RECENT POSTS
宮本大地 洋画展「隠レ家」
展覧会のお知らせです。


来月の6月15日より大阪の京阪百貨店 守口店さんにて個展を開催させて頂きます。


昨年の9月以来の地元大阪での個展となります!
開催させていただく京阪百貨店 守口店さんは年末に2年連続でグループ展を開かせて頂いた場所であり、その空間で個展をさせて頂く事を大変有難く思います。




今回の個展タイトルは「隠レ家」としています。
これまで多く使ってきたヒミツ基地と近く、自分の制作の根っこにある言葉だと思っています。


日常に見える沢山のモノの中に描きだされる画面の面白さとしての隠レ家的要素に加え、
「隠レ家」という言葉には落ち着ける場所、安らぎの空間といった印象を大きく受けます。


隠れ家カフェや隠れ家居酒屋などが流行る今、
子どもの頃に作ったヒミツ基地や隠レ家は子どもの頃だけのものでなく、どの世代も等しく求めているものの様に感じます。


個展まで残り1ヶ月、理想の隠レ家を京阪百貨店 守口店さんに作れる様に制作に邁進して行きたいと思います!


地元大阪での個展、皆様是非お越しになって下さい!



↓↓以下展覧会詳細---------------------

宮本大地 洋画展「隠レ家」
■6月15日(木)~6月21日(水)
■京阪百貨店 守口店 6階 京阪美術画廊
■10時~19時(最終日は16時閉場)
期間中全日在廊予定







▲TOP
4展始まります!
展示の告知です。

明日より京都のBAMIgalleryにて「4展」が始まります。

BAMIgalleryの2階をアトリエとして使用する4人の作家による展覧会の第7回展です。

今回のテーマは
【2022年と2067年】
現時点から5年後と50年後をテーマに制作した作品を展示しています。








僕はフェンスを取り込む木を舞台に作品を制作しました。


「境界」 F4 アクリル


「隔たり」F4 アクリル



是非起こし下さい!





↓↓展覧会詳細
----------------------------------------

Thema【2022年と2067年】
4展 Shiten Round7 
4月26 (水) ~ 5月5日 (金)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休


第七回目となる今展はそれぞれの“仮説”を元に表現を試します。

2022年は現時点から5年後、2067年は現時点から50年後 となります。

5年後は4展参加作家それぞれが30歳~37歳となります。では 50年後は80歳前後です。

5年先をどう仮説するのか?これはある程度現在の地続きで想像の 範囲かもしれませんが、ただ激変する時代の流れ、自らの変化だけ では作品に投下はできないでしょう。 ましてや50年後となると生きているのか死んでいるのかすら分か りません。

全体を取り巻く状況の仮説から何かを導き出す、それは社会状況と の接合点がなければこの問いは成立しません。つまり各自の世の中 に対しての仮説が必要です。

この仮説というのは実は難しいのです。しかし、コンテンポラリー アート領域では実はかなり重要なファクターでもあります。 過去の文脈からの劇的な変化をイメージしがちですが、実際には 先の要素をどう捉えるのか?それがアーティストの哲学思想として のダイナミズムであると考えます。 つまり、作家それぞれがある種の宗教的先導者もしくは領導者とな るような感覚でもあります。

今回のテーマの仮設をどう構築するか?またどの側面から構築する のか?

今を生きている人が誰も分からない事.

4名の若き作家は2022年と2067年をどう表現をするのか?

■出品作家:釜匠 八木佑介 宮本大地 遠藤良太郎

▲TOP
「小さな大海」終了致しました!
本日の17時をもって福屋八丁堀本店さんでの個展「小さな大海」が無事終了致しました。
お越し下さった皆様誠にありがとうございました!


福屋八丁堀本店さんでは第2回目の個展となりましたが、沢山の方が僕の作品を覚えていて下さり、何度も「ヒミツ基地の人」と有難い呼び方もされました!
今回は個展期間中のほとんどが雨と天候には恵まれませんでしたが、沢山の方にお越し頂き、最終日だけはスカッと晴れ、正に終わり良ければ全て良しの1週間でした!


有難い事に次の展示は間を開けず、
6月中旬に大阪での個展が決まっています。
今回の個展の反省もふまえてまた明日から制作の日々に入りたいと思います!









▲TOP
「小さな大海」始まります。
本日無事搬入が完了しました。
明日より個展「小さな大海」が始まります。
タイトル通り、青を基調とした作品の多い展覧会となりました。












期間中全日在廊しております。
是非お越し下さい!

↓↓↓展覧会詳細

宮本大地個展「小さな大海」

■2017年4月6日(木)~4月12日(水)
■福屋八丁堀本店7階ギャラリー101
■10時~19時半(最終日は5時閉場)

〒730-0021
広島県広島市中区胡町6−26

▲TOP
工場船舶
6日より始まる個展に出品する作品紹介です。



「工場船舶」F50 アクリル

朽ちた船の中に工場を建てました。
個展に出品する中で一番大きなサイズの作品です。


今回の広島の個展に向けての制作のスケジュールを組む時に一番初めに制作しようと思っていたのがこの50号の作品でした。
自分の制作ペースを考えても多くの時間が必要なサイズだと判断していたからです。

ですが、様々な事情が重なり一番最後に制作を始めた作品となりました。


当初想定していた制作時間の半分程の期間で仕上げる事となり、不安を抱えて制作に入りましたが、
限られた時間の中での制作だからこそ出来る表現が多く見つかり、
一番最後の作品ということもあり、残った力を全てぶつける様に制作を行いました。
結果的に、この状況での制作だからこそ仕上げる事の出来た作品となりました。



いよいよ搬入を明日に控え、明後日より個展が始まります。

是非ともお越し下さい!




↓↓↓展覧会詳細

宮本大地個展「小さな大海」

■2017年4月6日(木)~4月12日(水)
■福屋八丁堀本店7階ギャラリー101
■10時~19時半(最終日は5時閉場)

〒730-0021
広島県広島市中区胡町6−26

期間中全日在廊しております。


COMBINE 宮本大地 「小さな大海」@福屋八丁堀本店7階ギャラリー101 プレスリリース by COMBINE on Scribd





▲TOP