RECENT POSTS
4月の予定
4月に入りました。

3月、COMBINE/BAMI galleryは
アートフェア東京に活動の的を絞りました。

昨年のエントリー以降、釜君、小橋君、宮本君
岡部君達と数回にわたり打ち合わせを行いました。



新しいレギュレーションにて開催されたアートフェア、
なんとか無事開催され、我々も予定通り展示できた事
に感謝しております。

又、沢山の方にご覧頂き、新たなご縁が生まれた
事にも深く感謝しております。

誠にありがとうございました。

我々にとってのフェアは、概ね成功だったのでは
ないかと独自に判断しております。

このアートフェアの模様ですが、我々のブースを含め
アートフェア東京公式ページにおいて、VRにて
現在見ていただく事ができます。



ぜひご覧ください。

↓↓↓

https://my.matterport.com/show/?m=R95ybvPp3Vb&sr=-2.13,-1.54&ss=11


-------------

さて、4月の予定ですが、

3月末よりオンラインショップ連動にて
展開しております、おおたなつき 個展 「こどもの」
を引き続き4月9日(金)まで開催しております。



この展覧会はネットショップと連動しております。
出品作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!

ueyama


-----------------


4月12日(月)からですが、

約1年半ぶりに、八木佑介の個展を開催いたします。

八木は、本年3月開催されたVOCA展2021にも
作品を出品し、その実力にますます磨きをかけております。

今展は、そのVOCA展2021に出品した
312cm×250cmの大作を中心とし新作を加え構成いた
します。



八木佑介 「進路」
2021.04.12 (mon) - 2021.04.25 (sun)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

※この企画は閉廊日がありますのでお気をつけてください。

CLOSE 4月17日(土)4月18日(日)4月24日(土)





【展覧会ステートメント】

地中に隠されていく電線。景観を害するとされているが、
それを我々は何故見たくないのか。


かつて電線は近代化の象徴として多く絵にも描かれていた。
文明とは衣食住が必要な人の生存本能によるものであり、
急速な電力化と通信の普及によって景色の中に電線の密度が
上がり、その姿は毛細血管や絡み合う蔦を連想させる。


今、目の前のスマートフォン等々、様々な文明のもたらして
くれる便利なもの達は、その内面に我々の強烈な生存本能が
あることを覆い隠すように、デザインによってカッコいい
ものだとパッケージされる。


ならば電線というものはデザインが施されず外部に露出した
都市の内部構造であり、その密に絡み合う姿にはそのまま
人の持つ生への欲望が現れている。我々は何故電線を地中に
隠そうとするのか。私達は私達を見たくないのだ。


明らかに科学は進歩し、人工知能による合理的社会へと進む。
だが人は変わらない。迷い、悩み、欲望を押さえきれず過ち
を犯す。そのような人間性が文明からは排されていく。


人は一方では合理性を理想とし、一方では個々に感情や欲望
を持つ。その合理性の外にある、複雑で矛盾を持つ混沌とし
た人間的な思考宇宙から文化は育つ。人が生んだ文明と文化。


文明が巨大な力で世界を変えるならば、対して文化はそこで
何をすべきか。絵描きという社会のはみ出し者ができること
(はみ出し者だからこそ見えるがあるのではないか)について。
それは、人間という不条理で複雑で臆病で欲深い存在を認め、
表すことではないか。


気付けば30才になっていたが、自問自答を続けながら、
このような道に進もうと思う。




「2:22」
S6号 岩絵具、アクリル、綿布




「2:38」
F8号 岩絵具、アクリル、綿布



-------------------

さて、最後ですが、

約1年ぶりに釜匠の個展をBAMI galleryにて開催
いたします。

釜匠の直近の仕事をフューチャーし

釜匠 作品展と言う”タイトルネーミング”にて




先ほどご紹介した、アートフェア東京での展示作品
と直近の新作、及び、現在制作中の”新作版画”による
展覧会を計画しております。

■予定

2021年4月27日(火)~5月3日(月)


ぜひ、ご期待ください。

▲TOP
オンラインショップ連動/ おおたなつき 個展 「こどもの」
オンラインショップページ連動の

おおたなつき 個展 「こどもの」

を開催いたします。






2021.03.30 (tue) - 2021.04.09 (fri)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

■BAMI gallery
access

http://www.combine-art.com/html/gallery/ga_access.php







小さな頃、私たちに語りかけてきた、絵本やテレビの
中のいきもの達は、人間のような個性に、特徴的な容姿
を持たせたものであって,本物の生き物とは違うものに
なっていました。







その本物とは違う彼らは、私達の様々な理想像を重ね
合わせる対象の1つになっていたのではないかと思うのです。







そんな彼らと接する子ども達を いろんな姿で作品にしました。

是非ご覧ください。



*************



この展覧会はネットショップと連動しております。
出品作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!


ueyama

▲TOP
アートフェア東京2021出展と3月の予定



COMBINE/BAMI galleryはアートフェア東京 2021
に出展いたします!

セクション : ギャラリーズ [ブース # : G27]





出品作家:釜匠 小橋順明、宮本大地、岡部賢亮





※Worksページ公開中!順次新作をアップロードいたします!

https://artfairtokyo.com/2021/galleries/607


ueyama


------------------------------------

開催日程:

2021 年 3月 18 日 (木)~ 3 月 21 日 (日) 4 日間
(最終入場は各日終了 30 分前)

プレスビュー 3 月 18 日(木) 13:00-14:00
プライベートビュー 3 月 18 日(木) 14:00-16:00
ベルニサージュ 3 月 18 日(木) 16:00-19:00

■パブリックビュー :

3 月19 日(金) 12:00-19:00
3 月 20 日(土) 12:00-19:00
3 月 21 日(日) 12:00-16:00

※時間は全て予定

会場:東京国際フォーラム・
ホール E(東京都千代田区丸の内 3-5-1)

[JR ・地下鉄 有楽町駅] 徒歩約 1 分/
[JR 東京駅(京葉線)] 徒歩約 5 分


■アートフェア東京 2021

公式ホームページ

https://artfairtokyo.com/



アートフェア東京2021 プレ展示をBAMI galleryにて
開催いたします!!!

2021.03.06 (sat) - 2021.03.14 (sun)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

東京まで来れないお客様のために!
アートフェア東京2021出品予定作品を展示いたします。

ご興味のある方はぜひ足をお運びください!



-------------------


さて3月の予定はアートフェア東京だけではありません


外部企画、松本央の個展が広島にて行われます。




呉造船所
F10 455×530㎜ パネルキャンバスに油彩






「錦帯橋」M10 333×455㎜ パネルキャンバスに油彩



「古から続く小路」F10 455×530㎜パネルキャンバスに油彩




「日招き橋から呉を望む」
F10 455×530㎜ パネルキャンバスに油彩



ベラスケス模写「白いドレスのマルガリータ王女」
F6 410×318 パネルキャンバスに油彩


★松本央は初日より月曜日まで在廊予定です。


------------------------

さて、最後ですが、

太田夏紀の個展をBAMI galleryにて開催いたします。

開催予定:2021年3月30日(火)~4月9日(金)

年始よりスタートさせた、ネットショップ限定
ミニ個展「手の中の獣」おかげさまで好評を得、
完売いたしました。

今回は、その余勢をかって、太田夏紀の新機軸を
ご披露する予定です。

又、今回もオンラインショップ並行開催も企図して
おります。

詳細及び告知材料が揃い次第、改めて当ホームページ
及びブログ、SNS等にてご案内させていただきます。





▲TOP
釜匠 新作版画/㈱手塚プロダクション正式監修



このたび、COMBINE/BAMI galleryでは、釜匠翻案制作よる
「鉄腕アトム」と「ジャングル大帝」の作品を
新作限定Giclee Print として㈱手塚プロダクション正式監修の
もと発売いたします。







作品名: 鉄腕アトムのキャビネット(Giclee Print. Ed30.)
Astro Boy Cabinet(Giclee Print. Ed30.)
作家名: 釜 匠 Takumi Kama
作品サイズ:
画面寸法 617×490(㎜)
額外寸法 781×654(㎜)
Print size 617 x 490 (mm)
Extra frame dimensions 781 x 654 (mm)
素材: Giclee Print. Ed30
制作年: 2021

特記事項:

額装裏面に奥付添付(証明書)
このGiclee Printは㈱手塚プロダクション正式監修を受けた、
釜匠オリジナル版画であることを証明します

COMBINE/BAMI gallery proves that this Giclee Print
is a Takumi KAMA original print that has been
officially supervised by Tezuka Productions.






作品名: ジャングル大帝のキャビネット(Giclee Print. Ed30.)
Jungle Emperor's Cabinet(Giclee Print. Ed30.)
作家名: 釜 匠 Takumi Kama
作品サイズ:
画面寸法 617×490(㎜)
額外寸法 781×654(㎜)
Print size 617 x 490 (mm)
Extra frame dimensions 781 x 654 (mm)
素材: Giclee Print. Ed30
制作年: 2021

特記事項:

額装裏面に奥付添付(証明書)
このGiclee Printは㈱手塚プロダクション正式監修を受けた、
釜匠オリジナル版画であることを証明します。
COMBINE/BAMI gallery proves that this Giclee Print
is a Takumi KAMA original print that has been
officially supervised by Tezuka Productions.



*****************



新作限定Giclee Print
はCOMBINE/BAMI gallery
オンラインショップページよりお求めいただけます。


■オンラインショップページ

https://combine-art.stores.jp/?category_id=5ea94a5351576210fff24f21


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!

ueyama

▲TOP
2月の予定
2月の予定ですが

2月は、BAMI gallery企画が2件
外部企画が1件となります。


時系列でのご紹介いたします。

すでに1月27日(水)よりスタートしておりますが、





阿部瑞樹 ゆがんだセカイ
2021.01.27 (wed) - 2021.02.03 (wed)
CLOSE 1月30日(土)

OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊


自分の目線で見ている世界は、当然ながら他人からは
違って見えている。

インターネットやSNSの普及と共に、人と人との知覚の
差異は可視化されて行き、 その結果、私は物事を正像
のまま捉える事に抵抗を覚えるようになった。

何かに反射、もしくは透過し、歪んで見えてくる鏡像の
世界を描く事でこそ、 現代に生きる自分のリアルな感覚
を表現する事ができると考えている。





「歪んだ世界」
727×606mm(F20)
麻布、アクリル絵具





「朱に交わる」
530×455mm (F10号)
麻布、アクリル絵具


この展覧会は

CLOSE 1月30日(土)
2月3日(水)
最終日は午後4時閉廊となっております。


*************


続いてもBAMI gallery個展企画です。


水の惑星 佐野曉 うるし展

2021.02.06 (sat) - 2021.02.15 (mon)
CLOSE 2月7日(日)2月12日(金)

OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊


宇宙の無重力状態では水は最もエネルギーの安定した
美しい球体となる。月も太陽もさまざまな星もまた球体だ。
私たちの住む水の惑星、地球もまた球体である。
そんな宇宙に浮かぶ水玉の美しさを漆という素材で表して
みたい。






*************


続いては外部企画です。


小橋順明 陶造形展 「火と土から生まれる」
2021.02.17 (wed) - 2021.02.23 (tue)
at あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 ア-トギャラリー
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

〒545-8545
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話(06) 6624-1111(代表)



火と土から生まれる芸術は、今こそ「いのち」を表現する
べきだと思います。 燃え上がる「存在」のエネルギーが、
焼物でできた小さな昆虫の「形象」に重なります。 決して
動く事のない”つくりもの”の昆虫たちの「いのち」の
所在に思いをはせながら。 ぜひご高覧いただきますよう
ご案内申し上げます。





コガネムシ
H2.5×W1.8×D1.1cm(昆虫のサイズ)
H22×W273×D6.1cm(パネル含む)
H22.5×W27.8×D7.2cm(額装サイズ)



スイッチカブトムシ
陶(備前土・ラスター上絵)、スイッチ、パネル
H10×W25×D25cm
H8.8×W7.2×D5.5cm(昆虫のサイズ)



皿にクロアゲハ
陶(磁器土)・白磁皿
H8.1×W8.9×D6.4cm(昆虫のサイズ)
H7×W23×D23cm(皿含む)
H30.6×W30.6×D30.6cm(アクリルケース含む)



皿にカマキリ
陶(備前土)、白磁皿
H8×W8.1×D6.8cm(昆虫サイズ)
H8.8×W23×D23cm(白磁皿含む作品サイズ)
H31×W30×D30cm(アクリルケースサイズ)



セミの羽化
陶(備前土)・流木
H6.7×W3.2×D4.3cm(昆虫部分サイズ)
H30.2×W25×D25cm(流木、台座含む)
H50.6×W25.9×D25.9cm(アクリルケース含む)



枝にアゲハ
陶(磁土、上絵)・枝・パネル
H5.8×W7.5×D5cm(昆虫のサイズ)
H26×W18×D18cm(枝、台座含む)
H40×W19×D19cm(アクリルケース含む)

▲TOP