RECENT POSTS
小橋順明 美術館にて作品発表
4月26日(木)より開催されます


備前市立備前焼ミュージアム企画展にて
小橋順明は作品を発表いたします。


2016年の山ノ内町立志賀高原ロマン美術館夏季企画展
内在する触感 Touch with Skinin 以来2度目のミュー
ジアムでの発表となります。



2015年12月にBAMI galleryにて初レビューをしてから
約2年半・・・・


土 人の手 炎から紡ぎ出す魂の作品。


『わたしたちは土から生まれ土に還る』


この言葉を自らの作品制作の文脈として
コツコツと研鑽を積み前進する芸術家の
”今”をぜひご覧ください。







今回は、


昨年末、BAMI gallery企画

「うまれる いのちつきるように」
小橋順明 ceramic sculpture
2017.12.05 (tue) - 2017.12.17 (sun)


にて発表した”蓮”作品をメインに展示
される予定です。






「土と生きる-岡山ゆかりの現代作家-」
平成30年度備前市立備前焼ミュージアム企画展


2018.04.26 (thu) - 2018.07.01 (sun)

at 備前市立備前焼ミュージアム 1、2階

http://www.city.bizen.okayama.jp/busyo/sityousitu/city/bizennyaki/mujium.html

【休館】毎週月曜日(月曜祝日の場合、その翌日が休館日)

【会場】備前市立備前焼ミュージアム 1、2階

【入館料】個人:大人500円、高校生・大学生300円、
中学生以下無料

【出品】 天羽羽衣、阿波夏紀、市川透、江口葉菜子、
加藤 直樹、金重潤平、小出尚永、小橋順明、三浦義広

【出展作家及び学芸員によるギャラリートーク(予定)】
4月28日(土)、5月5日(土) 13:30~(約30分程度)
参加費:無料(要入館料)、申込み:不要



現代の陶芸において、焼締め陶器・施釉陶器が混在する中で、
自らの表現に絶対的素材として土を選択した「土と生きる」
作家たちの作品をご紹介します。 出品作家は、岡山出身の
作家や岡山県下の研修施設・大学・大学院に在籍し、勉学・
研究に励んでいたことがあり、精力的に活動を続ける9名です。


共通して、素材に土を選択した必然性を有し、土の特質で
ある可塑性と脆弱性に挑み、陶の造形の可能性を追求してい
ます。造形技法ひとつをとってみても多種多様です。


陶芸のトラディショナルな技法である手捻り、轆轤作りの他、
糸・和紙・布、クラフト素材である陶紙の利用や集積させた
泥漿を構築した焼締めなど、9人9様です。これらの技法から
生み出された造形は目指すべきイメージに向かい、作家独自
の美意識と共鳴し、それぞれの作品の中に個性として内包さ
れています。


鑑賞者個人や世代間における美意識の差異、陶芸に対する
観念の隔たりはあるでしょうが、出品作家の土との対向性
や内面から湧き上がる表現の意図はこの想いに素直で、
丁寧です。


そんな姿勢は、芸術が人間にとって生きていく糧であり、
代えがたい行為であることを気付かせてくれることでしょう。


作品と対峙した時の心の動きや多様な価値観を受け止め、
土と向き合う全ての作家のさらなる発展に想いを馳せてく
だされば幸いです。


土に魅了され土に拘り、伝統工芸に挑む作家や、岡山の地
で土という素材に出会った彼らは、まさに「土と生きる」
のです。


本展では、作家9名の気概ある作品約50点を作陶道具などと
共に展示いたします。

▲TOP
3月から4月の予定
先般お伝えしておりました、


アートフェア東京2018、無事終了いたしました。


お越し頂きました皆様
誠にありがとうございました。











さて、アートフェアから戻ると、、、3月も中旬・・・・
気温もあがり春らしさが芽吹いてきています!


今月と来月のCOMBINE/BAMI galleryの予定ですが、
BAMI galleryに於いてはアーティストの個展が2企画
外部企画が4月に3企画予定されております。


時系列順にご紹介いたします。


先ずは、明日よりスタートいたします
BAMI gallery企画


阿部瑞樹 透明観
2018.03.14 (wed) - 2018.03.24 (sat)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊

COMBINE 阿部瑞樹 透明観 プレスリリース by COMBINE on Scribd




約1年ぶりの阿部瑞樹の個展となります。


これまでとはガラリとテーマ・コンセプトを変え
新機軸の新作にて臨みます。

--------------


私の見ている世界は他人には違って見えている。
それは当たり前の事のように思う。
透明なものに囲まれて生活している私達は、ある時は
ガラス越しに物理的に、ある時は自分の主観越しに
精神的に、 無意識のうちに透明なフィルターを通して
物事を見ている。

私は私の透明を不透明な絵具で描き、あなたとの
境い目を観てみたい。


-------------



タイトル :境界
サイズ:455×380mm(F8号)
素材:麻布、ボローニャ石膏、顔料、錫箔、パール、膠、
アクリル




タイトル:雨音
サイズ:652×530mm(F15号)
素材:綿布、顔料、アルミ粉、パール、アクリル、膠



続きまして、外部企画ですが

4月4日(水)より

宮本大地 洋画展 「あふれた世界」
2018.04.04 (wed) - 2018.04.09 (mon)
at 福山天満屋 6階 アートギャラリー
http://www.tenmaya.co.jp/fukuyama/access.html

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)

■最終日は午後5時閉場


今回は福山を取材して臨む個展です。
宮本大地、彼らしい視点での福山の街、その特徴を
作品世界に落とし込んでおります。




「工場岩」F10



「和時計の間」F6





続きまして同じく外部企画で広島です。

URUSHISM 佐野 曉 うるし展
2018.04.12 (thu) - 2018.04.18 (wed)
at 福屋八丁堀本店 7階ギャラリー101
http://www.fukuya-dept.co.jp/honten/access/

〒730-8548 広島市中区胡町6-26
TEL 082-246-6111(代)
■営業時間
平日・日曜日:10:00〜19:30
金・土曜日:10:00〜20:00
レストラン街:11:00〜22:00

佐野暁 広島初個展となります。
現在精力的に取り組んでいる、
『スイゾク』シリーズを中心にて臨みます。




続いて外部企画のグループ展です。

あにまルック 
太田夏紀 公庄直樹 佐野 曉 
いきものオブジェ三人展

2018.04.25 (wed) - 2018.04.30 (mon)
at 福山天満屋 6階 美術画廊
http://www.tenmaya.co.jp/fukuyama/access.html

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)

■最終日は午後5時閉場





------------


最後ですが、現在、調整中でこのお知らせの時系列からは
外れていますが、

4月11日(水)~4月22日(日)の間
BAMI galleryにて第二回目となる公庄直樹の個展を
開催いたします。

現在注目を集めている”一木削り出し”の作品を中心
に企画する予定としております。

こうご期待ください。







▲TOP
ART FAIR TOKYO 2018
COMBINE/BAMI galleryは、



ART FAIR TOKYO 2018に出展いたします。






ART FAIR TOKYO
Projects【P10】 COMBINE/BAMI gallery

COMBINE/BAMI galleryページ

↓↓↓

https://artfairtokyo.com/2018/galleries/607"


■Yusuke YAGI solo exhibition

八木佑介の新作個展を開催いたします。





プライベートビュー
3月8日(木) 14:00~20:00

パブリックビュー
3月9日~11日(日) 11:00~20:00(最終日17:00まで)

東京国際フォーラム ロビーギャラリー
https://artfairtokyo.com/2018


お問い合わせ
http://www.combine-art.com
office@combine-art.com



▲TOP
1月後半と2月の予定
早いもので1月も終盤・・・・


この1月でBAMI galleryは京都・島原に
移転し丸3年を迎えました。


先日の13日、作家・お客様・関係者を交え
新年会と3周年を祝して小宴を催しました。





ほんの一時ですが、羽目を外しての大賑わい
楽しい時間でした。


さて、その後ですが、其々の作家は新たな企画に
邁進しています。


1月後半から2月にかけては、ほぼ外部企画
2月の後半にギャラリー企画を行う予定です。


毎度のことですが、時系列にご紹介いたします。


現在開催中ですが、
昨年来よりご紹介しています、


一Kyoto Art for Toniorrow一
京都府新鋭選抜展2018
2018.01.20 (sat) - 2018.02.04 (sun)
at 京都文化博物館3階展示室





今回の新鋭選抜展に関しては、昨年京都府からギャラリー
からの推薦を依頼され、結果、当方のアーティスト
6名が選抜されました。


釜匠(かま・たくみ)
八木佑介(やぎ・ゆうすけ)
宮本大地(みやもと・だいち)
松本央(まつもと・ひさし)
佐野暁(さの・あきら)
太田夏紀(おおた・なつき)


先日、受賞者の発表があったのですが
上記内3名が受賞いたしました。

**********

最優秀賞
釜匠(かまたくみ)
「スミレコンゴウインコのキャビネット」

朝日新聞社賞
佐野曉(さのあきら)
「スイゾク」

産経新聞社賞
八木佑介(やぎゆうすけ)
「2017/9/19 2:27」

***********

この展覧会は2月4日(日)までです
ぜひお見逃しのないよう!!


2018.01.20 (sat) - 2018.02.04 (sun)
at 京都文化博物館3階展示室


京都文化博物館3階展示室
〒604-81 83 京都市中京区三条高倉
Te- 075-222-088E Fax 076-222-0889
入場料 一般500円、大学生400円、高校生以下無料


------------

続いてですが、
外部企画


宮本大地 洋画展 「隠レ家」
2018.01.31 (wed) - 2018.02.06 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111





宮本大地、名古屋初個展です。

宮本及び私も全日在廊予定としております。


------------

続いて


久方ぶりのユニット企画


Powan Powan 公庄直樹 佐野曉 二人展
2018.02.14 (wed) - 2018.02.19 (mon)
at 岡山天満屋 5階 美術ギャラリー
http://www.tenmaya.co.jp/okayama/art.html

〒700-8625
岡山市北区表町2丁目1番1号
TEL:(086)231-7111(代表)

アクセス http://www.tenmaya.co.jp/okayama/map1.html







何度か企画し好評を博してきた
京都芸大出身の先輩後輩ユニット企画です。
漆の佐野と木彫の公庄!
初期のユニット企画からはかなり変貌を遂げ
現在其々が取り組んでいる新たなテーマ性に
即した構成となっております。

こうご期待ください!!


-----------------


つづいて

百貨店個展のデビュー戦です!!




幸せなら手をたたこう
遠藤良太郎 やきもの展


2018.02.15 (thu) - 2018.02.21 (wed)
at 福屋八丁堀本店 7 階 ギャラリー101
http://www.fukuya-dept.co.jp/honten/access/


〒730-8548 広島市中区胡町6-26
TEL 082-246-6111(代)
■営業時間
平日・日曜日:10:00〜19:30
金・土曜日:10:00〜20:00
レストラン街:11:00〜22:00


幸せと不幸せの境界とはなんだろう。
それは私には分からない。
だけど誰かの幸せを祈ることならできる。
そこには善も悪も無い。
あるのは無垢な想いだけだ。
そんな想いを形にするため、私は皆様の
ご多幸をお祈りして作ります。


祈りのアイコンである縁起物をテーマに制作

COMBINE 遠藤良太郎 やきもの展『幸せなら手をたたこう』福屋八丁堀本店 フライヤー by COMBINE on Scribd




-----------------


最後ですが


BAMI gallery個展企画です。



岡部賢亮 『童子と剣』

2018.02.22 (thu) - 2018.03.04 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊





大人でも子供でもない、そのどちらもが拮抗する時期
は怖いものなど無くて、喜怒哀楽を剥き出しの剣で
振り回す童子のようだ。

剥き出しの剣は子供では重すぎて振ることすらままならず。
大人になるにつれ、刃はこぼれ、錆びて朽ち、見る影も
なくなってしまうだろう。

そうなる前の張りつめた切っ先のような瞬間を彫刻として
切り取りたい







▲TOP
2018年1月予定
遅くなりましたが・・


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、


COMBINE/BAMI galleryは1月5日(金)より
昨年末お伝えいたしておりました、
”BAMI gallery移転 3周年記念企画
B10展 32㎜×45㎜-最小規格サイズの世界”
をスタートさせております。


















この企画は14日(日)までとなっておりますので、
ぜひお見逃しのないよう!!


この企画と平行して
当月は外部企画2つとCOMBINE/BAMI galleryの
アーティスト6名が参加するコンペがありますので、
ご紹介いたします。






併催:佐野 暁[URUSHISMうるし展]
コンポラサーカス[京都若手現代美術作家展] Vol.3

2018.01.11 (thu) - 2018.01.17 (wed)

at 京阪百貨店 守口店 6階京阪美術画廊


●出品作家● 阿部瑞樹、遠藤良太郎、太田夏紀、岡部賢亮、
釜 匠、公庄直樹、小橋順明、佐野 暁、 松本 央、宮本大地、
八木佑介。

■作家在廊表



開催期間:1月11日(木)~17日(水)
午前10時~午後7時 ※最終日は午後4時まで

〒570-8558 大阪府守口市河原町8番3号
TEL:06-6994-1313(代)


京都を活動の拠点とする若手現代美術作家たちが日本画・
洋画・漆芸・木彫・現代陶芸・新素材造形などの
表現手段を駆使し、2018年という『今』を作品に現して
います。

第3回目となる今展では、現代漆芸作家・ 佐野 暁 特集
も併催いたします。斬新で刺激的な作品の数々を、
ぜひご高覧ください!!




ceramic sculpture
小橋順明展「気配」

2018.01.17 (wed) - 2018.01.22 (mon)
at 福山天満屋 6階 アートギャラリー

〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)

■最終日は午後5時閉場
■会期中作家終日来場


僕の作る昆虫は焼物なので生きていません。 では、
死んでいるのでしょうか 生きていたこともないのに?
土の輝きの一つ一つを紡いでいくように 命のフォルム
をなぞるように、作る その気配、いのちの存在 ぜひ、
ご高覧くださいますようご案内申し上げます。



-------------------

以上2つが当月開催の外部企画です。

COMBINE/BAMI galleryのアーティスト6名が参加する
コンペですが、


一Kyoto Art for Toniorrow一
京都府新鋭選抜展2018
2018.01.20 (sat) - 2018.02.04 (sun)
at 京都文化博物館3階展示室





今回の新鋭選抜展に関しては、昨年京都府からギャラリー
からの推薦を依頼され、結果、当方のアーティスト
6名が選抜されました。


釜匠(かま・たくみ)
八木佑介(やぎ・ゆうすけ)
宮本大地(みやもと・だいち)
松本央(まつもと・ひさし)
佐野暁(さの・あきら)
太田夏紀(おおた・なつき)

以上平面4名、立体2名の合計6名です。


当方の企画でしのぎを削り磨きをかけた精鋭達です!
ぜひご期待ください。


詳細は以下です。


一Kyoto Art for Toniorrow一
京都府新鋭選抜展2018
2018.01.20 (sat) - 2018.02.04 (sun)
at 京都文化博物館3階展示室




京都文化博物館3階展示室
〒604-81 83 京都市中京区三条高倉
Te- 075-222-088E Fax 076-222-0889
入場料 一般500円、大学生400円、高校生以下無料(予定)



京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介し、次世代の作家
が創造するみずみずしい作 品を京都から世界へ積極的に発信
していくことを目的として開催します。 オリンピックイヤー
の2020年に向け、京都の地を拠点に活動する若きアーティスト
たち が社会に向けて創造する新たな作品を紹介するとともに、
世界的に活躍する京都ゆかりの ゲスト作家による現代アートを
同時に公開し、京都の地で伝統と現代の間に生み出される
新しい芸術の創造に取り組む若手作家の創作活動を奨励します。


出品作家:
青木聡子、石橋志郎、井手本貴子、乾榮里子、岩井晴香、
太田夏紀、梶浦隼矢、合掌楓、釜匠、岸雪絵、金サジ、
久保木要、黒沢理菜、黒宮菜菜、小杉侑未、榊原太朗、
佐野曉、品川美香、品川亮、杉谷一考、髙崎洋祐、田中克典、
谷内春子、柞磨祥子、中村潤、西久松友花、西久松綾、野上徹、
長谷川由貴、福田未来帆、藤井俊治、藤岡美代、藤部恭代、
松本和子、松本央、三宅佑紀、宮本大地、村上恵、村田彩、
八木佑介、山岡明日香、山西杏奈、山本あずみ、山本雄教、
若林亮





主催:京都府、京都文化博物館


後援:京都新聞、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、
読売新聞京都総局、 産経新聞社京都総局、日本経済新聞社
京都支社、NHK京都放送局、KBS京都、 エフエム京都、
京都商工会議所、京都工芸美術作家協会、
アンスティチュ・フランセ関西、
ゲーテ・インスティトウート・ヴィラ鴨川


協  賛:
ハマナカ株式会社


選考委員:太田垣賞(美術評論家〕
佐藤敬二(京都精塾大学教授〕
高階絵里加(京都大学准教授)
平井章一(京都国立近代美術館主任研究員)
山梨俊夫(国立国際美術館館長)


審査委員:太田垣賓(美術評論家〕
佐藤敬二(京都精華大学教授)
高階絵里加(京都大学准教授)
平井章一(京都国立近代美術館主任研究員)
山梨俊夫(国立国際美術館館長)


関連行事
出品作家によるギャラリートーク

日  時:
1月28日(日)、2月3日(土)両日とも13時~
会  場:
京都文化博物館 3階展示室
※事前申込み不要。ただし、当日の入場者に限ります。

▲TOP