RECENT POSTS
絵巻物


はじめて絵巻物を制作しました。
手元でスクロールしながら鑑賞する絵巻物という絵画形式は、より身近に風景を体感できるように思います。

今回は全面を開いた状態で、来週6月2日(木)より個展「洛西ニュータウン」に展示予定です。



「憶燈舟」 
サイズ281×23.5cm(絵部分229.5×23.5cm)
墨、アルミ泥、岩絵具、顔料

洛西ニュータウンを題材にしたこの絵巻は、伊藤若冲の絵巻「乗興舟」に着想を得て制作しました。「乗興舟」は若冲が淀川の川下りを行った際に見た風景を時系列に沿って描いた絵巻物です。

今回の絵巻では洛西ニュータウンを深夜に散策・取材し、ニュータウン内のいくつかの地区を開発工事完了順に描いています。それまで未開発の山麓地域だった土地に街が誕生し、明かりが燈っていく経過を、現在の風景を用いて、追体験できるよう描きました。

京都市による公的な都市計画として始まった洛西ニュータウンですが、1975年に入居が開始、その30年後には地域の高齢化に伴い、人口減少が始まります。
同じ京都市民にとっても普段、馴染みの少ない洛西ニュータウンが、このまま人々の記憶からも薄れていくのではないか、ということに対してこの街を絵にしたいと思い制作しました。




個展「洛西ニュータウン」
2022/06/02(木)~12(日)
12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

BAMI gallery
京都市下京区二人司町21

どうぞご高覧ください。



▲TOP
洛西ニュータウン
私が初めて洛西ニュータウンに訪れたのは2年前、同じ西京区に引っ越してきた頃だった。この地では古くから筍農家が営われており、自宅から西に向かうと巨大な竹林がある。その竹林の中、延々と坂道を登っていくと、徐々に視界が開け、洛西ニュータウンの高層住宅群が広がる。「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」の現代版ともいった風景の転換に、その時は妙に高揚した。

1975年、洛西ニュータウンの入居が始まった。1950年代後半から京都市内でも人口増や工業化による乱開発が問題となっていた。そこでタケノコの農業地域として未開発のままだった京都市南西部において、民間に先んじて公的なニュータウン計画が行われた。市街地から遠い山沿いに立地した洛西ニュータウンであったが入居開始から5年で全戸数の60%が入居、最盛期には3万5000人だったものの、現在は若年層の流出に伴い22899人に減少する。当初は京都市営地下鉄東西線が延伸される計画であったが、財政難を理由に頓挫しており、1980年にこの地に移設された京都市立芸術大学は京都駅東部、崇仁地区の再開発事業により2023年、移転する。
現在、京都市において洛西ニュータウンが話題として触れられることはかなり少ない。かつての拡大指向からコンパクトシティと言われるよう都市像は転換していく。突如、山麓部の田園地帯に公共事業として誕生したこの街は激動の変遷を持つ。だが街を歩くと、それとは裏腹に、ごくごく一般的で普遍的な暮らしの風景が広がっている。そのようなこの街を私は記憶し、絵にしたい。

6月2日(木)より個展「洛西ニュータウン」を開催致します。ぜひご高覧ください。

個展「洛西ニュータウン」
2022/06/02(木)~12(日)
12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

BAMI gallery

アクセス
http://combine-art.com/html/gallery/ga_access.php




「New Town」
岩絵具、土絵具、アクリル、墨、顔料
131.5×161.7cm 二曲一隻屏風

▲TOP
「進路」
4月12日(月)よりBAMI galleryにて個展を開催いただきます。VOCA展 2021の出品作を中心に新作4点を展示予定です。ぜひ、ご高覧下さい。

30才になっていたので、あらためて存在の行為の理由について展覧会のステイトメントに思ったことを少し書きました。


八木佑介 「進路」

2021/04/12(月)~04/25(日)
休廊日 4月17日(土)、18日(日)、24日(土)

12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

BAMI gallery
京都府京都市下京区二人司町21
http://combine-art.com/html/gallery/ga_access.php

ステイトメント
地中に隠されていく電線。我々は何故電線を見たくないのか。
かつて電線のある風景は近代文明化の象徴であった。文明の根底には人の生存本能がある。衣食住を始めとする生産消費活動はより合理的に更新され続ける。都市に溢れる、文明のもたらしてくれる様々な製品は、その内面に我々の強烈な生存本能があることを覆い隠すように、デザインによってパッケージされる。
電力化と通信の普及によって都市の中では電線の密度が上がり、その姿はまるで毛細血管や絡み合う蔦のような形へと似通っていく。それが人の本来の姿であるかのように自然界の形態へと還っていく。
電線というものはデザインが施されず外部に露出した都市の内部構造であり、その密に絡み合う姿にはそのまま人の持つ生への欲望が現れている。
我々は何故電線を地中に隠そうとするのか。私達は私達を見たくないのだ。

昨日より今日と、明らかに科学は進歩し、より合理的な社会へと作り替わる。だが人は変わらない。情や孝行や恩義を重んじる。迷い、悩み、欲望を押さえきれず過ちを犯す。人間性は文明から排されていく。合理性よりも人は一方では合理性を理想とし、一方では個々に感情や欲望を持つ。そのような合理性の外にある、複雑で混沌とした人間的な思考から文化は育つ。人が生んだ文明と文化。文明が巨大な力で世界を変えるならば、対して文化はそこで何をすべきか。絵描きという社会のはみ出し者ができること(はみ出し者だからこそ見えるものがあるのではないか)について。それは、人間という不条理で複雑で矮小で臆病で欲深い存在を認め寄り添い、表すことではないか。気付けば30才になっていたが、自問自答を続けながら、このような道に進もうと思う。




「共喰い」
2020年制作
アクリル、土絵具、岩絵具、顔料、キャンバス
312.5×250.0(cm)



「2:38」
2021年制作
アクリル、岩絵具、キャンバス
37.8×45.5(cm)


▲TOP
VOCA展 2021
12日(金)より上野の森美術館で開催中の「VOCA展 2021」に作品を1点、出品しております。

VOCA展は今年で28回目の推薦制による40才までの若手平面作家の展覧会で、今回は30名の作品が展示されます。

高松市美術館の学芸員、牧野裕二さんにご推薦をいただき、電線の絵を描きました。
30日(火)までです。
ぜひご高覧下さい。


VOCA展2021 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─

https://www.ueno-mori.org/exhibitions/voca/2021/

上野の森美術館
2021年3月12日(金) 〜 30日(火)
会期中無休
10:00 〜 17:00(最終入場閉館30分前まで)
一般800円/大学生500円/高校生以下無料




▲TOP
わたしたちの久御山町


2019/06/13 2:00
37.9×45.5cm 綿布、岩絵具



京都府南部に位置する人口1万6千人の小さな町、久御山町。社会科の授業で与えられた副読本「わたしたちの久御山町」から小学生であった私達は町を学んだ。
見慣れた光景、変わった光景、あらためて町について調べた中で目に留まるようになった光景。

かつて町北部から中部の一帯には巨椋池という周囲16kmもの巨大な池が広がっていたらしい。多様な水生植物や野鳥が生息し、漁業や蓮の収穫が行われていた。反面、洪水は頻発し、明治期の河川改修で水質が悪化、伝染病が流行ることとなる。1941年、ポンプ機場からの排水によって、食料増産の為に干拓田となり、北西部の東一口地区に住んでいた漁師達には農地が与えられた。
1966年、旧国道1号線のバイパスとして現国道1号線が開通し、周囲は工業地帯として大小多くの企業が誘致される。加え、近郊のベッドタウンとしても住宅地が整備され、町の東部に久御山団地が建設された後、1985年には人口はピークを迎え19136人となる。
1999年、郊外型のイオンモールが開店、2006年には現国道1号線の更なるバイパスとして巨椋池干拓田の中に第二京阪道が開通、久御山ジャンクションが建設され、付近は重要な交通結節点として開発指定区域となり、現在、建設工事が行われている。都市計画により集積された工業地帯、大型商業施設に町外から通勤してくる人の数はほぼ久御山町の人口と同じであり、その比率は全国の市町村で3番目の高さである。




2018/11/30 2:43
130.3×163.0cm キャンバス、岩絵具


他の市町村と同じく人口減少の中にある久御山町を見回す。夜、人工照明による光景から人間の痕跡が浮かび上がる。環境に対してこれ程影響を与える生物は人間だけだ。交通の利便性により住民を増やしたこの町は、近郊の都市から切り離されてしまわないように、新たにとてつもなく巨大で複雑な久御山ジャンクションを建造した。巨大なショッピングモールに立ち並ぶいくつもの店舗達は、より豊かな生活が得られるのだという幻影を、十分に物を持つはずの私達に抱かせる。2000年、水害防止の為に新設された2つ目の巨椋池排水機場の照明は、征服した地に掲げられた旗のように、広大な干拓田の何もない闇に掲げられている。切実に、私達は生きようとしている。命を脅かす自然の力に対しては強固な鉄筋コンクリートを打ち立て、近代以前の風景は不便なものであったとし現代技術で塗り替えることで、相対的な進歩を感じる。都市は私達の不安と弱さを映している。

過度に巨大な都市の儚さ。私達はいつか光り輝く文明の脆さを知り、それは蜃気楼であったかのように消え失せるのだろうか。うねる波に最初に飲み込まれるのは大きな船でなくその周辺の小舟であるように、この小さな町が「わたしたち」の行く先を指し示している。
私の育った新興住宅地も少しずつ老いていく。成長を終えた先進国であるこの国の小さな町で、アスファルトに溜まった日中の熱気も失せた時間、深夜の空気は冷ややかで穏やかに凪ぎ、私は心地良いと感じる。前へ進むため、整理すべき時代についての記録行為、きっとこの展示は記念碑であり墓碑でもある。




2019/06/13 2:17
33.3×24.2cm 綿布、岩絵具


13日(金)からBAMI galleryにて個展を開催致します。
ぜひお越しください。


個展「わたしたちの久御山町」

2019/09/13(金)~09/25(水)
12:00~18:00 (最終日午後4時閉廊)
BAMI gallery
京都市下京区二人司町21

地図:http://www.combine-art.com/html/gallery/ga_access.php



▲TOP