RECENT POSTS
ZERO HOUR exhibition
展覧会と作品の告知です。

京都BAMI gallerにて8月6日より展覧会「ZERO HOUR exhibition」が開催されます。

ZERO HOURとは、決定的瞬間を意味する様です。
この展覧会では0号のみの作品で構成された展覧会であり、僕も0号の作品「ゼロポイント」を展示させていただきます。
最小規格である0号の中に小さな世界を描きました。


「ゼロポイント」F0(18×14×1.9㎝)
木製パネルにアクリルガッシュ





◆作品解説
砂時計は過ぎた時間が山となり積み重なる。そしてまたその山を崩しながら時間を進める。
これまで進んできた時間を振り返りながら先に進んでいく様に感じた。
流れ続ける時間の中で常に自分の重要な一枚を制作しようともがく姿を、砂時計を中心に広がる未知の世界として描いた。



そして新たな試みとしてギャラリーのオンラインショップが開設されました!
下記URLにて情報が見れますので是非ご覧下さい!

↓オフィシャルオンラインストア
https://combine-art.stores.jp/items/5f194ee3d7e1d8244217ff60




↓↓展覧会詳細------------------------------------

「ZERO HOUR exhibition」

at BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154
■アクセス
http://combine-art.com/html/gallery/ga_access.php

2020.08.06 (thu) - 2020.08.19 (wed)
OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊

#combine #bamigallery #gallery #contemporaryart #京都
#コンテンポラリーアート
#daichimiyamoto #宮本大地
#zero #zerohour

▲TOP
「中空散歩」始まります。


個展の展示作業が完了しました。
明日より始まります!

全日在廊しておりますので是非お越し下さい!



「中空カメラ」F30 アクリル




以下展覧会詳細↓↓----------------------------


宮本大地 -中空散歩-
2020.06.12 (金) ~ 2020.06.21 (日)

BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154


OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日つ午後4時閉廊


ここは中空の世界。 様々な物が繋がって重なって成り立っている。膨らみ続ける世界をただただ軽やかに散歩していたい。

▲TOP
作品紹介
来週から始まる個展の作品を紹介します。


「アスレチックエンジン」F3 アクリル


「ゲレンデライト」F4 アクリル


たくさんの人を描きました。
まだまだ描きます。


以下展覧会詳細↓↓----------------------------


宮本大地 -中空散歩-
2020.06.12 (金) ~ 2020.06.21 (日)

BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154


OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日つ午後4時閉廊


ここは中空の世界。 様々な物が繋がって重なって成り立っている。膨らみ続ける世界をただただ軽やかに散歩していたい。

▲TOP
メイン作品紹介
来月の6月12日より開催させて頂く個展「中空散歩」のメイン作品が完成しましたので紹介します。


「中空散歩」F50 アクリル

個展タイトルと同名のこの作品。
先日初めて今回の個展を告知した際に載せたステートメントがそのまま作品の説明となっています。


◆ステートメント
ここは中空の世界。 様々な物が繋がって重なって成り立っている。膨らみ続ける世界をただただ軽やかに散歩していたい。

---------------------------------------------------------------

この中空の世界を中心に色々と作品を広げてみようかと思っています。
ちなみに今回タイトルを「空中」ではなく「中空」としています。

大きく言葉の意味は変わらないんですが、「中空」にするだけで少し解釈が広がる様です。
あえてどう広がるか説明はしませんが、今の自分の状況ややりたい事に繋がる様な気がし、こちらを使うことにしました。


あくまで軽やかに描いていきたいです。
一人一人と作品内を散歩(?)させていたら気付けば350人程の大所帯となっていました。密でした。



以下展覧会詳細↓↓----------------------------


宮本大地 -中空散歩-
2020.06.12 (金) ~ 2020.06.21 (日)

BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154


OPEN た12:00~18:00
期間中無休
※最終日つ午後4時閉廊



▲TOP
宮本大地 -中空散歩-


個展の告知です。

来月の6月12日より京都のBAMIgalleryにて個展を開催させていただきます。 



今回の個展の制作に入るに当たって改めて自分の制作について考える時間を作りました。

と、いうのも宮本大地という者がこれまで何を描いてきたのか、これから何が描けるのかということが少し分からなくなっている様に感じたからです。

今の作品の形態を取り組み出したのは今から約5年前です。
BAMIgalleryでの初めての個展「ヒミツ基地ノヒミツ」に向けて、子供の頃の感覚を頼りに身の回りにある物に小さな世界を描き込む作品を描き出しました。

そこから自分の手の動くままに制作を続け5年、車のボンネットを描いた作品やロボットの旅を描いた作品、浮島を描いた作品など、様々な形に派生しながら作品を描いてきました。

沢山の作品を描くにつれて、一体どれが宮本大地の作品たらしめる物なのかと自分の作品に疑問を持ちはじめる様になりました。

自分の描う様々な作品が一堂に並んだ時、手の動くまま、思い付くまま制作を進めた作品達は一人の人間が描いたはずなのにバラバラに見えてしまったのです。



そしてそこで改めて自分の作品が何を元に生まれて、何を描いていきたいのかを考える事にしました。

そうすると、やはりこの作風に取り組みだした最初の子供の頃の感覚が一番大きな要素として自分を制作に動かしていることに改めて気付きました。

ではなぜ子供の頃の感覚が大きな要素としてあるのか、
もう少し自分を探ってみると自身が時代に置いていかれている感覚があり、変化していく事への恐怖を持っている事が分かってきました。
沢山のものが溢れ世界が広がり続ける中で自分の世界だけは小さいままではないか

それゆえに子供の頃の感覚にすがっている様に感じたのです。


それだけではないまだ自分でも分かっていない自分があるとは思いますが、
その自分の今の制作の動力となる部分を改めて感じた今、自分に何が作れるのか、
どういった作品を描いていくのか、に挑戦したのが今回の個展となります。


子供の頃の感覚が大きい要素であろうが、今の自分が過ごしている時間は現在のこの時間でしかなく、その感覚の間に生まれるものを作品として形に出来ればなと思います。


まだ自分でも整理しきれてない部分も多く、長々と訳のわからぬ事を書いてしまいましたが、
なにか新しい作品へのきっかけとなると個展に出来ればと思っています。



まだまだ世の中が慌ただしい時期ですが、是非ともお越しください。



以下展覧会詳細↓↓----------------------------


宮本大地 -中空散歩-
2020.06.12 (金) ~ 2020.06.21 (日)

BAMI gallery
〒600-8824
京都市下京区二人司町21番地
TEL.075-754-8154 FAX.075-754-8154


OPEN 12:00~18:00
期間中無休
※最終日午後4時閉廊


ここは中空の世界。 様々な物が繋がって重なって成り立っている。膨らみ続ける世界をただただ軽やかに散歩していたい。




▲TOP