RECENT POSTS
5月の予定
5月に入りました!

時系列順にCOMBINE/BAMI galleryの予定を
ご紹介させていただきます。

先ずは、現在開催中の




釜匠 作品展
2021.04.07 (wed) - 2021.05.03 (mon)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

釜匠 ”箱舟の湯シリーズ” 「大箱舟の湯」と
「大鯨の湯」新作ジクレー版画をご紹介しております。






*************

この展覧会は5月3日(月)までになっております。
※最終日午後4時閉廊


続きまして


久しぶりの百貨店企画です。




~夢みる彫刻~
公庄直樹 木彫展
2021.05.05 (wed) - 2021.05.11 (tue)
at 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/access.html

松坂屋名古屋店 本館8階
〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号
地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) /
地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分
052-251-1111


安らかな眠りほど心を満たしてくれるものはありません。
それは動物たちにも共通にしているのではないでしょうか。
その眠りの中で動物たちはどんな夢を見ているのだろう。
満月を抱えたウサギが雲のベッドで眠ったり、一匹の羊が
夜空をふわふわと漂う・・・ 彼らの夢の中ではそんな光景
が映し出されているのかもしれません。



タイトル:象の花      
サイズ:25*20*20cm 
マテリアル:ホオ、ヒノキ、トチ、流木、金箔、漆、着彩 

※公庄直樹,全日在廊予定となっております。


続きまして。

BAMI gallery個展企画です。

約1年ぶりの松本央の個展です。
今回は、現在非常に人気のある、レース・モチーフを
中心に展開する予定です。

又、この個展企画は、ネットショップ連動を計画して
おります。

出品作品をネットショップよりお求めいただける
よう準備しております。

ネットショップページ完成時には改めて、このブログ
にてもご紹介させていただきます。



松本央 「綴られる世界」
2021.05.14 (fri) - 2021.05.24 (mon)
at BAMI gallery

OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊


今回は私が最近力を入れているレースをモチーフにした
作品を発表いたします。



私は、はじめレースを自分の絵を構成する要素、モチーフの
一つとしてしか見ていませんでした。

しかし、何作かレースをモチーフにした作品を描いたときに、
なぜこのモチーフに自分は惹かれたのか、その意味を考える
ようになりました。

そして、レースの成り立ちや作り方を調べたり、教えていた
だいたりする中で、私がレースをモチーフに描くべき理由が
見つかったような気がしました。

その理由は大きく2つあります。

1つ目の理由は、レースを油絵で描くことで遠い過去の存在
である昔の画家たちと私が精神的なつながりを持てたように
思えたことです。

レースは私が憧れている17世紀の西洋絵画の中にもよく
登場します。王侯貴族の襟や衣服の装飾としてもよく使われ、
その緻密な模様は絵に華やかな印象を与えています。その反面、
レースは描くのに非常に手間がかかるのだろうなぁと私は描く
ことは敬遠していました。




以前に私の憧れの画家であるレンブラントの肖像画を摸写する
機会がありました。

その肖像画にはしっかりとレースが描かれていましたので
私も描かざるを得ない状況になり、試行錯誤し何とかその
レースの部分を描きあげました。

その時にレンブラントと同じことができたという絵描きとして
の自信と喜び、何とも言えない達成感を得ることができました。

それと同時に、彼らが絵画で綴ってきた世界の一端を受け
取ったようにも感じました。

2つ目の理由は、手編みのレースの制作方法を知った時に
あります。

レース編みは一本の糸で編まれていること、はじめは糸で
小さな輪(円)を作るところから始めるところ、どこまで
も広げていくことが可能なこと、ほどけば元の一本の糸に
戻すことができること、を知りました。




このレース編みの構造や制作過程を知ったとき私はすごく
感動しました。

それはレース編みの構造が、私が日頃から考えていたこと
とよく似ていると思えたからです。

人や物事の出会いやつながりによって私が社会の中で存在
でき、そのつながり(目に見えるものだけでなく見えない
ものも含めた)によって私という人間が形作られている。


始まりは小さなきっかけや出会い(縁)にすぎないかも
しれないがその積み重ねで現在の自分がある。 この考えと
レース編みの構造が結びついたときに、私の中でレースを
モチーフとして選択する意味が大きくなったように思います。





糸によって綴られ、緻密な模様を表現するレースは、その
上に置かれたものや周りを明るく華やかに引き立てるだけ
でなく、ふと眺めたときにその裏側にある構造についても
少し考えさせられる。レースは私にとってそのような
モチーフあり、今回の発表する私の作品が皆様にとっても
そうであれば幸いです。


続きまして、

百貨店の特選企画への参加です。



福屋特選美術展
2021.05.20 (thu) - 2021.06.01 (tue)
at 福屋八丁堀本店 7階催場
https://www.fukuya-dept.co.jp/honten/access/

■小橋順明・宮本大地両名上記企画に参加させていただきます。
両名とも6月7月に各自開催させていただく個展の事前紹介を
特集として紹介していただきます。



※小橋順明 5月20日(木)~23日(日)在廊予定です。





■宮本大地個展 本会期
「drive」
2021年6月10日(木)~16日(水) 八丁堀本店7階 美術画廊

■小橋順明個展 本会期
「火と土から生まれる」
2021年7月8日(木)~14日(水) 八丁堀本店7階 美術画廊


-------------------------------


〒730-8548 広島市中区胡町6-26
TEL 082-246-6367(福屋八丁堀本店 美術画廊直通)


最後ですが、

岡部賢亮が京都大丸で開催される





初開催!大丸京都店が全館でアートする
『ART@DAIMARU』に参加させていただきます。






■参加カテゴリー

次世代アートフェスタ

■5月26日(水)~30日(日) ※最終日は午後5時閉場
■7階催会場

大丸京都店が注目のギャラリー20社を厳選、各社ブース展開
する百貨店が提案する新しいアートフェアです。

各ブースにはギャラリーがお勧めする今注目のアーティストが
勢ぞろいするとともに、カフェを含めた憩いの空間でくつろぎ
ながら、アートに触れ合っていただけます。

※岡部賢亮 全日在廊予定!!

---------------------

『ART@DAIMARU』ステートメント


世界的なコロナ禍にあって、生活必需品ではないけれど、
ARTは人に笑顔や生きるエネルギーを与えてくれると考え
ました。

暮らしに文化や美意識が生き続ける京都から、
私たちはその想いや物語とともにARTをお届けします。
2021年、夏。

大丸京都店は全館でARTを多彩に発信いたします。
観たり、着たり、食べたりを、もっと楽しく新しく。
ARTで世界に、微笑みを。

「Smile & Love」をテーマに、 平和の象徴であり、笑顔や
生きるエネルギーを与えてくれるアートを多彩な内容で
お届けする、百貨店を舞台にした”アートの祭典”です。

参加アーティストのひとりである新木友行さん(ギャラリー
インカーブ|京都所属)を起用したメッセージビジュアルが、
本日より一般公開されました。

また、大丸京都店全館およびWEBサイト等で、アートが
持っている「理屈を超えた力」を生かしたさまざまな体験や
コンテンツをお客様にお届けする予定です。

----------------------


岡部賢亮はアートフェア東京2021にて展示した
大作オブジェを中心に新作にて臨みます








こうご期待ください!!

▲TOP
ミヤモトモータース!オープン!オンラインショップ限定企画
ミヤモトモータース!オープン!

オンラインショップ限定企画




■オンラインショップNewsページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/news/608623c3da019c6543e6d3dd



皆様初めまして代表の宮本大地と申します。
この度カスタムカーショップ「ミヤモトモータース」を開店する
運びとなりました。


技術が進歩し、自動車もガソリン主流の時代から電気、
ハイブリッドと次の時代へと本格的に動き始めています。


当店ではさらに新たな時代へ進むカスタムカーを自らで造り
上げたいと立ち上げたショップとなります。





私、宮本大地は普段は絵画制作を行っております。


様々のモチーフを使い作品を描き続けてきましたが、
振り返ると半数以上の作品が自動車をメインとした作品でした。

■作品紹介ページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/?category_id=607fe6b5df62a95d76c6b0ce







その理由を探ると幼少期にミニカーでよく遊んでいた記憶が
強く思い出されます。男の子の好きな遊びの代表格である
ミニカー遊びを私も漏れなく通ってきました。



自分の小さな手の中だけで創られる世界はどこまでも大きく
見え、その当時の感覚や体験が今の制作の根底にあるのですが、
情報が無限に増え続ける現代に置いてきぼりにされる自分の
理想郷を幼少期の自分の中に、さらには自分が産まれる前の
時代の中に憧れとして見ていたのかもしれません。









自動車という存在はそんな当時の自分と今を繋げる重要な
ものとなっています。


そしてこの度私が代表を務めるミヤモトモータースとして
現在では見かける事のなくなった旧車を中心に、私自身が
メカニックとしてフルカスタムを行い、理想と現実の時代
を跨いで新たに進むカスタムカーを製造販売致します。




■作品紹介ページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/?category_id=607fe6b5df62a95d76c6b0ce





作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!

↓↓↓ クリック!


ueyama

▲TOP
釜匠 ”箱舟の湯”シリーズ 新作版画登場!
釜匠 ”箱舟の湯”シリーズ 新作版画登場!







■オンラインショップNewsページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/news/6077d2e423055751990952e6



私が銭湯というモチーフを初めて描いたのは2017年のアート
台北に出品した「箱舟の湯」という作品からだが、この銭湯
というモチーフを広義にお風呂と捉えるならば実は画家として
初めての個展を開催した2009年に「浴室」という小さな作品を
描いている。お風呂というモチーフを描いた理由としては、
人間の身近な日常生活の中に本来存在しないはずの野生動物を
描き入れる事で人間の営みというものを風刺したいと考えたから
である。


ただ、当時はお風呂以外にもトイレや洗面所、玄関なども描い
ており、お風呂というモチーフはあくまで“身近な生活空間”
の一つとして選択したに過ぎなかった。


それから8年経った2017年。初めての海外での個展を開催する
にあたり、私は自分自身が日本人である事を強く意識するよう
になっていた。それは上っ面だけの所謂クールジャパン的な
ものではなく、日本で生活しているが故に必然的に身に染み
付いている日本の“臭い”のような要素が自分にも何かある
のではないかと模索していたのである。


そんな中、偶然訪れた近所の銭湯で湯船に浸かっている時に
ハッと気が付いた。「この銭湯を描いてみたい」私にとって
身近であるが故に気付けなかった日本の臭いはこれかもしれ
ないとようやく気付く事が出来た瞬間だった。




ただ、漠然と銭湯を描くだけでは作品の内容としては脆弱だと
感じたため、この銭湯というモチーフに聖書のノアの方舟を
要素として加える事にした。


ノアの方舟は私が頻繁に描くテーマで、本来であれば人間を
含めた沢山の動物が一番い(ひとつがい)ずつ乗船し大津波が
洗い流した後の世界で再び繁栄していくお話しなのだが、
私はこの方舟がもし現代に再び現れた場合、乗船する動物達
の中に人類が含まれているのかという問をテーマとして表現
してきた。


この継続してきたノアの方舟というテーマと銭湯を融合する
事で完成したのが、今も続く“箱舟の湯”シリーズの作品群だ。
人間が使用するはずの銭湯を動物達が使用し、そこに本来いる
はずの人間の姿は見当たらない。そうする事で人類の築いた
文明社会を動物達が風刺しているのだ。




■作品紹介ページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/items/6077e0db1e746b0c472b35a9






■作品紹介ページ

↓↓↓ クリック!

https://combine-art.stores.jp/items/6077dcc6a87fc55b6c1abf39



今回ジクレー版画作品として制作された2作品「大箱舟の湯」
と「大鯨の湯」は1年毎に連続して描いたもので、初めに描い
た「大箱舟の湯」はその名の通り箱舟の湯シリーズで初めて
100号サイズの大作に挑戦した作品であり、その大きさを生か
して数多くの動物達が描かれている。ただ、ここに描かれて
いる動物達のほとんどは陸上の生物のみで、それは大洪水を
生き延びるために方舟に乗船した動物達である以上仕方の
ない事である。


しかし、私はこのノアの方舟の際に乗船しなかった海中の
水生動物達が大洪水の最中どのように過ごしていたのだろう
と常々考えていた。そこで、今度は水生動物達を題材として
箱舟の湯シリーズを描きたいと考えて制作したのが「大鯨の湯」
なのだ。銭湯に入らないであろう水生動物達が銭湯を楽しむと
いう内容は私にとってとても面白い題材となった。





このように今回ジクレー版画作品として制作されたこの2作品
はそれぞれが“陸”“海”を表しており、私にとってとても
意味を持つ組み合わせとなったのである。





ゾウやクジラのような巨大な生物からネズミや小魚等の小さな
生物まで沢山の動物が描かれており、見れば見るほど楽しい
発見がある作品となっているので是非手元でじっくりと見て
欲しい。

釜 匠


作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!

↓↓↓ クリック!

ueyama

▲TOP
4月の予定
4月に入りました。

3月、COMBINE/BAMI galleryは
アートフェア東京に活動の的を絞りました。

昨年のエントリー以降、釜君、小橋君、宮本君
岡部君達と数回にわたり打ち合わせを行いました。



新しいレギュレーションにて開催されたアートフェア、
なんとか無事開催され、我々も予定通り展示できた事
に感謝しております。

又、沢山の方にご覧頂き、新たなご縁が生まれた
事にも深く感謝しております。

誠にありがとうございました。

我々にとってのフェアは、概ね成功だったのでは
ないかと独自に判断しております。

このアートフェアの模様ですが、我々のブースを含め
アートフェア東京公式ページにおいて、VRにて
現在見ていただく事ができます。



ぜひご覧ください。

↓↓↓

https://my.matterport.com/show/?m=R95ybvPp3Vb&sr=-2.13,-1.54&ss=11


-------------

さて、4月の予定ですが、

3月末よりオンラインショップ連動にて
展開しております、おおたなつき 個展 「こどもの」
を引き続き4月9日(金)まで開催しております。



この展覧会はネットショップと連動しております。
出品作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!

ueyama


-----------------


4月12日(月)からですが、

約1年半ぶりに、八木佑介の個展を開催いたします。

八木は、本年3月開催されたVOCA展2021にも
作品を出品し、その実力にますます磨きをかけております。

今展は、そのVOCA展2021に出品した
312cm×250cmの大作を中心とし新作を加え構成いた
します。



八木佑介 「進路」
2021.04.12 (mon) - 2021.04.25 (sun)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

※この企画は閉廊日がありますのでお気をつけてください。

CLOSE 4月17日(土)4月18日(日)4月24日(土)





【展覧会ステートメント】

地中に隠されていく電線。景観を害するとされているが、
それを我々は何故見たくないのか。


かつて電線は近代化の象徴として多く絵にも描かれていた。
文明とは衣食住が必要な人の生存本能によるものであり、
急速な電力化と通信の普及によって景色の中に電線の密度が
上がり、その姿は毛細血管や絡み合う蔦を連想させる。


今、目の前のスマートフォン等々、様々な文明のもたらして
くれる便利なもの達は、その内面に我々の強烈な生存本能が
あることを覆い隠すように、デザインによってカッコいい
ものだとパッケージされる。


ならば電線というものはデザインが施されず外部に露出した
都市の内部構造であり、その密に絡み合う姿にはそのまま
人の持つ生への欲望が現れている。我々は何故電線を地中に
隠そうとするのか。私達は私達を見たくないのだ。


明らかに科学は進歩し、人工知能による合理的社会へと進む。
だが人は変わらない。迷い、悩み、欲望を押さえきれず過ち
を犯す。そのような人間性が文明からは排されていく。


人は一方では合理性を理想とし、一方では個々に感情や欲望
を持つ。その合理性の外にある、複雑で矛盾を持つ混沌とし
た人間的な思考宇宙から文化は育つ。人が生んだ文明と文化。


文明が巨大な力で世界を変えるならば、対して文化はそこで
何をすべきか。絵描きという社会のはみ出し者ができること
(はみ出し者だからこそ見えるがあるのではないか)について。
それは、人間という不条理で複雑で臆病で欲深い存在を認め、
表すことではないか。


気付けば30才になっていたが、自問自答を続けながら、
このような道に進もうと思う。




「2:22」
S6号 岩絵具、アクリル、綿布




「2:38」
F8号 岩絵具、アクリル、綿布



-------------------

さて、最後ですが、

約1年ぶりに釜匠の個展をBAMI galleryにて開催
いたします。

釜匠の直近の仕事をフューチャーし

釜匠 作品展と言う”タイトルネーミング”にて




先ほどご紹介した、アートフェア東京での展示作品
と直近の新作、及び、現在制作中の”新作版画”による
展覧会を計画しております。

■予定

2021年4月27日(火)~5月3日(月)


ぜひ、ご期待ください。

▲TOP
オンラインショップ連動/ おおたなつき 個展 「こどもの」
オンラインショップページ連動の

おおたなつき 個展 「こどもの」

を開催いたします。






2021.03.30 (tue) - 2021.04.09 (fri)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊

■BAMI gallery
access

http://www.combine-art.com/html/gallery/ga_access.php







小さな頃、私たちに語りかけてきた、絵本やテレビの
中のいきもの達は、人間のような個性に、特徴的な容姿
を持たせたものであって,本物の生き物とは違うものに
なっていました。







その本物とは違う彼らは、私達の様々な理想像を重ね
合わせる対象の1つになっていたのではないかと思うのです。







そんな彼らと接する子ども達を いろんな姿で作品にしました。

是非ご覧ください。



*************



この展覧会はネットショップと連動しております。
出品作品詳細は、COMBINE/BAMI gallery
オンラインショップにてご覧ください。


■画像をクリックしていただければオンラインショップ
ページに入っていただけます!


ueyama

▲TOP