RECENT POSTS
広島取材旅行
先日1人で広島まで取材旅行に行きました!

目的地は広島の呉市で、呉市はかつて軍港として栄えた街であり、市内には「海上自衛隊呉基地」や、戦艦大和の歴史が知れる「大和ミュージアム」、そこに隣接されている実際の潜水艦が展示されている「てつのくじら館」があります。

今回はその3ヶ所を目的として行ってきました。


まず行ったのが海上自衛隊の基地で
ここは申請をすれば基地内に停泊している護衛艦を見学することが出来、これを一番の目的に広島まで行きました。



基地内には10隻近くの護衛艦が停泊しており、目に見えるものはすべて撮影可能との事でした!
実際に見る護衛艦は想像以上の迫力があり、どこを見ても男心をくすぐる無骨さ、カッコよさが詰まっていました。今後モチーフとして使いたい部品や機械が山の様にありました。

護衛艦は見るだけじゃなく乗艦する事も出来、さらにその迫力を間近に感じる事が出来ました。








































その後、大和ミュージアムと鉄のくじら館で戦艦や潜水艦の歴史や背景などを、精巧に作られた模型や今は使わなくなった潜水艦の内部を見学する事で知る事が出来ました。


*てつのくじら館前の潜水艦

*戦艦大和1/10模型

*戦艦金剛1/100模型

*戦艦大和スペック

*ゼロ戦プロペラ

*無人ヘリコプター

*潜水艦内部

*潜水艦内部

*潜水艦内部

*潜水艦内部


海上自衛隊の基地内で護衛艦を見学している時、そのカッコよさに写真を撮る手が止まらなくなり、1人で見てるにも関わらず終始心の中では興奮状態で"楽しい"と言う気持ちが大きく占めていました。

同じ時間に被った他の多くの見学者もやはり楽しそうな笑顔の方ばかりの印象を受けました。
人気となったゲームアプリなどの影響もあってか艦隊に抱くイメージも多様なものとなっていて、
僕自身もハッキリと言ってしっかり勉強した上で見学に来たわけではなく、艦隊の写真や映像を見た時に感じるかっこいいという感情に任せてただただそれを間近で見たいがために広島まで来ました。

ですが、今の護衛艦の持ってる意味合いは違っても、元々戦う為に生み出されたものの先に今の形があり、
それを理解しないまま楽しく乗艦して写真を撮っている自分が少し怖く思う部分がありました。

今回、この3ヶ所を周り制作に活かせそうな沢山のモチーフや情報を手に入れる事が出来ましたが、それを形にする時に今回感じた怖さをきちんと理解した上で制作に臨みたいと思います。




もう一度行きたい!
今回訪れた呉を舞台にした映画「この世界の片隅に」も見たいなぁ。

▲TOP
【2017年「干支」酉達の集い】
展示のお知らせです。
先日広島での色紙作品の展示をお知らせしましたが、大阪のあべのハルカスでも色紙作品を展示させて頂きます。









今回はcombine/BAMIgalleryの作家10名での展示となり、作品総数は70点にもなります。
それぞれ来年の干支である酉を普段の作品とは違ったアプローチで制作しています。








僕も広島同様、大阪にちなんだモチーフを使い色紙作品を制作させて頂きました!
平面作家は色紙で、立体作家は立体作品で「酉」を制作していますので是非ともご覧下さい!







↓↓↓以下展覧会詳細
【2017年「干支」酉達の集い】
会期:2016年11月9日(水)~11月22日(火)
場所:あべのハルカス近鉄本店 タワー館 11階 美術工芸品売場 フリースペース
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/
■アクセス
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

▲TOP
干支の色紙
展示のお知らせです。

今月の27日より広島の福屋八丁堀本店さんにて色紙の作品の発表をさせて頂きます。
現在は先行展示として一部作品が既に店頭に出ています。

服屋八丁堀本店さんは今年の5月に初めて百貨店での個展を経験させて貰った思い出深い場所です。
今回はそこからの縁で機会を頂き、来年の干支である酉の色紙を広島にちなんだモチーフと組み合わせて描かせて頂きました。








福屋八丁堀本店さんの建物をはじめとして、宮島や広電、MAZDAの車に戦艦や潜水艦など様々なモノをモデルに自分らしく描かせて頂きました!










普段の制作と違うペンでの仕事は新鮮な気待ちで取り組む事が出来、
ドローイング的要素の多いその仕事の中からはタブローの作品に繋げていけそうなモノも多々あり、収穫の多い制作となりました!












お近くにお寄りの際は是非ご覧ください!

▲TOP
ありがとうございました!




本日の5時をもって無事個展を終了する事が出来ました。

お越し下さった皆様、
応援して下さった皆様、

事前展開からずっと今回の個展のために動いて下さった牧野さんをはじめとする売り場のスタッフの皆様、

そしてこの機会を作って下さったCOMBINE代表の上山さん、
今回の個展に関わって下さった全ての皆様に感謝を申し上げます。

誠にありがとうございました!



地元大阪での個展というこで本当に沢山の方にお越し頂くことが出来ました!
毎日沢山の出会いと再会をさせて頂き、1人同窓会状態でした!

遠くから僕の個展のために駆けつけてくれる方や、
以前から楽しみにしてくれていた方、
期間中何度も足を運んで下さった方、

本当に毎日感謝する事だらけで自分のしている事によって与える影響の大きさを今以上に自覚してさらに上を目指して頑張っていこうと思います。


制作に関しては、
5月に行った広島での個展に向けての制作から今回の個展に向けての制作まで約半年間、制作だけに打ち込んできました。

合わせて30点以上の作品を制作したのですが、その間ほとんど出掛けず、遊ばず
、何も見ず制作だけを行いました。

以前は時間があればあるだけ制作だけに打ち込めばいい作品が作れると思っていたのですが、やはり短期間にそれだけ自分の中から出す作業だけを続けると
自分の中の制作に使うエネルギーが消耗していくのを感じました。

ありがたいことに次の個展の機会も決まっています。
なので明日からはそれに向けて、色んな所に出掛け、色んなものを見て、美味しいものを食べ、自分の中に沢山エネルギーを吸収して作品に昇華していきたいと思います!


最後に...
本当に幸せ1週間でした。
画家として活動させてもらえる幸せに感謝してこれからも邁進して行きたいと思います。ありがとうございました!




▲TOP
城であり大船
本日無事個展の搬入が終わりました。
いよいよ明日から始まります!

今回は個展前に続けてきた新作紹介の最後の更新をしたいと思います。


「BAMIgallery+」F6


紹介する最後の一枚はBAMIgalleryを舞台に制作した作品です。
ギャラリーとしての機能の他に2階スペースは作家のアトリエとして使用し、
僕も毎日通い、朝から晩まで制作を行い、発表し、仕事するこのBAMIgalleryはまさに城であり大海を突き進む船の様な存在です。

個展に向けて浸らすらに制作漬けの毎日を過ごしたギャラリーを描いたこの作品は、終盤の作品の中でも力の篭った一枚となりました。


どんな荒波でもブレずに突き進む、そんなギャラリーの一作家として今回の個展をなんとしても成功させたいと思います!


これまで沢山の新作を紹介してきましたが、今回描いた新作は21点にもなります。
まだネットで紹介出来ていない新作達が沢山ありますので是非会場までお越しになってご覧下さい!
 


宮本大地個展
「ヒミツ基地ナ時間」

2016年9月14日 (水)~9月20日(火)
あべのハルカス近鉄本店11階アートギャラリー
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/access/

午前10時~午後8時 
※最終日は午後5時で閉場させていただきます。
全日在廊予定


▲TOP