RECENT POSTS
都市に住む人
5月2日(水)より、京都丹波口・BAMI galleryにて開催される「4展」に出品します。第10回目となる今展では、各々が影響を受けた本を一冊ずつ持ち寄り、作品と共に展示します。
以下、展覧会詳細と作品についてのテキストです。


4展 Shiten Round10 『読書感想作品』

2018/05/02 (水)~05/13 (日)
12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊
COMBINE office /BAMI gallery



芸大を目指すことにした私は、授業中、隠れて小説を読んでいた。なんとなく手に取った芥川龍之介、晩年の短編集は私にとって鮮やかだった。今回は「羅生門」を選び、作品と共に展示する。

荒れ果てた京都、羅生門。下人は職を失い、途方にくれながら雨宿りをしていた。「生きるために仕方がない。」という老婆の言葉を聞き、下人は老婆を追い剥ぎし、夜の闇へと走り去る。

深夜、私は風景の取材をしていた。とある橋の下、頭上から降り注ぐ街灯の光を避けるよう、浮浪者が眠っていた。日中、彼の姿はそこには無く、夜遅くになると僅かな日常品を携え、再びこの橋の下へと戻ってくる。私が普段見て見ぬふりをしている彼等も、都市生活者の一人であり、安息の場を見つけ、生きるために眠っている。都市は、住民に何事も無いように整備され、隙間無く明るく照らされることが望まれ、私達はそれを当然の事として享受する。だが、彼等にとっては辺りを囲む街の光も邪魔でしかない。都市文明はあらゆる貧富や善悪を含んでいる。
飢えから逃げるために、私達は都市の下に集まり、分業し、恩恵を受けようとする。「生きるために」。私達の向かう行方は、誰も知らない。




2018/04/04 2:14
2018 40.9×40.9cm(6号) 綿布、岩絵具、顔料


近くではKYOTOGRAPHIE、KG+の写真展も開催中です。
連休中の外出などに、どうぞご高覧ください。


▲TOP