧会名   

証展 起展
         
場所 

BAMI gallery 
〒600-8824 京都市下京区二人司町21 
TEL/FAX 075-754-8154 
office@combine-art.com

会期 2018年12月24日(月・祝)~2019年1月20日(日)
※閉廊日 2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)
※開廊時間 12時―18時 最終日は16時閉場
新年会開催 2019年1月12日(土) 午後4時より 参加無料

出品作家 
証展 阿部瑞樹 釜匠 松本央 宮本大地 八木佑介
起展 太田夏紀 岡部賢亮 公庄直樹 小橋順明 佐野曉


1月20日までの開催となっております。

さて、並行して外部企画とコンペティションへの参加作家
等のスケジュールを列記いたします。



コンポラサーカス[若手現代美術作家 展]
2019.01.10 (thu) - 2019.01.16 (wed)
at 京阪百貨店 守口店 6階京阪美術画廊

《出品予定作家》
 松本 央(油彩)・八木 佑介(日本画)・
宮本 大地(アクリル)・阿部 瑞樹(日本画)

開催期間: 1月10日(木)~1月16日(水)
午前10時~午後7時 ※最終日は午後4時まで


これまで開催のコンポラサーカスとは異なり
今回は平面作家4名選抜の展覧会になります。


続きまして





八木佑介が出品たします


Kyoto Art for Tomorrow 2019
―京都府新鋭選抜展―
2019.01.19 (sat) - 2019.02.03 (sun)
at 京都文化博物館 3階展示室
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_
post/kyoto-art-for-tomorrow-2019/

2019年1月19日(土)〜2月3日(日)
*休館日:月曜日
*開室時間10:00~18:00。金曜日は19:30まで。
(入室はそれぞれ30分前まで)


開催趣旨 本展は、京都を中心に活動する新進の若手作家
を紹介し、次世代を担う作家として京都から世界へ発信
していくことを目的として開催します。京都の地を拠点
とする若きアーティストたちとともに、国際的に活躍す
る京都ゆかりの作家・藤浩志氏による現代アートを同時
に公開し、京都の地でモダンとクラシックの間に生まれ
る新しい芸術の創造に取り組む若手作家の活動を奨励し
ます。


続きまして


上記、Kyoto Art for Tomorrow 2019 ―京都府新鋭選抜展―
のサテライト企画としてBAMI galleryにて

八木佑介 Permanent Exhibitionを開催いたします。

2019.01.24 (thu) - 2019.02.05 (tue)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


八木佑介は本年開催の―京都府新鋭選抜展―
Kyoto Art for Tomorrow 2019に出品いたします。
(2019年1月19日(土)〜2月3日(日)
京都文化博物館3階展示室)

そのサテライト企画としてBAMI galleryではこれまでの
秀作を中心に普段なかなか展示できない2015年制作2M60cm角
の大作・午前二時十六分を展示いたします。



午前二時十六分
2015
H259xW259cm
200S
ビニロンキャンバス、岩絵具、顔料、膠、
アクリルエマルジョン

この作品はギャラリー正面の壁と同じ寸法の
大作になりギャラリー移転時に一度だけ
展示いたしましたが、普段はあまりにも
大きすぎてなかなか展示できません。

今回、京都府新鋭選抜展と連動して数年ぶりに
展示いたしますので、新鋭選抜展をご覧頂いた
後、ぜひBAMI galleryにもお立ち寄りください。












以上が1月の予定ですが、以降、本年も各作家の企画
を盛りだくさん準備しておりますので、こうご期待くだ
さい。

最後に改めて

本年もCOMBINE/BAMI galleryと若い芸術家達を
何卒宜しくお願いいたします!


▲TOP