RECENT POSTS
COMBINE/BAMI gallery 設立10周年記念 【 証展起展 】
COMBINE/BAMI galleryは2018年12月8日に10周年を
向えることができました。

これも偏に皆様のご支援の賜物と感謝いたしております。

この節目にCOMBINE/BAMI galleryでは新たなグループ展
を発足いたします。

現在、COMBINE/BAMI galleryには、平面作家5名、
立体作家5名の計10名が所属し活動しております。

新たなグループ展を平面作家による“証展”、
立体作家による“起展”と銘打ちスタートさせます。






本年2018年12月24日より2019年1月20日までの間、
始動として両グループ展を同時開催いたします。

この二つのグループ展には約束事となるテーマが
たった二つあります。



●一点で臨む。 
●その一点は自らの現時点における最高出力であり
最先端である事。



不定期の開催にはなりますが、ただし、その時点での自ら
が前に進んでいるという具体的な変化を問うという事が
最大の主眼となります。平易に言えば個展という数の中
で自らを問うのではなく、たった一点で今の自分の最高傑作
を出すという事を求めます。



展覧会名 

証展 起展
ディレクション COMBINE/BAMI gallery ディレクター上山潤

場所 

BAMI gallery 〒600-8824 京都市下京区二人司町21 
TEL/FAX 075-754-8154 office@combine-art.com

会期 

2018年12月24日(月・祝)~2019年1月20日(日)
※閉廊日 2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)
※開廊時間 12時―18時 最終日は16時閉場

新年会開催 

2019年1月12日(土) 午後4時より 参加無料

出品作家 

証展 

阿部瑞樹 釜匠 松本央 宮本大地 八木佑介
       
起展 

太田夏紀 岡部賢亮 公庄直樹 小橋順明 佐野曉


-------------
























































証展 

音読みとしては“しょうてん”焦点・笑点・衝天、、
等々意味は違えど音が同じから重ねる感覚もあり、
訓読みとしては“あかしてん”=あかしという事になります。

どちらかと言えば、このあかしから来ています。
証明や証拠、症状、などが一般的なイメージの漢字ですが、
仏教においては正法を修得して真理を悟ること。悟りを得
ること。「灯(あかし)」と同語源》であり、ある事柄が確
かであるよりどころを明らかにすることと意味します。

又、キリスト教においては、神様から頂いた恵みを人に
伝えることを「証(あかし)をする」と言い、似た表現に、
「分かち合う」という言葉があります。これは少人数で
深く話し合うような場合に使われ、大勢の人の前で、発表
する場合は「分かち合い」ではなく「証」または立証と
いうのが一般的らしいです。

これらの意味からイメージし、芸術家としてこの時代の
この時期、そしてこの島原で偶然にも出会ったもの同士、
様々な事を考え苦しみ、しかしながら活き活きと生きた
証となす為のネーミングとしてこの“証”という一字を
考えました。

起展 

この字を選んだのは、 “草莽崛起”(そうもうくっき)
から来ています。この言葉は幕末の思想家・吉田松陰から
高杉晋作に引き継がれた革命思想です。志を持った在野の
人々が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようと
することを意味しています。

つまり草むらのような過酷な場所から立ち上がるという意です。
“起”という言葉は、おきる。たつ。立ちあがる。
おこす。はじめる。おこる。おこり。はじまり。
かがんでいる”己“が起き上がる様を現すこの言葉に、
現状からの今後に対しての想いを込めました。



▲TOP
12月の予定
12月に突入いたしました。
本年も残すところ僅かです。


さて、時系列順に企画をご紹介いたします。
一部すでにスタートしている企画もあります。


当月1日よりスタートいたしました、
COMBINE初企画


『若手現代美術作家 干支展 2019 【猪突猛-新-】』 開催! 
2018年12月1日(土)~12月19日(水)
at 紀伊国屋書店梅田本店西側ウィンドウギャラリー

これまで百貨店にて発表してきた
干支企画作品ですが、本年は、紀伊国屋書店さんの
ウィンドウにて展開しております。
















































お気に入っていただいた作品があれば
ウィンドウ裏の”一番レジに”お申し付けください!


さて、続いては久しぶりの
BAMI gallery個展企画になります。

陶の造形とインスタレーション
小橋順明 solo exhibition
「共有地の悲劇 ~昆虫<皿<水<テーブル~」
2018.12.06 (thu) - 2018.12.20 (thu)
OPEN 12:00~18:00
12/15.16.18.19 Close
※最終日午後4時閉廊

第4回目になる小橋順明のBAMI galleryでの個展です。
現在陶による虫作品にて全国の百貨店で個展を開催
させていただいておりますが、当ギャラリーにおいては、
その虫作品のバックボーンとなる小橋順明の思考を
インスタレーションとして表現しています。

------------

【共有地の悲劇】

とは多数者が利用できる共有資源が乱獲
されることによって資源の枯渇を招いてしまうという経済学
における法則のことです。

特に環境問題の中で使われることが多い言葉で、そのことも
大変重要な社会問題でもありますが、このようなことは
人間だけに起きることではなく、動物や植物の食物連鎖など
自然界でも起こります。

「共有地の悲劇」は共有の資源(全体)とその中の
生命(個)がある限り、自然界の中にある全ての生き物が
自ずから持つ悲しい性=自然な出来事なのです。

今年、偶然この言葉と出会い、以来、この言葉をテーマにして、
既製品の皿の上に陶による昆虫の造形作品を配置するという
作品を作って来ました。本展はこれらの作品を発展させて
会場全体を使ったインスタレーションで提示するという
内容です。

------------











-----------------


続いて外部企画になります。





12日(水)から開催される
OSAKA ART FES 2018 @梅田 Hanshin 
12月12日(水)~18日(火)
会場:阪神百貨店アートフェア 8階催事場
八木佑介 松本央 宮本大地 
作品出品いたします。


-----------------

さらに外部企画が続きます

阿部瑞樹 「世界は水滴のように」
2018.12.19 (wed) - 2018.12.25 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階 アンテナプラス・アート
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
電話:052-251-1111


阿部瑞樹、満を持しての新機軸作品にて
登場です!!







作家在廊は、初日19日(水)22日(土)から最終日
まで終日です。


何卒、新生阿部瑞樹の作品をご高覧いただきますよう
お願い申し上げます。

※私も初日在廊予定としております。


------------


最後ですが、先のポストでもご紹介いたしました






この企画のスケジュール及び詳細については
後日ご報告いたします。


現時点では12月24日(月)スタートの予定と
しております。

又、年が変わっての1月12日(土)
新年会を兼ねたパーティーも計画しております。



▲TOP
COMBINE/BAMI gallery 設立10年のご報告 
毎月のように12月の予定を報告するのですが・・・
その内容は別ブログに譲り、
今回のブログは時系列でなく、ご報告から、、いたします

COMBINE/BAMI galleryは当月8日に
設立してから丸10年を迎えたことをご報告いたします。

丁度10年前の12月8日、その当時、私が、勤めていた
会社の事業部として設立し、その4年後の2012年
に私が独立し、この枠組みを個人事業としてスターと
させ現在に至っています。

実はこのブログにては公表はしていませんでしたが、
丸10年を迎える今年6月、このビジネスを個人事業から
法人化いたしました。

正式名称は株式会社COMBINEとして、
COMBINE/BAMI galleryの事業を現在運営しております。

様々なことがありました。また様々な方と出会い、
色々とご助力いただき、何とか10年が経過いたしました。

誠にありがとうございました。

私も作家もまだまだ未熟であり、これからの課題が
山積ですが、焦らず、今、できることに対して精一杯
向き合い、具体的に挑戦し、将来に向けて飛躍したいと
考えています。

皆様方におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻の程、
何卒よろしくお願いいたします。


さて、丸10年を迎え、又島原に移転し5年目の年に
突入する今、7月のブログにて少し計画を表明いたし
ましたが、新たな企画を立ち上げます。




二つのグループ
を構築いたします。


平面作家のグループ“証展”立体作家のグループ“起展”と
区分けし、それぞれ定期的に毎回同一のテーマを基に、
それぞれの可能性を問う発表を主眼といたします。


そのテーマとは、シンプルです!


今時点の最高傑作1点にて展覧に臨むという事です。


そこにはこれまでの自分の作品とは明らかに違うという
事を具体的に明白にするという事が主旨となります。


逆に言えばご覧頂く方からは、このグループ展に出品
するCOMBINE/BAMI galleryのアーティストの作品の
今の最高が見れるという展覧会になります。


個展等、空間を埋める物語的要素、もしくは、
選択の余地を与えるような構成としての制作ではなく、


各作家が、ただ、今、この一点に賭け問う


そういう展覧会になります。



証展は、釜匠、八木佑介、宮本大地、阿部瑞樹、松本央
以上5名で構成されます。

起展は、小橋順明、佐野暁、公庄直樹、太田夏紀、岡部賢亮
以上5名にて構成されます。


この展覧会を当年末から新年にかけての
COMBINE/BAMI galleryの第一弾企画として
証展・起展を同時開催いたします。


展覧会のスケジュール等の詳細は
来週中にホームページのギャラリースケジュール
にアップいたします。


又、1月12日(土)に新年会を兼ねたパーティー
も企画いたしますので、ぜひスケジュールを
お見逃しなく!


最後に

証展・起展の設立趣意を再度記載いたします。




音読みとしては“しょうてん”焦点・笑点・衝天、、等々
意味は違えど音が同じから重ねる感覚もあり、訓読みと
しては“あかしてん”=あかしという事になります。


どちらかと言えば、このあかしから来ています。証明や証拠、
症状、などが一般的なイメージの漢字ですが、仏教において
は正法を修得して真理を悟ること。悟りを得ること。


「灯(あかし)」と同語源》であり、ある事柄が確かである
よりどころを明らかにすることと意味します。又、キリスト教
においては、神様から頂いた恵みを人に伝えることを
「証(あかし)をする」と言い、似た表現に、「分かち合う」
という言葉があります。これは少人数で深く話し合うような
場合に使われ、大勢の人の前で、発表する場合は「分かち合い」
ではなく「証」または立証というのが一般的らしいです。


これらの意味からイメージし、芸術家としてこの時代のこの
時期、そしてこの島原で偶然にも出会ったもの同士、様々な
事を考え苦しみ、しかしながら活き活きと生きた証となす
為のネーミングとしてこの“証”という一字を考えました。




この字を選んだのは、私の好きな言葉“草莽崛起”
(そうもうくっき)から来ています。

この言葉は幕末の思想家・吉田松陰から高杉晋作に
引き継がれた革命思想です。志を持った在野の人々
が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようと
することを意味しています。つまり草むらのような
過酷な場所から立ち上がるという意ですね。

“起”という言葉は、おきる。たつ。立ちあがる。
おこす。はじめる。おこる。おこり。はじまり。

かがんでいる”己“が起き上がる様を現すこの言葉に、
現状からの今後に対しての想いを込めました。



▲TOP
11月の予定
11月がスタートいたしました。

COMBINE/BAMI galleryでは、先のブログにてもご紹介
させて頂いたとおり、先月25日から29日まで
台北で開催された、アート台北2018に昨年同様
参加させていただきました。

さまざまな今後の課題はあるものの、先ずは無事
帰国いたしましたことをご報告いたします。





さて、当月のスケジュールを紹介させていただく前に
先月の25日発売の月刊アートコレクターズ11月号
にて、小橋君、公庄君、岡部君の3名を紹介していた
だいたことを報告いたします。










さて、スケジュールですが、
当月は外部にて3企画あります。


先ずは、

来週14日(水)からスタートする




深夜2時台の光景に変わりはありませんが、
新たなモチーフと画材に挑戦した意欲的
新作の個展です。これまでと少し違う
八木の作品をご期待ください!!



続いては同時開催です。










レンブンラントをテーマに真っ向勝負する
松本央をご期待ください。







これまで様々なモチーフに挑戦してきた佐野ですが、
今展では自らの新機軸となる作品で勝負いたします。

よろしくお願いいたします。


以上が11月の予定となります。

▲TOP
10月の予定
この時期

毎年のことではありますが、台風・・・・

案外この仕事をしていると気象情報は
丹念に見る。

一番厄介なのは、展覧会の会期中に台風
や地震が直撃すること・・・・

又、その会期の前、、特に搬入時の状況等

どんな仕事も同じではありますが、、、

しかし、嫌なものです。。。どうしようもない・・・

さて、自然現象がどうであろうがスケジュールは
進行します。

当月の予定ですが、
BAMI gallery企画は1企画
外部は2企画
海外が1企画となっております。

時系列順に紹介していきますが、その前に

9月25日発売のアートコレクターズ10月号にて
小橋君と八木君を紹介していただいておりますので
ご報告いたします。今回はモノクローム特集という
ことで二人を紹介していただきました。
両名ともこののち個展企画があります。その弾みになれば
と思っております。








先ずは、アートコレクターズ10月号にても紹介していただ
いております小橋君です。


小橋順明 陶造形展 「土から生まれた」
2018.10.03 (wed) - 2018.10.09 (tue)
at 日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/art.html

103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号03-3241-3311





日本橋三越さんでは、7月の八木君の個展に続いて
当方としては二回目の紹介の機会になります。
そして東京では初めての小橋君及び作品の紹介です。

ますます進化させた新作を投入してくれます!



ノコギリクワガタ
2018
陶(備前土、ラスター上絵)
標本箱額装
H9.1✕W5.8✕D3.2cm





蜂と神様
2018
陶(磁器土、ラスター上絵、聖書、薬品瓶)
聖書H12.3×W8.3×D3.0cm
瓶H11.0×W5.4cm





指標
陶(磁器土、ラスター・金彩上絵)、白磁皿
H3.0×W22.0×D22.0cm



籠に蝶
2018
陶(磁器土)、虫かご
H8.3×W13.0×D10.8cm



飛翔するタマムシ
2018
陶(磁器土、備前土、ラスター・金彩上絵)
H5.0×W5.0×D3.3cm


どの作品も、、、、
画像では全く伝わりません・・・

ぜひお立ち寄りいただき現物をご覧ください!

尚、小橋順明は全日在廊予定です。


つづきましては、

BAMI gallery企画です。

佐野暁が勝負をかける新機軸!



佐野曉 つんつる展
2018.10.12 (fri) - 2018.10.21 (sun)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊

「呂色」、古くは蠟色とも書くこの色は日本の伝統色の
ひとつであり、漆塗りの濡れたような深く美しい黒色の
ことを指す。この漆黒の艶めきの中から、ゆらゆらと
蜃気楼のように立ち上がる存在を私は象(かたち)に
表したい。




ゆらゆらと
蜃気楼のように立ち上がる存在を私は象(かたち)に
表したい。


この部分です。


さて、つづきましては
外部企画です。






太田 夏紀 陶展 『あしも との僕』
2018.10.18 (thu) - 2018.10.24 (wed)
at 福屋八丁堀本店 7階ギャラリー101
http://www.fukuya-dept.co.jp/honten/access/

〒730-8548 広島市中区胡町6-26
TEL 082-246-6111(代)
福屋八丁堀本店 7階ギャラリー101(最終日17時閉場)




幼い生き物、丸みを帯びた身体、姿を纏う子ども 彼らに
憧れて、生まれたかたち。 愛らしくも儚いような、
そんな彼らの存在に思いを馳せるように、 私は日々、
作品を作っています。


阪神百貨店、京阪百貨店につづく第3弾の
”あしもとの僕”コンセプトの個展です。






最後ですが、

海外での企画です。

昨年初めて挑戦したアート台北ですが、
本年も参加いたします。

本年は昨年に引き続き釜匠の個展をメインに
新作家紹介として宮本君の作品も一部展示
いたします。








▲TOP